2018年1月21日 (日)

那須アウトレット前になかがわ水遊園

0107ns01

 今回も話は遡りまして、1月7日(日)に那須アウトレットに行く道中に、栃木県なかがわ水遊園に立ち寄ってみました。

 この栃木県なかがわ水遊園ですが、ネット検索で偶然発見するまで存在を全く知りませんでした。が、現地は想像以上に気合いの入った施設でビックリ。
 立地的には同じ淡水魚の水族館である埼玉水族館に似た感じで、東北自動車道のインターからそれなりに離れており、正直便利な場所とは言い難いです。
 公共交通機関もバスが走っていましたが、本数がどの程度あるのかは不明です。

0107ns02_2

 水遊園は広大な公園の中にありますが、その隣には地元農産物等のお土産処と食事処があります。
 キャパはさほど大きくないので、食事をされる場合は時間に余裕をもって立ち寄ることをお勧めします。

0107ns04

 建物の入り口を入ると、右側が水族館。左側と奥側がイベントスペースで、普段からイベントスペースでは様々な催し物が行われているようです(結構スペースが広い)

0107ns05

 受け付けを入ると珊瑚礁の水槽が。実は裏側からも見えるように工夫されています。

0107ns06

 立地の関係で、展示はエントランスから1フロア下がった場所にあります。
 渓流系の展示から始まりますが、展示内容のメインは那珂川水系の生物です。

0107ns07

 ここの展示は水槽が綺麗なのが印象的でした。水槽の奥行きはそれなりにあるのですが、水が非常にクリアに見えました。
 あとは魚の個体数が割といるのに、混んでいる雰囲気が無かった事でしょうか。

0107ns08

 子供から大人まで人気だったのが触れあい水槽。
 海水から淡水まで生態・種類別に生物に触ることが出来ます(職員の常駐あり)。

 ドクターフィッシュもいたのですが、相当手の皮を食われました(笑)

0107ns09

 個人的な特筆事項は、ナマズが豊富だったこと(笑)しかもコイ科の他の種類の魚との混泳でビックリ。食われないのかな・・・。
 事前情報では貴重な金色のナマズが1匹飼育されているとあったのですが、見ることは出来ませんでした。今はもう居ないのかな?

0107ns10

 一匹だけ泳いでいたマダラ模様のナマズ。昔こういうの川で釣っていた人がいましたが、普通のマナマズなんでしょうか?

0107ns11

 イベントスペースではジュエリーな魚たちの展示が。

0107ns12

 ここは那珂川繋がりで茨城県のアクアワールド大洗との交換展示とかも行っているそうです。
 なので、海水魚の展示も結構充実しています。

 そう言えばアクアワールド大洗でも淡水魚の展示に気合いが入っていたような記憶がありましたが、こちらの展示内容を見て納得しました。

0107ns13

 幻の魚、アカメ。他の幻系ではイトウがいたりと、結構なレアものの展示があったり。

0107ns14

 熱帯の展示場所では温室に熱帯植物まで育てられた環境になっており、ここでも展示の気合いが感じられました。
 今回はあまりにも時間が無い状況で来てしまったので大後悔。今度じっくりとイベントスペース訪問も視野に入れて、また来たいと思います。
 あと、ちゃんと接写が出来るレンズが欲しい・・・。でもタイヤ買っちゃったから購入は厳しいですなぁ(涙)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月20日 (土)

帰省帰りに新江ノ島水族館

0103es01

 話は少し遡りまして、正月の1月3日(水)に奥様の実家へ帰省した際、実家からさほど遠くないと言うことで、藤沢市の新江ノ島水族館に行ってきました。
 ところで江ノ島の住所って藤沢市だったんですね。江ノ島町とかなのかと思っていました(汗)。

 現地にはスムーズに到着したのですが、水族館近くの駐車場を探すも空きが無く、少し離れた駐車場に逆戻りする際に、路上で江ノ電と遭遇しました。

0103es02

 路面区間があることは知っていたのですが、まさかこんな狭いところを走っているとは!
 最初、道路に警報器があるから踏切なのかと思ったら遮断機が無く、列車と道路が同居する光景に遭遇して感動♪クルマと擦るんじゃ無いかと思える距離感!(電車の運転手さんは大変そうですが)

0103es03

 住宅と隣接する駅にも感激。江ノ電は一度全線乗ってみないとですね。

0103es04

 そんな訳で、ようやくたどり着いた新江ノ島水族館。思いのほか到着が遅くなってしまったので、駆け足で見て回ります。

0103es05

 写真は色々と撮ってみたのですが、満足のいく写真は数少なく。取りあえず雰囲気だけでも。

0103es06

 淡水魚の展示もちゃんとあります(写真は汽水系のボラですが・汗)

0103es07

 大型水槽は高い場所から低い場所まで種類の違う魚がそれぞれ集まる様に、展示が工夫されていました。
 見せ方が非常に巧みですね。

0103es08

 屋外ではこの日最後のイルカショーが行われていました。丁度日の入り前の西日に照らされて、普段とはまた違った雰囲気が出ていました。
 さりげにイルカでは無く、オキゴンドウ(クジラ)のジャンプ

0103es09

 ハナゴンドウがショーに出ていてビックリ。この子のジャンプを見るのは初めてかも。
 フラッシュ焚いたように見えますが、西日の光で色が付いている様に見えます。

0103es10

 イルカが西日に照らされて、ダイヤモンドリングの様な頭になっています(笑)

0103es11

 この辺りも伊豆のように海が深いんでしょうか?しんかい2000の展示がありました。
 出航がこの辺りだったとか?

0103es12

 お正月だから空気が綺麗で夕焼けの富士山が見事でした。
 今回はちょっと駆け足すぎたので、また江ノ島観光がてら来てみたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月14日 (日)

国営ひたち海浜公園と那珂湊おさかな市場

1230hi01

 遅くなりましたが平成30年最初の日記です。当日記をご覧頂いております皆様、本年もよろしくお願いします。

 今年最初の日記と言いながら、昨年末の30日(土)に行ってきました茨城県「国営ひたち海浜公園」と那珂湊おさかな市場の話になります。
 ひたち海浜公園はこの日が年内の最終営業日だったのですが、前日までに大掃除を全て終わらせてまで訪れた理由は以下の通り。

1.ヘイガニの巣(ポケモン某)になっている
2.カード迷宮ぐるり森に息子が行きたがっている
3.あんこう鍋を私が食べたがっている
4.那珂湊の海鮮を皆が食べたがっている

 でした。この時期に来ると現地は海の側と言うこともあり、寒いのなんのって(苦笑)

1230hi02

 ここの敷地は異常なまでに広いのですが(到底1日で廻れる規模では無い)、今回は子供向け施設が集中しているプレジャーガーデンで過ごしました。なので園内を周遊するシーサイドトレインには乗車せず。
 非常に空いていたので、乗っておいた方がお得だったのかも。

 因みにプレジャーガーデンには南駐車場にクルマを止めるのが近くて便利です。

1230hi03

 プレジャーガーデンは大観覧車が目印。このゾーンはぐるり森の泉陽興業の施設となっている様です。
 なお、ヘイガニは駐車場から湧いており、観覧車までの間でも乱獲しまくりです。お台場ナニソレ?状態(喜)

1230hi04

 息子の目的は、カード迷宮ぐるり森。フリーパスを使用したので結局7~8回やったような(汗)と言うかぐるり森しか遊ばなかった気が(滝汗)

1230hi05

 お昼は隣接しているガーデンレストランで頂きました。お客さんの数に対して少々キャパは不足気味かも知れません。
 味は普通と言った感じでしょうか。悪くはありませんが、あまり特筆することも無かったような。

1230hi06

 ポケモンの乱獲ついでに大草原というゾーンにも少々足を踏み入れ。

 大草原という名前に偽りはありません。子供の野放しには最適な空間です。

1230hi07

 意味なく観覧車の逆光。折角一眼レフを持って行ったので(笑)やはりコンデジとは雰囲気違う絵が撮れる気がします。

 この時期は公園の閉園が16時30分と早いため、結局乗る時間が無くなり観覧車には乗らずに帰りました(爆)
 ヘイガニはシザリガー2体進化分を確保したので、そちらの目的は無事達成(笑)

1230hi08

 公園から那珂湊のおさかな市場まで直接向かったのですが、到着した5時30分頃は既に真っ暗(汗)
 一応営業時間内に到着できたので良かったのですが、この時間でも駐車場の空きに余裕が無くて焦りました。年末の市場を舐めていましたね。。。

1230hi09

 場外の売り場は閉店近い時間帯ではありましたが、なかなかの活気!水揚げがある土曜日の早めの時間帯に改めて来たいですね。

1230hi10

 食事は事前に決めておいた「海花亭」。選んだ理由はあんこう鍋が一番安かったため。

1230hi11

 実は前日の夜にスーパーで購入した寿司を食べて、少々下痢気味だったのですが(爆)。
 港に来て寿司を食べないのは耐えられなかったので、少しだけ注文。

 食べてから、前日に寿司を食べたことを大後悔しました。港の寿司は美味すぎる。。。。(涙)

1230hi12

 あんこうの唐揚げ。想像以上に美味しかったです。これはまた食べよう。

1230hi13

 あんこう鍋の調理前です。これで2人前の量。

1230hi14

 調理後の姿。茨城らしく、あん肝を使ったどぶ汁系ですね。初めて食べましたが、私には少々苦手系かも。次あんこう鍋を食べるときは醤油出汁系にしてみようと心に誓いました。

 時期的に渋滞も無く(圏央道万歳)、この時期に那珂湊はアリかな?と思いました。
 早朝に家を出て午前中に那珂湊か大洗で食事をし、その後にひたち海浜公園で閉園まで遊ぶというルートが満足度高いかも知れません。
 問題は港の駐車場ですね。ちょっとその辺りを調査してから、また行ってみたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月26日 (日)

埼玉の公園シリーズその14:武蔵丘陵森林公園

1125s01

 武蔵丘陵森林公園と言えば、小学校の時に吉見百穴とセットで行った場所という思い出がある公園でした。
 小学校以降の訪問と言えば、確か高校(都内の私立ですが)の時にマラソン大会で行った記憶があります。しかし、それ以降は行った記憶が無いので、高校以来30年弱振りに訪れたことになります。

 当然公園内部の様子も全く記憶にありません。ここは敷地があまりにも広くて入り口も4箇所ありますが、過去来た時は何処から入園したのかも解らないので当然かも知れませんが。

 そんな思い出がある森林公園へ11月25日(日)に行って来ました。今回は西口から入りましたが、理由は子供向け遊び広場が一番近い入り口のため。因みに入園料金(大人410円)とは別に駐車場料金(普通車620円)が必要です。

1125s02

 入園門から入って程なく、むさしキッズドームを中心とした遊具場があります。さすがは国営だけあって(?)遊具の数もデカさもチョット違います!

1125s03

 ドームの中は3階建てで、遊具でこの規模感は初めてかも。遊具場内だけでも相当数のお客さんがいますが、余裕で収容している感じです。

1125s04

 隣は広大な遊び広場となっています。現地は異様に広いですが、案内地図上だと敷地全体比で広場はもの凄く僅かなスペースです。
 バランスボールの貸出がありますが、相当の人気で全て出計らっておりました。

1125s05

 中央口近くにあるレストランに向かう予定でしたが、あまりに広いため園内バスを利用するつもりでした。しかし、バスの本数が非常に少なかったため、急遽レンタサイクルを利用することに。
 実際、園内移動の主流はレンタサイクルだったようで相当数の貸出自転車があり、利用者も相当おりました。

1125s06

 自転車のサイクリング専用道が完全整備されており、上り坂の苦痛(結構来る・笑)意外は景色も最高で、トータル的に自転車移動が一番のお勧めかと思います。

1125s07

 因みにサイクリング専用道は各方面への案内も充実し、迷うことは無かったです。方面別の分岐箇所にはジャンクションも整備されております(笑)

1125s08

 中央口近くの森。国立公園だけあって自然が美しい所ばかりです。

1125s09

 中央口レストランに到着・・・・したら時間が遅くて閉店後でした(涙)

1125s10

 この日は中央口近くで屋台村が開催されており、昼食はここで調達。コレはコレで良かったです。ほんとにイベントデーで助かりました。。。

 あまりに広い森林公園。1日で回るのは不可能ですが、施設として用意されている物は非常に少ないので、遊び道具を持ってまた行ってみたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月18日 (月)

横浜コスモワールドでぐるり森大冒険

Yk01

 最近息子がどっぷりハマっている「カード迷路ぐるり森大冒険」(親としては金額が張るのでハマって欲しくないんですけど・・・(汗))。息子が横浜のヤツで遊びたいとシツコく、わざわざソレの為に電車に乗って横浜まで来ることになろうとは(苦笑)

 と言う訳で台風が訪れる直前の9月16日(土)に、初めて横浜コスモワールドに家族で来てみました。なお、現地のロケーション自体は8月に行われた横浜みなとみらいピカチュウイベントで訪問調査済みです(笑)

 
 

続きを読む "横浜コスモワールドでぐるり森大冒険"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月14日 (月)

沼津港深海水族館に行ってみました

N01

 パンフレットよく読むまで「沼津深海魚水族館」かと思っていたのですが、「沼津港深海水族館」だったんですね。
 深海魚だけではなく、陸から数㎞先から深海が始まる沼津特有の海域の生き物を展示する施設だからなんですねぇ。あとは世界有数のシーラカンス関連の展示が見所でしょうか。

 場所は沼津港の敷地内にありますが、お盆の休日と言う事で港の入り口から大渋滞!クルマは一番奥にある港の立体駐車場に停めることになりますが、そこにたどり着くまで非常に時間がかかりました。一応駐車場のキャパは足りていたようです。

 
 

続きを読む "沼津港深海水族館に行ってみました"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月23日 (日)

もりのゆうえんち(野田市)

My1

 先日家族で行ってきた千葉県野田市にある「もりのゆうえんち」と言う遊園地です。入場料はなんと無料で、道路を挟んだ場所にあるイオン・ノアの一施設としての側面もあるようです。

My2

 最近息子がドハマリしている屋外型迷路の「ぐるり森大冒険」のメーカーである泉陽興業(せんようこうぎょう)が直接経営している施設です。
 なので場内の至る所にぐるり森のキャラクターが描かれています。

 
 

続きを読む "もりのゆうえんち(野田市)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月17日 (月)

tack cafe(伊奈町)とトラットリア・ナトゥーラ(蓮田市)

 先日奥様と昼食で訪問した2店舗の記録です。

6月【tack cafe(タック・カフェ)

Hm01

 伊奈町の伊奈学園(昔は小針と言ったけど、今は学園都市と呼ぶのか?)周辺地域にあるカフェです。駐車場は店舗前にある数台分の他に、店舗裏側と店舗から少し離れた場所にそれぞれ数台分あります。

Hm02

 奥様注文のランチプレート。

Hm03

 私注文の焼きカレー。味・コスパ共にランチプレートがお勧め。

Hm04

 デザート。凄く美味しい。

 トータル的にレベル高いです。取りあえずお勧め。

7月【トラットリア・ナトゥーラ

Hm05

 蓮田のドンキの前で割と有名みたいです。周辺は国道沿いなので基本的に風情がありませんが、この店舗の周辺だけ大木があったり自然が一杯で雰囲気良しです。

Hm06

 イタリアン料理なのでメインメニューはパスタです。パスタの種類はランチでも多いですが、それ以外にも魚と肉のメニューもあります。
 奥様の白身魚のソテー。非常に美味。

Hm07

 私注文の白身魚のニンニク・アンチョビ他ソースの焼き。アンチョビ等の癖の強さが全くなく、非常にお勧め。ちょっと高いのが難点。

Hm08

 セットデザート。このお店、雰囲気含めて非常に良いです。今度はパスタを食べに来てみよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月16日 (日)

今年も伊豆下田への民宿旅行(その2)

7201

 翌朝の朝食がこちら。因みに食事は朝晩共に自室で食べるスタイルになっています。
 しかし下田の民宿の朝食は、量の凄さが半端ない様な気がするのですが。。。(笑)

 この日の予定は、民宿近くの無人島で磯遊びです。

7202

 向かったのは恵比寿島と言う小さな無人島。小さな橋がかかっていますが、歩行者専用なのでクルマは橋手前の駐車場に停める事になります。

7203 
 港も島も規模は小さいですが、特にこの駐車場が小さい(汗)夏のオンシーズンは大丈夫なのだろうか??

 
 

続きを読む "今年も伊豆下田への民宿旅行(その2)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月15日 (土)

今年も伊豆下田への民宿旅行(その1)

7101

 毎年恒例の伊豆下田への旅行に7月1日(土)~2日(日)にかけて家族で行ってきました。
 宿泊宿は昨年と同じすずなみさんを予約していたのですが、数ヶ月前に突然ご主人から電話が入り、ご家族の体調不良で暫く営業中止するとのこと(涙)
 一日も早いご回復をお祈り致します。料理も雰囲気もとても良いお宿なので、是非また利用させて頂いたいです。

 そういう訳で今年は別の民宿を予約し、美味い海鮮を求めて下田まで向かいました。
 毎年7月初旬に行くのは、伊豆の道路が空いているから。昨年までは道路の渋滞を警戒して鉄道+レンタカーで移動していましたが、様子を見る限り特に自宅から車で向かっても問題ないと判断。コストと自由度を重視して、今回は全行程クルマで移動してみました。
 結果的に無問題です。海水浴が目的で無ければ7月の前半は非常にお勧めです。宿代も鉄道を使った場合の料金も通常料金ですし。

 最初の目的地は伊東マリンタウンという道の駅です。

 

 

続きを読む "今年も伊豆下田への民宿旅行(その1)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧