« 2019年10月 | トップページ | 2019年12月 »

2019年11月

2019年11月27日 (水)

パンクしたサーキット用のタイヤ交換

1127tir1

 11月27日(水)は強制有休取得日だったので、先日パンクしたサーキット用タイヤの交換に行ってきました。
 実際にはパンクしたタイヤを交換すると言うより、ブロンズ色のホイールにサーキット用タイヤを組み、シルバーのホイールに後日街乗り用タイヤを組むことにしたので、少々面倒な組み替え作業を行うことにしました。

 前回タイヤを調達したときは、ハイグリップタイヤをフロント2セット用意し、街乗りとサーキットの兼用でやってみましたが、まぁ乗り心地とか減るタイミングとか色々と考慮した結果、兼用はダメだなと言う結論になりました。

 で、今回リヤ側に中古(某オク)で調達したダンロップZ3を履きましたが、組み込むホイールに履いていたタイヤは4年弱放置していたZ2スタースペックでした。

 単純に走るだけならば3部山強残っているコレでも良いかなぁ?とも思いつつ、タイム出ないのは明らかなので、それはそれでストレスがたまりそうなので(笑)

1127tir2
 タイヤ屋さんに行くのにタイヤを4本交換したので、ついでに車高を4ミリ上げ作業も実施。はい、乗り心地優先です。アームがよく動く感じで良好です。

 実は今回組み込んだ中古タイヤの写真を撮るのを忘れていました。
 どうもジムカーナで使っていたらしい、6~7部山の18年度産のダンロップZ3です。

1127tir3
 交換作業はパーツワン越谷店にて朝一番に行いました。
 自宅からは少々遠いので、他の店を近隣で探しましたが、やはり価格的にはココ以上の所が無かったです。

 サーキット使用した中古タイヤのため片減りがありましたので、組み込む際にイン・アウトの指定をお店の方から聞かれた辺り、良心的だと思いましたよ。

 さて、街乗りタイヤはどの銘柄にしようかな・・・。

| | コメント (0)

2019年11月10日 (日)

デフとミッションオイルの銘柄検証(オイル交換)

 先週の3日(日)にディーラーにてスカイラインのオイル交換(E/G,M/T,D/F)をしてきました。

 交換前の本庄サーキット走行後におけるデフとミッションオイルの具合ですが、ミッションオイルに使っていたモチュールGear300nの方はこれまで経験が無い程の使用前後に対する変化を感じませんでした。つまりは耐久性が非常に良さそうで、ある意味スポーツ走行後何回持つかを試してみたくなりました。

 デフオイルはニスモブランドのモチュール(140番)でしたが、スポーツ走行後には盛大に発生していたチャタリングが多少減少。冷間時にソレなりにゴキゴキいう物の、温間時には無音の時"も"ある位。熱が入って粘着が弱まった?
 因みにスポーツ走行中にも結構ゴキンゴキン言うので、ロックが効き過ぎる傾向があるのかな?ウチのデフだと閉口するほどの振動なので、常用したくないオイルでした。
 今はニスモGT・L.S.Dの標準オイルに指定されていますが、現行モデルはカーボンプレート仕様なので、そちらでしたら印象が違うのかも知れませんね。

1103oil
 で、今回交換したのはクスコ製のオイルに統一。ミッションはFFデフ兼用オイルで、デフはリヤ専用140番オイル。

 ミッションはモチュールと比べると滑らかさが少々落ちる感じ。まぁ価格相当ですかね。スポーツ走行後の印象と交換頻度で今後は決める感じでしょうか。

 デフは冷間時はココココココ・・・と言いますが、少し走れば無音になるので街乗りに最適です。
 スポーツ走行後にチャタリングが増えそうな予感(プレミアムジャパンと似た感触)がしますが、価格はモチュールより断然安価なので気軽に交換すれば良いのかな。

 TC1000でスポーツ走行時の印象を試してみたいのですが、今年からファミ走の曜日が変わったんですかね。当初の休める予定と全然合わなくて、走りに行けないです(涙)

| | コメント (0)

« 2019年10月 | トップページ | 2019年12月 »