2018年6月24日 (日)

いっしょに走ろっ走行会 in TC1000

6221

 6月22日(金)に筑波TC1000で行われたいっしょに走ろっの走行会に、土曜日出勤の振り替え休日を使って参加してきました。

 連日の梅雨空でしたが、当日はピーカンの気温30度の夏日(汗)この時期にドライで走れたので良かったですが、それにしても暑かった。。。

 この日の目的は。

 ①久し振りのTC1000を堪能する(走り方を思い出す、とも言う)
 ②同乗走行もあるので、ディレッツァZⅢで初めてのプロ同乗体感
 ③街乗り用のフロントタイヤでサーキットを走ってみる
 ④初めてのエンドレスCC-Rgの感触チェック

 です。
 上の③ですが、フロントタイヤについては普段サーキット用は235幅の、街乗り用は225幅のディレッツァZⅢで使い分けており、サーキット用タイヤを使い切ったら街乗り用にチェンジして、ロングライフ化(とローコスト化)を目論んでおります。
 しかし、街乗り用もまだ新しいウチに一回くらいはサーキットで使ってみたいと常々思っており、先日のリンクサーキットで試そうとするも遅刻で実現できず。

 今回の走行会は5ヒートあるので、無事実現できました。結果は後述。

 また、上の④ですが、結果的に最高!でした。タッチの変化や制動力、連続周回時のタフさと、どれを取ってもニスモR-Tune以来、過去最高の印象かもです。減ってきた時の状況も継続監視が必要ですが、今後の常用パッドになりそうな予感がします。

 
 

続きを読む "いっしょに走ろっ走行会 in TC1000"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年2月 4日 (日)

TC2000ファミ走でベスト寸止め

0203f1

 先日サーキット向けの新品タイヤを買ったは良いのですが、仕事の関係で平日ファミ走に行けない状況でどうしようか思案していたところ、土日のファミ走に行っても良いと奥様に了承を頂けたので。2月3日(土)のTC2000に走りに行ってきました。

 実はこの日、前々日に降った雪の関係で一旦予約をキャンセルをしており、前日の状況を見ながら、当日ご一緒するよっしーさんと調整して当月予約を実施。午前ラストのY2と午後イチのE3で走行することにしました。

0203f2

 当日到着すると、嬉しいことに路面は完全にドライ。気温は確か7度台で身体にも優しく走行日和の天気。
 今回初めてTC2000のコース計測をお願いしたのですが、最高速とセクター毎の記載があるため、走行(帰宅)後の確認がやりやすくて良いですね。借りる時にちょっと1000円は高いかな?と思いましたが、アタックシーズンならば利用すると便利かもです。
(このポンダーの車体取り付けも久し振りです)

0203f3

 今回ご一緒して頂いたよっしーさんのスイスポ。この日は新品フロントタイヤのシェイクダウンでした。
 同じY2枠で走行しましたので、遭遇時に追っかけ撮影を実施。

【よっしーさん追っかけ】

 この枠での自身の走行ですが、Z3のハイグリップ振りに驚きました。今までZ1☆とZ2☆とディレッツァを使ってきましたが、以前はモデルチェンジ時に大きな性能上昇を感じませんでしたが、Z3は今までに感じたことの無い強烈な横グリップを感じました。ER34のアンダー特性を打ち消すような横グリップは本当に初めてで、正直戸惑いの方が大きかったり。

 加えてブレーキング時の縦グリップも強烈で、ブレーキの性能不足をかなり感じる(もっと制動力があっても良さそう)程でした。

 特に驚いたのが、Y2のコースイン2周目で、他車をパスしながらもその枠ベストの1'07.381がいきなり出たこと。コレまでのベストタイムは2010年12月(RE-11無印&ブーストアップ時代)の1'07"286で、ノーマルブーストでソレに近いタイムが出たことに驚き、ラップショットの表示を一瞬疑ったほど。
(当日チェックした時は7秒347が過去ベストだと思っていましたが、そちらはベスト更新前のタイムでした。)

 タイヤの性能アップって凄い・・・。ついでに新品タイヤって凄い・・・。

0203f4

 フロント235タイヤは一応サーキット用なのでホイールが別です。でも形が一緒で色違いって変(笑)

 昼食後にE3枠を走った時は僅かにY2枠タイム更新して1'07"357がベストとなりました。
 しかし各セクター毎のムラが激しくて、この枠のセクターベストを合わせると、1'07"166でベスト更新タイムになっており、更には1枠目のセクターベストも含めて組み合わせると1'06"937と7秒を切っておりました。

 取りあえず現時点での仕様及びタイヤでの基準タイムが解って、この日は大収穫があったと思います。
 クルマの仕様としても、サスのノーマル戻しや車高調をストリート向けに仕様変更したデチューン状態で7秒切りが狙えるのは、嬉しい誤算と言うか十分過ぎる数値ではないでしょうか。

【本日のベスト】

0203f5

 次回の走行は未定ですが、可能であれば気温が低い時に(タイヤが美味しい時に)もう一回くらい走れれば嬉しいですね。
 今回ご一緒頂きましたよっしーさん、走行枠調整もして頂いて有り難うございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月24日 (金)

筑波TC2000ファミ走(H29.11.15)

111501_2

 予定どおりの休暇が取れたので、久し振りの平日TC2000ファミ走に先日の15日に行ってきました。走行した枠は午前中のE1・E2枠でした。

 本日のお題は「100万かけてデ・チューン(純正戻し)したクルマでサーキットはどうなのか」です(笑)

 そして副題として「綺麗な塗装を絶対に傷つけずに帰る」(本気と書いてマジと読む)。この日同枠で走行する車両は、見渡す限りZチャレンジ車や外車の本気組が多数来ており、Sタイヤや超・ハイグリップタイヤ車であることが容易に想像付きます。と言うことは、それらの後ろを走行することは、飛び石の嵐で塗装的に非常に危険!!

 距離を取って走らねば・・・と思いつつコースインしましたが、車載映像を見ると普段とあまり変わらない、距離など関係無い~!なお猿さんになっておりました。。。(苦笑)

 ここ最近のファミ走ですが、とんと寒いシーズンに走りに来た記憶がありませんでしたが、予想通り結構な混み具合でした。午前のE枠はソコソコでしたが、午後のY枠は全て「△」になっていましたし。

 路面状況は前日の雨の残りがあって、半分ドライ半分ウェットと行った感じです。乾いている様に見えても、少し濡れていると言う感じで。
 この日の装着タイヤは2年7ヶ月物のディレッツァZ2☆で、2~3部山の終了タイヤ。タイムはハナから期待しておりませんが、遅くて周りへの迷惑にならないかが心配(汗)

 最初のE1枠を走行した感触ですが、とにかくヘアピンがド・アンダー(苦笑)立ち上がり時に中々アクセル踏み出せなくて、何もやりようが無い感じでした。

 肝心の純正ブッシュ類の感触ですが、加重がかかる度にグニャリとした感じが発生します。これは想像以上の感触でした。コーナーやヘアピンで最大荷重がかかった時は特に違和感とかグニャリ感は気にならないのですが、加重がかかり始める初動の際に一瞬のタメが発生して、一歩遅れてクルマが動く感じと言いましょうか。
 その動きはさほど気にする程では無かったですが、加重変動が起こった際にニスモブッシュの方が程よくダイレクトなクルマの動きになるので、安定感や操作感として優秀だったんだなぁ、と思った次第です。
 ピロボール仕様は乗ったこと無いので解りませんが、本気でサーキットを攻めるならばフルニスモ仕様は(乗り心地を許容できるならば)十分にお勧めだと思います。

 純正ブッシュ仕様のサーキットでの使いこなしは、クルマの動きに対する細かい操作でのアジャストが+αで必要と言ったところでしょうか。

111502

 この日のE枠は非常に速い車が多く、速度差を含めて走るのが結構しんどかったため、次の走行枠までのインターバル時間中に車高を下げて、僅かでもキャンバー角度を稼ぐことにしました。
 実はサスペンションリフレッシュ作業前は、乗り心地改善のために少しでもアームの動きを良くする目的で車高をかなり高めに設定しておりました。そのため前後キャンバー角度がほぼ垂直状態になっていました。

111503

 車高は前後とも1.4cm下げたてみました(最低地上高10cm確保)。
 作業前後のタイヤ角度の比較写真で、これが作業前のフロントタイヤ。

111504

 こちらが作業後のフロントタイヤ。僅かに傾いたかな?

111505

 こちらは作業前のリヤタイヤ。

111506

 こちらが作業後のリヤタイヤ。良く解らないけど、こちらはフロントよりも角度が付いた様な気がします。

 いざ2枠目を走ってみると、見た目以上に効果があった感じです。ようやく多少のオーバーステアが出る様になってくれました。
 ただし、アタック3周するとタイヤが音を上げる前にブレーキが熱でダメになってくるので、冷却走行を挟みながらの練習走行です。

 停車している同枠の他のクルマを見て思ったのは、フロントのキャンバー角度が皆さん攻めていますね。やはりタイムを求めたら角度3度程度は付けないと厳しいですねぇ。

 それ以前の問題になりますが、私のドライバーとしての腕の劣化も凄かったです。もうブレーキポイントが定まらなくて、結構手前からずるずるとブレーキをしてしまいました。タダでさえ容量が少なくて厳しいブレーキパッドが、早々に効かなくなった原因が正にソレでした。

 一応この日走行した証拠(?)映像を載せておきます。

111507

 走行終了後、丁度お昼時だったので久し振りに筑波の食堂でモツ煮込み定食を食しました。ここのモツ煮は汁が絶品なんですよねぇ。

111508

 昼食後に筑波サーキットを後にしましたが、途中、久し振りに石下団子の「ゆたかや」さんに寄って自宅へのお土産を購入。

 この日は本当に久し振りの筑波2000の走行でしたが、日頃の仕事ストレスを忘れる丁度良いリフレッシュになりました♪

 乗り心地重視ファミリー仕様となった愛車でのサーキット走行でしたが、正直なところ過去のベストタイムを更新できる要素は残念ながら無さそうです。仮に新品タイヤを使った場合、感触的にはTC2000で7秒終盤は狙える位かな?と言う感じでしたので、タイムの数値的には面白くないかも知れません。

 が、普段乗りの快適性と車体への攻撃性を考えたら十分サーキットを楽しめる訳ですし、総合的には問題ないとも思いました。お金があったら、もう一台別にER34のサーキット用の戦闘機を作りたいですけどね(笑)
 ある意味クルマの仕様上の限界タイムを出す技術的なハードルは上がりましたので、今までとは違う攻略のやりがいと楽しみを見つけられたと思います。

 取りあえず今のタイヤは溝も無くなって完全に終わってしまったので、新品を調達することにします(車検も厳しそうですし)。一応今の予定では街乗りタイヤとサーキットタイヤを分けるのはコスト的・寿命的に合わないので、サーキット向けタイヤ1本で乗り潰しする方向で考えています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月20日 (土)

フラッとTC1000ファミ走に行ってきた

1901

 5月19日(金)が休出の振替日となったので、その日の午後にTC1000のファミ走に行ってきました。えぇ、数日前に思い付いてフラッと(笑)

 今年は年度更新のプレゼント割引券を使うことができました(笑)

 午後からの走行と言う事もあり、車載チェックする時間は無いと判断して、今回車載映像は撮らず。

1902

 当日は5月とは思えない好天で、気温は26度~28度。暑さの所為か、ピットやパドックの参加者はまばらでした。

 もう屋根の無い場所でないと、あまりの日差しで準備作業も大変なことに(汗)

 走行枠は午後一番の13時~と14時~の2本。1本目に本日のベストタイム43秒464。暑いしタイヤは3年物のZ2スタースペックだし全然な感じ~、と思っていましたが、計測結果見たらこの走行枠での1番時計だったので、全体的にこんなもんだったのかも。

 タイヤの垂れ以上にブレーキの効きが早々に悪くなり、4~5回アタックと2回クーリングの繰り返しで走行。タイヤの垂れは路面温度の関係か、クーリング後でも殆ど復活しなかったですね。
 ここら変が年数経ったタイヤの限界か。。。

1903

 ブレーキの効きの悪さは、もしかしたら劣化したブレーキフルードの所為かもです。朝は多少黒ずんでいた程度で透明感もあったフルードの色が、一本走ったら写真の様にどす黒い色に(汗)
 リザーバタンクの液であっても、サーキット熱で黒くなるんですかね?

1904

 最近、サーキット走ると横Gでルームミラーが曲がる様に(汗)可動部の増し締めなんて出来ないんでしょうね?
 SUGOとか横Gが激しいコースを走ると、段々ミラーが立ってくるから困るんですよねぇ(苦笑)

1905

 ボロいネタついでに、帰り支度している時にフロアカーペット付けようとしたら、固定用フックが折れていました(汗)
 ディーラーに確認したら在庫あるそうなので、翌週オイル類交換と併せて入庫予定です。

1906

 帰りには道の駅しもつまに初訪問。結構物産が良さそうですよ?ラーメン食べましたが、後で確認した日本そば屋さんの方が美味しそうでした。次回寄ってみましょう。

1907

 下妻市のシモンちゃんはまだ健在の様で安心しました(笑)

 ここの所サーキット走行予定を立てるも、2回連続で子供が熱出して走れずじまいと散々でしたが、今回久し振りに走行できて本当に良かったです。
 いや、このフラッとサーキットに来てサクッと走って、フラッと帰る気軽な感じが良いですねぇ。また休みと走行日が重なったらフラッと来てみようかと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月19日 (日)

エイトリアンカップのスタッフで筑波へ

 前回の日記で国内コンプリートしたポケモン某ですが、翌週にポケモン第2作目の約80種類が追加となって(笑)また楽しみが増えました♪

 追加初日(2月17日)に日比谷公園に行ってみましたが凄い人出で(笑)、イベント的に盛り上がるのは良いことですね。

0128ecp1

 さて、去る1月28日(土)には、エイトリアンカップのスタッフで筑波に行ってきました。到着時も気温は寒かったですが、明け方の寒さはひとしお。でも天候が非常に良くて、走る方には最高のコンディションだったかと思います。

 スタッフカーの駐車場所。現行アテンザと比べるとR34は小さく見えますね。発売当時は大きいクルマと言われましたが、今ではシビックよりも小さいコンパクトカーになりました(笑)

0128ecp2

 通常クラスの皆様。最近はこちらのクラスでも、エラくチューニングが進んできた気がします。

0128ecp3

 エキスパートクラス。アタック用ラジアルタイヤを現地で交換するのが基本という、凄い世界が繰り広げられています。しかもトップ集団はほぼ全員ポテンザRE-05Dと言う凄すぎる世界(汗)

0128ecp4

 今回のペースカーは新型アクセラ?こちらは筑波のスタッフが運転です。(新しいから?)

0128ecp5

 アタック前にタイヤウォーマーで用意した05Dに交換する彗星さんとエイトリアン号。

 当日はレブスピードDVDの取材もあり、大井さんが撮影兼インタビュアーで来ておりました。今月末発売のレブスピ付録DVDに当日の様子が収録されるとの事で、当日の様子全部が収録されるのかな?ちょっと買ってみようかと思います。

 当日はちょっと大きなトラブルがあったりしましたが、コンディションの良さもあって走行結果に満足された方も多かった様です。

 当日参加された皆様お疲れ様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月25日 (日)

エイトリアンカップのスタッフで筑波へ

1223ec01

 なかなか自分で走れない筑波ですが、12月23日(金・祝)にTC2000で行われたエイトリアンカップのスタッフとして行ってきました。

 朝早起きは気持ちが良いので割と好きなのですが、午前2時半起床が若干キツく感じるのは、まだまだ若い証拠だと考える今日この頃(年頃?)です(笑)

 この日は雨上がりの気温高めと言う天候で、冬サーキットのコンディションとしては悪条件。
 写真はプレミアムクラスとお試しクラスのサポート希望者(手前側)の車両達です。

 
 

続きを読む "エイトリアンカップのスタッフで筑波へ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月 6日 (土)

エイト祭(まつり)FINALの前日準備

0806etm1

 8月6日(土)に筑波サーキットTC1000で行われるエイト祭FINALの前日準備に今年も行ってきました・・・と言っても、朝の買い出し、貸出品の運搬及び午前中の積み込みお手伝いのみでしたが。

 本当は1日作業する予定だったのですが、先週息子に夏風邪をうつされて(今年もかよ)未だ熱が全然下がらない状態(ピークは越えていましたが)だっったので、大事を取って早めに帰宅させて貰いました。

 炎天下の作業で大変なのに、皆さん申し訳なかったです(汗)

0806etm2

 折角筑波サーキットまで来たので、移動後のTC1000で一枚パシャリ。真夏の筑波で風邪マスク着用は死ぬほど暑かった(汗)

 naomisanさんやkenさんとは凄いお久し振りでした。お会いできて嬉しかったです。
 しかし夏のTC1000、もう少し日陰とか涼める建物がが欲しくなりますね(汗)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月28日 (木)

クラゴン部屋筑波夏の陣に参加(ジムカーナ場&TC1000)

0705krg1

 以前からジムカーナ場とTC1000をセットにした練習に興味があり、今回やっと休暇取得を合わせることができて、7月5日(火)開催のクラゴン部屋筑波夏の陣に参加してきました。

 時期的に夏のエイト祭に向けてコソ練に来ていた方が1名いたり(笑)

 

 
 

続きを読む "クラゴン部屋筑波夏の陣に参加(ジムカーナ場&TC1000)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年5月27日 (金)

雨のTC2000ファミ走

0527tc2k

 本日は筑波TC2000の平日ファミ走に行ってきました。

 今回はスイスポのよっしーさんをお誘いしての走行だったのですが、鬼の平日指定と言う暴挙にも関わらず(汗)来て頂き有り難うございました。
 しかも天気がここ数日で今日だけ雨だというオチまで(爆)

 走行は早朝のY1とE2を予約。自宅出発時から筑波到着時までは曇り空だったのですが、走行準備開始時から降雨(涙)

 Y1枠は雨の降り始め。コンディション的にベストタイム云々では無いですが、この枠で本日のベスト1'17"55が出ています。タイム的には大体その位の感じですね。

【車載映像】よっしーさん追っかけ(Y1)※ベストラップの映像は探すのが面倒なので無し(笑)

 E2枠では前半だけ雨が弱まりましたが、路面がY1以上に濡れていたのでタイムは落ち込み。でも要所要所で滑りまくるので、走った感は満点でした(笑)

【車載映像】雰囲気だけでも。ベストラップでは無いですよ(笑)

 いやしかし、久しぶりの雨TC2000でしたが、凄い良い練習をした気がしました(笑)
でも折角休暇を取得して走るんだから、できたらドライが嬉しいですね(汗)

 雨の中ご一緒頂きましたよっしーさん、お疲れ様でした。
 因みに自宅に帰宅後に空が晴れてきました。今後は日頃の行いを改めたいと思います(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月 2日 (火)

第40回エイトリアンカップ

0123ec01

 エイトリアンカップ、もう40回目になるとは。
 今は無き福島県SSパークで第1回目を開催したのが少し前の事の様な気がするのは、オッサンになって時間が早く感じられるようになって来たせいでしょうか?(汗)

 1月23日(土)に開催される本走行会にて、私はスタッフをやるので朝2時半に起床して集合時間である4:40に激寒な集合場所(モナーク)に到着。が、誰もいない・・・どうやらスタッフマニュアルに記載の集合時間はミスプリだったらしい(オィ)

 誰も来ないので暫く待ってから5時頃に筑波のゲートに向かうと、いつもファミ走の時に見る守衛さんが既に1台赤いのが来ているのでどうぞ、とのこと。
 守衛のおじさん、朝何時から働いているんですか(汗)・・・いつもお勤めお疲れ様です。

 Aパドックに向かうと、1番ピットにれじサンが暗闇の中荷物を下ろして準備を開始していました。
 寒空の中で男二人談笑していると、スタッフが少しづつ集まり始めていました。

 頃合いを見計らってモナークに向かうと彗星さんやさわじぃさんが既に荷物運び出しの準備を開始していたので(汗)、そのままサーキットまで運搬開始。

0123ec02

 受付開始後には最近恒例らしいラジオ体操が始まりました。
 身体の緊張をほぐすには良さそうですね。

0123ec03

 ピット側には第1グループが駐車。手前側にノートニスモが停まっていますが、こちらは後述の車種不問お試しクラスの参加者で、かつサーキット初心者の方のクルマ。
 本走行会には初心者の中でも希望者に対するチューター制度があるので、利用者は受付の近くに停めて貰う運用となっています。

 このノートニスモは1.2L(エコスーチャ)のCVTモデルですが、最近のCVT車はサーキット走行できるんですね(デミオとかでも走っている人がいるらしい)。
 昔のCVTは連続全開走行するとベルトが滑って壊れるといった話を聞いていたので、技術の向上にはビックリです。

0123ec04

 1ヘア側には第2グループが駐車。
 中部地方のナンバーが並んでいて、どうも岡山国際での開催繋がりで遠征してきたとのこと。
 気合いがあれば距離は関係ないってヤツですね。スゲェ。

0123ec05

 貯水池付近には車種不問お試しクラスが駐車。R35GT-RからK12マーチまで混走ですが、台数が少ないので特に問題は無かった様です。

0123ec06

 一応スタッフのクルマも(笑)

0123ec07

 VIPルームでドラミを実施です。これは車検結果を報告しに行った時の模様。

0123ec08

 受付横にはプレミアムジャパンとニューテックがブースを出していました。普段プレミアムジャパンのデフオイルを使用しているのですが、前日のファミ走でシフトアップ時に「ガリッ」と音鳴りがすることから、ミッションオイルを純正からプレミアムジャパン製に変更してみる事にしました。

 で、当日は割引価格になっていたのでオイルの箱買い(笑)
 ※1箱まるごと買ったワケでは無い。

0123ec09

 エイトリアンカップが終了後は、コントロールタワー反対側のパドックを使用していた走行会「いっしょに走ろっ」の参加者が走行開始。

 常連さんの青いER34がSタイヤ履いて走っている・・・しかも聞いたらTC2000のラジアルベストタイムが抜かされていた事が判明。

 くそぅ、もう勝てる気がしませんぜ(涙)あ、先にRE-71Rを履けば瞬間的に抜かすことは可能か?(無駄あがき)

0123ec10

 表彰式終了後、雪予報もあったので早々に解散となりました。
 筑波サーキット出発後、常総市にある一言主神社にお参りした後、事前に予約していたコムドライブへ作業入庫に行きました。

 作業内容は後日書きますが、当初断っていた代車が空いていたとの事で、有り難く借りて帰宅することができました。
(車種はステップワゴン。ナンバーは「1111」では無かった(笑))

 なにしろ帰宅時点で外の天気は心が折れそうな程寒い雨模様で、正直予定していた電車帰宅なんかしていたら酷い目に遭っていたので本当に助かりました。暖房の効く車内は本当に快適だった。。。

 今回のエイトリアンカップ、上位はRE-71R使用者ばかりで本当に恐ろしいタイヤみたいですね。皆さんベスト更新の嵐だったようで何よりでした。

 当日参加した皆様、お疲れ様でした!

続きを読む "第40回エイトリアンカップ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧