« 本庄ライトチャレンジ2019 Rd.5 | トップページ | パンクしたサーキット用のタイヤ交換 »

2019年11月10日 (日)

デフとミッションオイルの銘柄検証(オイル交換)

 先週の3日(日)にディーラーにてスカイラインのオイル交換(E/G,M/T,D/F)をしてきました。

 交換前の本庄サーキット走行後におけるデフとミッションオイルの具合ですが、ミッションオイルに使っていたモチュールGear300nの方はこれまで経験が無い程の使用前後に対する変化を感じませんでした。つまりは耐久性が非常に良さそうで、ある意味スポーツ走行後何回持つかを試してみたくなりました。

 デフオイルはニスモブランドのモチュール(140番)でしたが、スポーツ走行後には盛大に発生していたチャタリングが多少減少。冷間時にソレなりにゴキゴキいう物の、温間時には無音の時"も"ある位。熱が入って粘着が弱まった?
 因みにスポーツ走行中にも結構ゴキンゴキン言うので、ロックが効き過ぎる傾向があるのかな?ウチのデフだと閉口するほどの振動なので、常用したくないオイルでした。
 今はニスモGT・L.S.Dの標準オイルに指定されていますが、現行モデルはカーボンプレート仕様なので、そちらでしたら印象が違うのかも知れませんね。

1103oil
 で、今回交換したのはクスコ製のオイルに統一。ミッションはFFデフ兼用オイルで、デフはリヤ専用140番オイル。

 ミッションはモチュールと比べると滑らかさが少々落ちる感じ。まぁ価格相当ですかね。スポーツ走行後の印象と交換頻度で今後は決める感じでしょうか。

 デフは冷間時はココココココ・・・と言いますが、少し走れば無音になるので街乗りに最適です。
 スポーツ走行後にチャタリングが増えそうな予感(プレミアムジャパンと似た感触)がしますが、価格はモチュールより断然安価なので気軽に交換すれば良いのかな。

 TC1000でスポーツ走行時の印象を試してみたいのですが、今年からファミ走の曜日が変わったんですかね。当初の休める予定と全然合わなくて、走りに行けないです(涙)

|

« 本庄ライトチャレンジ2019 Rd.5 | トップページ | パンクしたサーキット用のタイヤ交換 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 本庄ライトチャレンジ2019 Rd.5 | トップページ | パンクしたサーキット用のタイヤ交換 »