« ER34エンジン不調の診断と修理(備忘録) | トップページ | イタリア式食堂ブラン【埼玉県久喜市】 »

2020年6月21日 (日)

ER34タペット調整で入庫

0621prto

 放っておいても治るモノでもないので、エンジンのヘッドを開ける作業をして貰うために、プリンス東京モータースポーツ室へ先日入庫してきました。

 最悪、E/Gオーバーホールまで逝った場合の予算も一応確保したので(汗)
 ※この辺がエンジン開ける時の怖いところですよね。開けたら(実質)そのまま元には戻せず、行くところまで行くしかないと言う(怖)

 入庫の2日後辺りには、お店のブログに状況が少し載っていました。

 ブログの写真を見た7歳の息子が言った「エンジンってテープで直るの?」と言う感想にホッコリしたり(笑)
 ※ 因みにウチの奥様は息子のおもちゃをセロテープで直します(笑)

 一番恐れている、すでに製廃の純正カムシャフトは大丈夫だった・・・のかな?(ダメだった場合は連絡が来るはずですが、必要部品の納品が今月末になると言う留守電だけだったので、大丈夫であると信じています。)

 AACバルブユニットは在庫あったようなので、併せて交換して貰います。勿論タイミングベルト関係の交換も。

 どうか、振動もタペット音も直りますように(祈)

|

« ER34エンジン不調の診断と修理(備忘録) | トップページ | イタリア式食堂ブラン【埼玉県久喜市】 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ER34エンジン不調の診断と修理(備忘録) | トップページ | イタリア式食堂ブラン【埼玉県久喜市】 »