« イタリア式食堂ブラン【埼玉県久喜市】 | トップページ | 関西風うなぎが食べられる関東のお店「川昌本店」に行ってきた »

2020年7月12日 (日)

タペット調整したらメタルの音が聞こえてきた

0712er1

 タイトルのとおりですが(苦笑)、ER34のエンジンタペット調整してカムからの音が消えたお陰で、新たに聞こえてきたメタルの音(汗)

 正確には、聞こえていた音の半分はメタルからの音だったというオチでした。


 はい、エンジンオーバーホール確定です(滝汗)


 タペット調整を行う前に、お店の方からも最悪の場合はオーバーホールまで行く覚悟(つまり、全く作業を始めないか、一番大きな作業までするかの選択))を、と言われていましたが、まさか既にメタルが逝っていたと言うのは一寸ショックでした。

 あと1回サーキット走ってたら本気でヤバかったかもなので、ギリギリ踏みとどまれたのかも知れません。

 エンジン振動については、今回併せてAACバルブユニットも交換しましたが、特に大きな変化は無し。

 振動の症状については、最初に気が付いたのが昨年末の本庄サーキット走行後の最初のコンビニ停車時。
 その後、今年の3月に本庄を走った時は特に大きな変化を感じませんでしたが、タペットらしき音が妙に大きくなってきた気がしてきたのもこの頃。

 今起きている振動の原因がメタルなのかどうかは不明ですが、結果的にエンジン本体が原因の可能性が高くなってきました。

 現在のエンジンは8年半前に交換したリビルトエンジンで、エンジン本体がどの程度リフレッシュされていたのかが解らない個体なので、今回きちんとオーバーホールを行う形をとります。

 ただ、オーバーホール作業は東名パワードに持ち込んで実施するとの事ですが、現在作業が1年弱待ちの状態とのこと。

 ウチの場合、現状すぐにエンジンが壊れそうな状況ではないので、一旦車両を持ち帰りすることとなりました。

 なお、半年後にモータースポーツ室で6ヶ月点検を行い、症状の進行状況把握を実施。(今のところ)来年の5~6月頃にオーバーホール作業に入れるとの事です。

 当然ですが、サーキット走行は厳禁で、遠出も極力避ける必要があります。

0712er2
 車両を自宅持ち帰り後、電装系で何か悪さされてないかの原因を潰すため、念のため4年半使用したバッテリーを新品に交換してみました。
 今まで使用していた旧カオスが60B19Rで、新しい物はカオスライトの46B19R。何となくカオスだとオーバースペックの様な気がしたので、ちょっとランクを落としてみました。

 セキュリティ使用で性能劣化が厳しい様ならば、次回交換時は無印のカオスに戻してみる予定です。

|

« イタリア式食堂ブラン【埼玉県久喜市】 | トップページ | 関西風うなぎが食べられる関東のお店「川昌本店」に行ってきた »

コメント

うお。そ、そんなことが…(´・ω・`)
うちのこも、エンジン換えたの、3年前…。まぁそういう妙齢の子たちですよね。復活まってまーすΨ( ̄∇ ̄)Ψ

投稿: しょこ | 2020年8月 3日 (月) 18:24

>しょこさん
 破滅の音がしていましたが、知らずにサーキットに行ってました。:(;゙゚'ω゚'):

 そうかぁ、もう載せ換え3年も前なんですね。
 因みに25の新品ベアエンジンは既に在庫無しでした。
 オーバーホールが一年待ちと聞いて、そう言う時期に来たんだなあ、とシミジミしました。
 あぁ、お財布が辛い。苦笑

投稿: まる元@管理人 | 2020年8月 4日 (火) 21:03

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« イタリア式食堂ブラン【埼玉県久喜市】 | トップページ | 関西風うなぎが食べられる関東のお店「川昌本店」に行ってきた »