2020年7月12日 (日)

タペット調整したらメタルの音が聞こえてきた

0712er1

 タイトルのとおりですが(苦笑)、ER34のエンジンタペット調整してカムからの音が消えたお陰で、新たに聞こえてきたメタルの音(汗)

 正確には、聞こえていた音の半分はメタルからの音だったというオチでした。


 はい、エンジンオーバーホール確定です(滝汗)


 タペット調整を行う前に、お店の方からも最悪の場合はオーバーホールまで行く覚悟(つまり、全く作業を始めないか、一番大きな作業までするかの選択))を、と言われていましたが、まさか既にメタルが逝っていたと言うのは一寸ショックでした。

 あと1回サーキット走ってたら本気でヤバかったかもなので、ギリギリ踏みとどまれたのかも知れません。

 エンジン振動については、今回併せてAACバルブユニットも交換しましたが、特に大きな変化は無し。

 振動の症状については、最初に気が付いたのが昨年末の本庄サーキット走行後の最初のコンビニ停車時。
 その後、今年の3月に本庄を走った時は特に大きな変化を感じませんでしたが、タペットらしき音が妙に大きくなってきた気がしてきたのもこの頃。

 今起きている振動の原因がメタルなのかどうかは不明ですが、結果的にエンジン本体が原因の可能性が高くなってきました。

 現在のエンジンは8年半前に交換したリビルトエンジンで、エンジン本体がどの程度リフレッシュされていたのかが解らない個体なので、今回きちんとオーバーホールを行う形をとります。

 ただ、オーバーホール作業は東名パワードに持ち込んで実施するとの事ですが、現在作業が1年弱待ちの状態とのこと。

 ウチの場合、現状すぐにエンジンが壊れそうな状況ではないので、一旦車両を持ち帰りすることとなりました。

 なお、半年後にモータースポーツ室で6ヶ月点検を行い、症状の進行状況把握を実施。(今のところ)来年の5~6月頃にオーバーホール作業に入れるとの事です。

 当然ですが、サーキット走行は厳禁で、遠出も極力避ける必要があります。

0712er2
 車両を自宅持ち帰り後、電装系で何か悪さされてないかの原因を潰すため、念のため4年半使用したバッテリーを新品に交換してみました。
 今まで使用していた旧カオスが60B19Rで、新しい物はカオスライトの46B19R。何となくカオスだとオーバースペックの様な気がしたので、ちょっとランクを落としてみました。

 セキュリティ使用で性能劣化が厳しい様ならば、次回交換時は無印のカオスに戻してみる予定です。

| | コメント (2)

2020年6月21日 (日)

ER34タペット調整で入庫

0621prto

 放っておいても治るモノでもないので、エンジンのヘッドを開ける作業をして貰うために、プリンス東京モータースポーツ室へ先日入庫してきました。

 最悪、E/Gオーバーホールまで逝った場合の予算も一応確保したので(汗)
 ※この辺がエンジン開ける時の怖いところですよね。開けたら(実質)そのまま元には戻せず、行くところまで行くしかないと言う(怖)

 入庫の2日後辺りには、お店のブログに状況が少し載っていました。

 ブログの写真を見た7歳の息子が言った「エンジンってテープで直るの?」と言う感想にホッコリしたり(笑)
 ※ 因みにウチの奥様は息子のおもちゃをセロテープで直します(笑)

 一番恐れている、すでに製廃の純正カムシャフトは大丈夫だった・・・のかな?(ダメだった場合は連絡が来るはずですが、必要部品の納品が今月末になると言う留守電だけだったので、大丈夫であると信じています。)

 AACバルブユニットは在庫あったようなので、併せて交換して貰います。勿論タイミングベルト関係の交換も。

 どうか、振動もタペット音も直りますように(祈)

| | コメント (0)

2020年6月 7日 (日)

ER34エンジン不調の診断と修理(備忘録)

Img_3883
 エンジンの不定期な振動+タペット音の増加が発生中のER34。
 エンジン振動の症状が発生したのが昨年10月の本庄サーキット走行後から(タペット音はそれよりずっと前から)発症したので、プリンス東京のモータースポーツ室で診断を依頼。
【症状】
○ エンジン振動
 ・ 症状に気が付くのはアイドリング時で、エアコンON時に特に大きく発症し、OFFの時は感じない時もある。
 ・ 当初は冷間時にのみ気が付いたが、後に温間時も発症するようになった。
 ・ ただし、発症しない時もあり、走行中は発症しているかどうかは不明。
○ タペット音
 ・ これまでは、冷間時に遠くに聞こえる時があった。⇒シム調整E/Gなので正常
 ・ 1年前程前から、温間時でもアクセルオフ時に「パタパタ」と音が聞こえる様になった。
 ・ 症状的には、エンジンの回転が下がる時に発症している様子。
 ・ ここ半年で、妙に音が大きくなった気がする。
 ・ 今のところ加速時には鳴っていないと思われる。(気が付かない)
○ その他
 ・ ここ1年ほど、妙に燃費が悪い。
 ・ 以前はZⅡ☆を履いても街乗り7㎞/lを下回ることは無かった。
 ・ 現在はZⅢで4.5km/l、アドバンフレバで6.3km/l。いくら何でも悪すぎる。
 ・ なお、ZⅢに変えた時はリッター6㎞台前半であった。(多分それが正常)
【診断結果】
 ・ タペット音は発生している(要調整)
 ・ 点火時期狂いあり(23°⇒15°)
 ・ AACベースアイドル(600rpm)調整
 ・ ニュートラルスイッチ信号NG(要交換)
 点火時期なんて触った記憶がありませんが(と言うか調整場所や方法を知らない)、何故か狂っていたそうです。
 振動は800rpm付近で特にエアコンON時に発症とのこと。OFF時でも微振動発症。
 タペット音が鳴っているので、サーキット走行はしない方が良いとのこと(涙)
 シム調整するならば大体タイミングベルト交換とかも同時期にやったりするので、本来ならばエンジンO/Hが推奨とも言われたが、なんだかんだで200万~300万なので、流石にいきなり無理。
 振動はエンジンコンピュータが常時調整しているので、なんとも判断が難しい。
○ とりあえず、数日街乗りをして気が付いたこと。
 ・ エンジン振動はエンジン回転数の微妙な上昇・下降に合わせて発生しているが、発症条件に一定性が無い。
 ・ エアコンON時に発症している時の振動は大きめ。
 ・ そう言えばギヤをニュートラルに入れた時にエンジン回転数が下がる挙動が出ていない。コレがニュートラルスイッチの故障か?
 ・ エンジン回転の自動調整が悪さしているのであれば、とりあえずニュートラルスイッチ交換で検証してみて良いかも。
Img_3904
 後日、プリンス埼玉に入庫してニュートラルスイッチ交換をお願いしました。
 一泊入庫の作業でしたが、代車はバネットしか無かったそうで(笑)この日は美味しい豆腐を買って帰りましたよ。
 交換費用は、ニュートラルスイッチAssyが1,617円、交換費用が18,447円。ついでにミッションオイルの交換も依頼。(偶然にも先日ミッションだけオイル交換してなかったので)
 結果、エアコンOFF時の振動は解消しました。
 どうやらギヤニュートラル時にエンジンの回転が下がることで、イイ感じに振動が出ないように(コンピュータが)調整してくれていた様子です。
 エアコンON時は特に振動が大きくなるようで、振動がブルブルブルッと出た直後に回転が下がって大人しくなる感じでした。
 エアコンON時の振動自体は、また別の理由があるのかも知れません。そこは半分だけ解消と言う状況です。
 でも、マニュアル車のニュートラルスイッチって、こんな使い方されていたんですねぇ。
 さて、次は何から手を付けましょうか。ある日突然発症したから、点火系?電気系?ホース系?どこから疑う?

| | コメント (0)

2020年5月 5日 (火)

数年ぶりにER34用の街乗り用タイヤ購入

0505adv1

 2017年末からサーキット用タイヤで街乗り用も兼ねたタイヤ運用をしてきましたが、乗り心地悪・燃費悪・騒音悪の三十悪(苦笑)に懲りまして、新型コロナの外出自粛効果もあり、ネットでポチッとしてしまいました(笑)
 今回チョイスしたのは、ヨコハマADVANフレバV701。メーカーの性能比較表を見る限り、Sドライブの後継モデルの様です。

 燃費については、以前の街乗り用タイヤだったヨコハマSドライブが7.7㎞/l程度。サーキット用のディレッツァZⅢが6.2㎞/l程度。
 昔サーキット用に使っていたのディレッツァZⅡ☆スペックが7.1㎞/l程度走ってくれた事を考えると、モデルチェンジで燃費を捨て、グリップに振ったのは容易に想像つきます。

 燃費の数値以上に参ったのは、サーキットで熱が入った後のロードノイズ(騒音)と、元々のサイドゴムの固さによる乗り心地の悪さでした。

0505adv2
 パーツワン越谷店で持ち込み交換をして、久しぶりに前後シルバーのホイールになりました。もうホイールの塗装も傷だらけでボロボロですが、やっぱりこっちの色の方が好きですねぇ。

 ADVANフレバ装着後の感想は、静かで鉄の車輪の様にコロコロと転がる(笑)いやぁ、街乗り用ならば全然こっちのタイヤの方が良いですね。一応スポーティタイヤらしいので、ブルーアースとかだと、ドコまでも転がって行ってしまう感じなんでしょうか(笑)

 新しいタイヤの燃費を測ろうと満タン給油をし、交換前の街乗り燃費を計算してみたところ、最近グングン落ちていた燃費が更に悪化して、なんと4.5㎞/lにっ!(汗)
 流石にこれはいくら何でも悪すぎます。ちょっとエンジン関係を徹底的に調査してもらわないとダメそうです。

| | コメント (0)

2020年4月29日 (水)

全ボディカバー購入とアイドリング不調の始まり?

Cover1_20200429190601
 ER34のヘッドライト保護のために前面部のみのカバーを使っていましたが、ゴムが弱くなって風で外れること多数。
 折角なので全カバーを購入してみました。
 
Cover2_20200429190601
 購入したのはカバーライト社製のもの。5層構造で結構重い(汗)
 オプションのベルト付きだったので、3カ所ベルト止めは重宝しそうです。
 
 
 話は変わって、前々回の本庄サーキット走行後から、アイドリングが若干不安定になった感じが始まりました。
 エンジンが暖まると症状が消えてたのですが、ここ最近は暖気後もちょっと音が「ドドドドド」と微妙な感じが軽く発症しております。
 イグニッションコイル・・・一度交換していますが、ソレが原因だったらヤだなぁ。。。

| | コメント (0)

2020年3月14日 (土)

本庄に向けた車高調整

0314hon1

 2月の末に済ませてましたが、車高を元の高さに戻して(下げて)みました。

 車高を上げると街乗りは良いのですが、コース走行では残念な感じでしたので。

 明日の本庄ライトチャレンジ2020の準備でした。


【備忘録】

0314hon2

 先日デフオイルの交換をした時に、買い置きしてあったモチュールGear Competition 75W140を使ってみましたが、バキバキ凄くてちょっと閉口。

※画像は拾いものです。写真撮り忘れた(汗)

 明日サーキットで熱入れてみて性能の検証しますが、ウチのスカイラインにはクスコかプレミアムジャパンの選択が良さそうです。

| | コメント (0)

2019年11月27日 (水)

パンクしたサーキット用のタイヤ交換

1127tir1

 11月27日(水)は強制有休取得日だったので、先日パンクしたサーキット用タイヤの交換に行ってきました。
 実際にはパンクしたタイヤを交換すると言うより、ブロンズ色のホイールにサーキット用タイヤを組み、シルバーのホイールに後日街乗り用タイヤを組むことにしたので、少々面倒な組み替え作業を行うことにしました。

 前回タイヤを調達したときは、ハイグリップタイヤをフロント2セット用意し、街乗りとサーキットの兼用でやってみましたが、まぁ乗り心地とか減るタイミングとか色々と考慮した結果、兼用はダメだなと言う結論になりました。

 で、今回リヤ側に中古(某オク)で調達したダンロップZ3を履きましたが、組み込むホイールに履いていたタイヤは4年弱放置していたZ2スタースペックでした。

 単純に走るだけならば3部山強残っているコレでも良いかなぁ?とも思いつつ、タイム出ないのは明らかなので、それはそれでストレスがたまりそうなので(笑)

1127tir2
 タイヤ屋さんに行くのにタイヤを4本交換したので、ついでに車高を4ミリ上げ作業も実施。はい、乗り心地優先です。アームがよく動く感じで良好です。

 実は今回組み込んだ中古タイヤの写真を撮るのを忘れていました。
 どうもジムカーナで使っていたらしい、6~7部山の18年度産のダンロップZ3です。

1127tir3
 交換作業はパーツワン越谷店にて朝一番に行いました。
 自宅からは少々遠いので、他の店を近隣で探しましたが、やはり価格的にはココ以上の所が無かったです。

 サーキット使用した中古タイヤのため片減りがありましたので、組み込む際にイン・アウトの指定をお店の方から聞かれた辺り、良心的だと思いましたよ。

 さて、街乗りタイヤはどの銘柄にしようかな・・・。

| | コメント (0)

2019年11月10日 (日)

デフとミッションオイルの銘柄検証(オイル交換)

 先週の3日(日)にディーラーにてスカイラインのオイル交換(E/G,M/T,D/F)をしてきました。

 交換前の本庄サーキット走行後におけるデフとミッションオイルの具合ですが、ミッションオイルに使っていたモチュールGear300nの方はこれまで経験が無い程の使用前後に対する変化を感じませんでした。つまりは耐久性が非常に良さそうで、ある意味スポーツ走行後何回持つかを試してみたくなりました。

 デフオイルはニスモブランドのモチュール(140番)でしたが、スポーツ走行後には盛大に発生していたチャタリングが多少減少。冷間時にソレなりにゴキゴキいう物の、温間時には無音の時"も"ある位。熱が入って粘着が弱まった?
 因みにスポーツ走行中にも結構ゴキンゴキン言うので、ロックが効き過ぎる傾向があるのかな?ウチのデフだと閉口するほどの振動なので、常用したくないオイルでした。
 今はニスモGT・L.S.Dの標準オイルに指定されていますが、現行モデルはカーボンプレート仕様なので、そちらでしたら印象が違うのかも知れませんね。

1103oil
 で、今回交換したのはクスコ製のオイルに統一。ミッションはFFデフ兼用オイルで、デフはリヤ専用140番オイル。

 ミッションはモチュールと比べると滑らかさが少々落ちる感じ。まぁ価格相当ですかね。スポーツ走行後の印象と交換頻度で今後は決める感じでしょうか。

 デフは冷間時はココココココ・・・と言いますが、少し走れば無音になるので街乗りに最適です。
 スポーツ走行後にチャタリングが増えそうな予感(プレミアムジャパンと似た感触)がしますが、価格はモチュールより断然安価なので気軽に交換すれば良いのかな。

 TC1000でスポーツ走行時の印象を試してみたいのですが、今年からファミ走の曜日が変わったんですかね。当初の休める予定と全然合わなくて、走りに行けないです(涙)

| | コメント (0)

2019年10月24日 (木)

リヤタイヤがパンク

 また走行会の直前でスカイラインにトラブル発生(汗)

 先日、家族で外出しようとスカイラインに乗車して出発。
 盛大なゴキゴキチャタリング音の合間に、出発直後から何か変なパタパタ音がすると思ったら・・・。

1023pnk1
 右リヤタイヤがパンクしてました(涙)

 大分使い込んだサーキット用タイヤなので簡易修理もアレだし、大体において今週27日(日)は本庄サーキットの走行会に参加だし。

 急場しのぎで終わりかけの予備235幅のフロント用タイヤをリヤに履きました。
 今週はこいつで走ります~。

 〇当初予定:フロント225or235、リヤ255
 〇決  定:フロント225、リヤ235

1023pnk2
 交換するので外してみたパンクタイヤ。

 溝の凹部へ見事にネジが刺さっていました(汗)

 ある意味イタズラされてパンクとかでは無かったので良かったのも?

 現時点でサーキット用の225幅フロントタイヤだけがバリ山なので、リヤは中古で調達予定。と言うか某オクで落札しました(笑)

 街乗り用のタイヤは別途新品で調達する予定です。

 


 そしてこの日記を書いている本日、私自身が胃腸炎で下痢と嘔吐地獄・・・(涙)

 27日走れるのかっ!?もうやだ・・・。

| | コメント (0)

2019年9月 1日 (日)

ディーラー入庫ついでにデフオイルも交換

0825defol

 すっかり持病みたいになってしまった、スカイラインの左ドア内部のガシャガシャ音。
 今回3回目のウィンドウレギュレータ渦巻きスプリング(?)の外れが原因。取りあえず組み直して装着。
 一度新品に再交換して貰ったのに同じ事が起こるのが謎すぎる。原因が不明なんですよね。


 あと、最近発症し始めた左ガラス上部からの水漏れ。右側はウェザーストリップ類のゴム系パーツは可能な限り全交換していますが、左側はウェザーストリップだけ交換をしていなかったので、ボディ側&ドア側両方のストリップを交換しました。
 どちらか一方のみ交換すると密閉具合がおかしくなるのか、ドアの開閉に難が出るんですよね。
 交換後は密閉感バッチリなので、もう雨漏りは大丈夫でしょう。

 もういい加減ウィンドウレギュレータは今回で直って欲しい所です(涙)


 そして前回プリンス東京モータースポーツ室で交換したデフオイル。
 モチュール(ニスモ)75W-140と迷った挙げ句、価格が僅かに安かったのでニューテックUW76(75W-140)を選んだのですが、交換後はとにかくチャタリングが酷い!

 あぁ、やっぱりモチュールの方が良かったのかな?それとも今までのプレミアムジャパンオイルに戻すか、と思いつつ、先日のクラゴン部屋でデフの効きが強すぎると指摘されたのを思い出し、ちょっと銘柄を変えてみようと考え、先日選択しなかったモチュールオイル(高い)をアンダーレで15%offだったのを購入。

 交換後は冷間時チャタリングが発生するものの、ニューテック程では無い。走行して暖まると殆どチャタリングが発生しない感じ。
 う~ん、チャタリングに関してはもう一度同じ銘柄で全交換してみないと何ともです。交換しても変わらなければ機械式デフのO/Hプレート洗浄?(汗)

 デフの効きの強さについては、自分でもTC2000の1ヘアで時々ゴキゴキ言う時がある位だから気にはなっていたんですよね。イニシャル設定は弱にしているのにも関わらず。
 今回のオイルでも相変わらずなのか、サーキットではどんなモノか試さないと。

 しかしまぁ、どうにもウチの子はニューテックとの相性が悪いですね。(汗)

| | コメント (2)

より以前の記事一覧