« 関西風うなぎが食べられる関東のお店「川昌本店」に行ってきた | トップページ | そう言えば自分では初めてのノートニスモのオイル交換 »

2020年8月22日 (土)

コンデジを買い換え

Camera1

 自分と奥様がそれぞれ所有していたコンデジが、10年を越えた辺りで相次いで故障しました。

 私のニコンP6000はシャッターカバー開閉動作不良とピントが甘くなってきた事。
 奥様のキャノンパワーショットSX110は黒点発生と日付時間情報の保持が出来ない事。

 両機とも既に修理は受け付けて貰えない事から、新しい機種に買い換えることにしました。

 当初、iPhoneでも問題なくね?とも思ったのですが、やはりズームが使えない事が致命的で、小型軽量で高倍率ズームを搭載しているデジカメが、やはり必要だと判断。

 ※とは言うものの、明るいズームが必要ない場所でのiPhoneの実力はかなりの物だと思っています。ここ最近のブログ写真は全部iPhone撮影ですし。

 結果、選んだ機種はニコンのA1000でした。このサイズと重量で35倍ズームは非常に魅力的。

 取り敢えず、P6000との比較写真です。

【被写体1(P6000)】

Camera2
 金属質の被写体ならば、ピントが甘いこと以外は今でも特に不満は無いんですよね。

【被写体2(A1000)】

Camera3
 ピントも含めて良好ですが、何よりも全体的な動作の速さが気に入りました。

【被写体2(P6000)】

Camera4
 柔らかい物だと、比較する前であれば特に不満も無かったのですが(ピント以外)。

【被写体2(A1000)】

Camera5
 こちらは毛の立体感がものすごく出てくれてます。色は黒つぶれが少ない?
 あと、全体的に明るく撮れますね。比較したP6000が4倍ズームなのに、それ以上に明るく撮れるとは、デジカメの性能進化は凄い物があるようです。

 しかしA1000の本当の凄さは、暗所での高感度モード時にありました。
 それについては、後日行った旅行レポートの際に書くことにします。

 

|

« 関西風うなぎが食べられる関東のお店「川昌本店」に行ってきた | トップページ | そう言えば自分では初めてのノートニスモのオイル交換 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 関西風うなぎが食べられる関東のお店「川昌本店」に行ってきた | トップページ | そう言えば自分では初めてのノートニスモのオイル交換 »