« 2018年1月 | トップページ | 2018年4月 »

2018年2月

2018年2月23日 (金)

フルバケ破け防止プロテクタ購入とiPhone乗り換え

0223f1

 スカイラインの運転席フルバケシートの表皮擦れが最近酷くて、あちこち下地が透けて見えるようになってきてしまいました(汗)
 以前、アイロンプリントシートを貼ることを試したことがありましたが、シートが数ヶ月でどこかに消えてしまい、以来放置していましたが、その後擦れは拡大してシート右側全体に被害が及んできてしまいました。

0223f2

 サイドやショルダー部分のプロテクタカバーはレカロ純正では存在しませんが、某オクを見ると社外と言うかショップオリジナルと言うか自作(笑)という感じで結構売っていたので、某ショップと謳っている出品者からショルダーとサイドの2つを購入してみました。
 価格はどこの出品者でも大体2,000円~3,000円で売っています。品質の違いは解りません。

0223f3

 シートに装着してみました。割とツルツルした感じの合皮ですが、触れた時の感触は悪くありません。

 あとは耐久性ですね。まぁ、価格も安いので破けたら買い換えする感じでしょうが。
 取りあえずシート本体の表皮が破ける前に装着できて良かったです。

 話は変わって、スマホを奥様と一緒にAndroidからiPhoneに機種変更しました。私はiPhone8Plusで、奥様はiPhone8を選択。
 初めてのiPhoneなので色々と使い勝手が違って大変なのですが(PCへの写真の取り込みから四苦八苦しました。iTunesって何だ!??)

 上記フルバケ関係の写真は全てiPhoneで撮った物ですが、Androidスマホとは画質が雲泥の差ですね。ついでにスマホの画面上の画質や音質が凄く高品質でビックリ。
 デジタル写真の画質は画素数では無いことを、改めて教えて貰いました。

 ついでにポケモン某ほかのゲームアプリの起動や動作上の快適さが凄い。コレこそ雲泥の差ですね(笑)エンタメ系の処理にiOSは強いのでしょうか?

0223f4_2

 機能と5inch以上の画面が欲しくて私はiPhone8のPlusの方にしましたが、ちょっと本体サイズが予測より大きかったですね(汗)
 カメラ機能も強かったので迷った挙げ句こちらを選択したのですが、ちょっと後悔しているかも。
(右からiPhone8Plus、iPhone8、富士通F-02G(5.1inch画面))

0223f5

 ボカし機能の写真はちょっと人工的っぽい感じもしますが、雰囲気が美味く出ていて面白いです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月 4日 (日)

TC2000ファミ走でベスト寸止め

0203f1

 先日サーキット向けの新品タイヤを買ったは良いのですが、仕事の関係で平日ファミ走に行けない状況でどうしようか思案していたところ、土日のファミ走に行っても良いと奥様に了承を頂けたので。2月3日(土)のTC2000に走りに行ってきました。

 実はこの日、前々日に降った雪の関係で一旦予約をキャンセルをしており、前日の状況を見ながら、当日ご一緒するよっしーさんと調整して当月予約を実施。午前ラストのY2と午後イチのE3で走行することにしました。

0203f2

 当日到着すると、嬉しいことに路面は完全にドライ。気温は確か7度台で身体にも優しく走行日和の天気。
 今回初めてTC2000のコース計測をお願いしたのですが、最高速とセクター毎の記載があるため、走行(帰宅)後の確認がやりやすくて良いですね。借りる時にちょっと1000円は高いかな?と思いましたが、アタックシーズンならば利用すると便利かもです。
(このポンダーの車体取り付けも久し振りです)

0203f3

 今回ご一緒して頂いたよっしーさんのスイスポ。この日は新品フロントタイヤのシェイクダウンでした。
 同じY2枠で走行しましたので、遭遇時に追っかけ撮影を実施。

【よっしーさん追っかけ】

 この枠での自身の走行ですが、Z3のハイグリップ振りに驚きました。今までZ1☆とZ2☆とディレッツァを使ってきましたが、以前はモデルチェンジ時に大きな性能上昇を感じませんでしたが、Z3は今までに感じたことの無い強烈な横グリップを感じました。ER34のアンダー特性を打ち消すような横グリップは本当に初めてで、正直戸惑いの方が大きかったり。

 加えてブレーキング時の縦グリップも強烈で、ブレーキの性能不足をかなり感じる(もっと制動力があっても良さそう)程でした。

 特に驚いたのが、Y2のコースイン2周目で、他車をパスしながらもその枠ベストの1'07.381がいきなり出たこと。コレまでのベストタイムは2010年12月(RE-11無印&ブーストアップ時代)の1'07"286で、ノーマルブーストでソレに近いタイムが出たことに驚き、ラップショットの表示を一瞬疑ったほど。
(当日チェックした時は7秒347が過去ベストだと思っていましたが、そちらはベスト更新前のタイムでした。)

 タイヤの性能アップって凄い・・・。ついでに新品タイヤって凄い・・・。

0203f4

 フロント235タイヤは一応サーキット用なのでホイールが別です。でも形が一緒で色違いって変(笑)

 昼食後にE3枠を走った時は僅かにY2枠タイム更新して1'07"357がベストとなりました。
 しかし各セクター毎のムラが激しくて、この枠のセクターベストを合わせると、1'07"166でベスト更新タイムになっており、更には1枠目のセクターベストも含めて組み合わせると1'06"937と7秒を切っておりました。

 取りあえず現時点での仕様及びタイヤでの基準タイムが解って、この日は大収穫があったと思います。
 クルマの仕様としても、サスのノーマル戻しや車高調をストリート向けに仕様変更したデチューン状態で7秒切りが狙えるのは、嬉しい誤算と言うか十分過ぎる数値ではないでしょうか。

【本日のベスト】

0203f5

 次回の走行は未定ですが、可能であれば気温が低い時に(タイヤが美味しい時に)もう一回くらい走れれば嬉しいですね。
 今回ご一緒頂きましたよっしーさん、走行枠調整もして頂いて有り難うございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年1月 | トップページ | 2018年4月 »