« 大山阿夫利神社で初詣 | トップページ | エイトリアンカップ筑波TC2000 »

2020年1月25日 (土)

足立区生物園に行ってきました

0113ad01

 3連休の最終日である1月13日(月・祝)に、家族で足立区立生物園に行ってきました。
 こちらは公営の施設で入場料が非常に安い!なんと大人300円・子供150円です。
 ただし専用駐車場のキャパが少なめで、こちらは第1駐車場が19台最大600円で第2駐車場が10台最大300円と微妙な感じ。またこの駐車場はすぐ満車になってしまい、今回はギリギリ待たずに本当に運良く停められましたが。

0113ad02

 この生物園は足立区立元淵江公園の中に建てられています。
 公園も広くて、近隣の方が羨ましいですね。

0113ad03
 入ってすぐに金魚の巨大水槽があります。生物園と言う名称は、どうも動物から水生生物、昆虫まであらゆる生物を扱っているためか?と言う印象でした。
 それぞれの展示内容が中途半端でなく、全部気合いが入っているんですよね。

0113ad04
 金魚の巨大水槽の目の前にシマリスの飼育小屋が。小屋から出てリスが走り回れる様に、トンネルがホールをぐるっと一周する様に作られていました。

 カメラを向けるとカメラ目線してくれます♪

0113ad05
 猫カフェ的な部屋がありました。この時は丁度お休みタイムで、モフモフ達はガラスの向こうで熟睡中。。。

0113ad06
 企画展は「ガサガサ・ゴソゴソ展」。

 はい、ご家庭でもお馴染みな「G」の展示でした(汗)
※写真は撮りましたが、諸事情により未掲載といたします(笑)

0113ad07
 生物展示室です。外周が主に水生生物で中心が陸生生物(大体)と言った感じの展示です。

 マングローブの世界とか珊瑚礁の世界とかがあり、子供ならば水槽の下や中心部の覗き場所から見ることが出来る(大人には狭い・・・)工夫された展示が印象的でした。

 私も強引に水槽の中心部に入ってみましたが、珊瑚脇のウツボが至近距離で見られて凄く良かった!

0113ad08
 クビナガカメ。動き回るので撮影が大変(汗)

0113ad09
 オコゼ?(名前忘れた)なんか可愛かったので(笑)

0113ad10
 こちらでは蝶の飼育(孵化)を盛んに行っており、ほぼ毎日サナギから蝶が孵化していることから、併設している温室へ放すイベントを行っているようです。

 なので、芋虫とサナギの飼育展示が非常に多いです。
 まぁ、もっと言うと昆虫の飼育に凄い力が入っている感じです。

0113ad11
 温室棟の展示室に入ると、最初にアマゾン系の水槽がありました。
 ピラルクの水槽の中に、巨大なナマズ(ジャウー)が!

 このジャウーのでかいサイズから、もしかして閉館した東京タワー水族館から来たヤツ?と思って調べてみたらビンゴでした。

0113ad12
 ピラルクと比較しても同じくらいの巨大サイズ!とにかく大食漢だそうです。でも広い水槽に入れて貰えて良かったねぇ。

0113ad13
 温室棟は非常に背が高く、内部3階建て位でしょうか。熱帯植物が沢山ある中を、沢山の孵化した蝶達が飛んでいます。

 蝶の餌場は凄いことに(笑)

0113ad14
 私はさほどですが、蝶好きの方にはたまらない展示では無いでしょうか。とにかく蝶の種類が多いのです。

 比較的人慣れしているので、至近距離で蝶を観察できます。

0113ad15
 屋外の展示場から見た建物。右の背が高い建物が温室棟で左が一般棟です。
 屋外展示場はビオトープ的な取り組みがなされているようですね。

0113ad16
 屋外飼育は鳥類やカンガルーなどと、ふれあい動物園があります。
 正直、公共の区立だからと展示内容を嘗めていました(汗)相当スタッフさん頑張っていますよ。
 まぁ、東京タワー水族館からジャウーを引き取った時点で凄い訳なんですけどね。

 そして、写真撮り忘れましたが、この近所に焼き肉の「せんりゅう」があったので帰りに寄りました。
 う・・・美味い!次回行った時はちゃんと写真撮りますね。

 

|

« 大山阿夫利神社で初詣 | トップページ | エイトリアンカップ筑波TC2000 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 大山阿夫利神社で初詣 | トップページ | エイトリアンカップ筑波TC2000 »