« そう言えば自分では初めてのノートニスモのオイル交換 | トップページ | 今年も福島の桃狩りに行ってきた(後編) »

2020年9月 5日 (土)

今年も福島の桃狩りに行ってきた(前編)

0817fu01

 毎年恒例の福島桃狩りですが、今年は新型コロナの移動制限とかあって、時期の決定が難しい情勢だった訳ですが、

①「白鳳」品種が出ているであろう時期
②密にならないお盆明け
③平日

 の条件で、先日のお盆明け直後に行ってきました。高速道路は行きも帰りもガラガラで、道中は快適そのもの。

 訪問先は恒例の「まるげん果樹園」。到着して店頭の品種を見ると「川中島白桃」と「黄金桃」が並んでおり、ちょっと白鳳の時期を逃した感じでした。(農作物は難しい・・・)
 そして、肝心の桃狩りが、今年はコロナ渦の影響か、通販の申込みが多すぎて中止しているとのこと。つまり桃狩り分が通販に回ってしまっているとの事で、店頭分を配送するにも、8個入り以上は箱が無くて配送自体もできないそうで(汗)

0817fu02
 仕方が無いので、自宅用と親戚用として2種類6個入りを確保。川中島白桃は初めてでしたが、固い品種と言いつつも意外と柔らかくて美味しく、黄金桃も注意書き通り追熟させると酸味が抜けて非常に美味しかったです。(シレっと書いてますが、本当に美味しいのです。)

0817fu03
 まるげん果樹園で近隣の桃狩りができる農園を教えて頂いたので、取り敢えず行ってみることにしました。
 訪問先は「まるえ果樹園」(遠目に見ると誤植みたいな名前(笑))

 桃狩りは「固い品種ならば」と言う条件で実施されており、一応やってみることにしました。
 品種は「まどか」と言うものだったのですが、本当に固かったです(苦笑)。
 ちょっとコレは微妙でしたねぇ。僅かに有名な「あかつき」が残っていましたが、そちらの方がまだ良かったです。

 あと、両方の果樹園を比較すると、ウチの味好みからすると「まるげん果樹園」の方がお気に入りですね。過去のフルーツ狩りから、我が家では『農園によって味は全然違う』と言う教訓がありますので、来年こそ、まるげん果樹園の白鳳狩りをしたい所です。

0817fu04
 そして桃狩りとセットにする訪問先に毎年悩むのですが(笑)、今年は福島中通りから浜通りへ移動し、いわきの海鮮を戴く事にしました。(今年は伊豆の海鮮を戴いていない事も一因)

 ただ長距離を移動するのもアレなので、途中にある「あぶくま洞」を訪問。昔、小学校だか中学校の時に修学旅行で行って以来ですよ。

0817fu05
 現地に到着しても、中に入っても全然覚えていない(汗)
 全然話は変わりますが、今回の旅行から新しいコンデジを使用しています。普通に外で撮影している時は起動とピント調整が鬼早だ程度に思っていましたが、悪条件下での性能には驚愕しました。

0817fu06
 ソレが洞窟の中での撮影。ISO1600とか3200が常用できるクオリティなんですよ。こういう場所でフラッシュ使うと残念な写真になりますが、ノンフラッシュで撮影できる事に感激。

0817fu07
 この写真はISO1600ですが、感度の3200固定にすると明るすぎるて逆に使えなかったり。

0817fu08
 行程の途中で「通常コース」と「探検コース(要・オプション料金)」に分かれるのですが、(子供の意向で)難易度高めな「探検コース」になりました。
 こちらのコースは狭い・暗い・低いの三重苦で、かがんで進む場所もあったりしてメタボな体には結構応えるコースです。

 探検コースは暗いので、写真もISO3200が常用です。(ISO1600で撮影した写真は結構手ぶれが出ていました)

0817fu09
 多少ザラつきが出始めますが、全然この感度でもイケますね。デジカメ10年の進歩は凄いです。
 そうそう、洞窟の中は気温が涼しいので最初は気が付かないのですが、湿度が非常に高いので、気温に慣れてくると汗ばんできます(笑)

0817fu10
 あぶくま洞の隣に「星の村天文台」と言う場所があり、こちらにも行ってみることに。
 到着すると同時に、職員さんからプラネタリウムが始まる案内があり、久しぶりに観てみることにしました。

 福島弁のナレーションが手作り感満載でほっこりします(笑)
 ※上映途中、気を失いかけたのは秘密です。

0817fu11
 プラネタリウム終了後、こちらでは料金を支払えば天文台で天体望遠鏡を使用して太陽を見ることが出来るので、折角だから見せて頂くことに。
 本来は特殊レンズを通して肉眼で見るところ、コロナ渦の関係でモニター越しに見る形になっており、解説員の方が色々なお話をして頂けます。
 しかもお客が自分たちしか居ないので、ほぼ独占(笑)

 夜は星の観察会を行っており、行った日の夜は木星&土星の観察会を行っているとの事でした。(正直見てみたかった・・・)

0817fu12
 天文台を後にして、一路いわき市の小名浜に向かいます。
 本日のお宿は旅亭「小瀧」さん。

0817fu13
 住宅街の外れに突如現れる山の麓にある感じの旅館で、静かな情緒ある感じの旅籠です。

0817fu14
 小名浜と言えば海鮮!このお刺身ですよ。もう柔らかくて美味しくて、最高ですね。

0817fu15
 キンキの塩焼き。底物は味が最高なのです。身がふわふわなのです。

0817fu16
 小名浜名物「めひかり」とフグ・エビ等の天ぷら。
 めひかりは初めて食べましたが、凄く美味しいですね。アタマからバリバリイケます。

 美味しい夕食を頂き、翌日に備えて就寝しました。

(続く)

|

« そう言えば自分では初めてのノートニスモのオイル交換 | トップページ | 今年も福島の桃狩りに行ってきた(後編) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« そう言えば自分では初めてのノートニスモのオイル交換 | トップページ | 今年も福島の桃狩りに行ってきた(後編) »