« デジイチ初試写とレンズ比較 | トップページ | 日焼け防止カバー »

2017年10月21日 (土)

ER34の大規模リフレッシュ完了!

1008er1

 遅い日記になってしまいましたが、先日10月8日(日)に板金・サスペンションリフレッシュ・他の大規模リフレッシュ作業を終えて、日産プリンス東京モータースポーツ室からER34が戻ってきました。

 非常に高額な費用がかかりましたが、作業を許してくれた奥様には本当に感謝です。クルマの前半分が新車の様に綺麗になったスカイラインは、誇張なしに見違える様になりました。
 残念だったのはフロントの赤いSマークの補修部品が製廃になっていたことでしょうか。磨いて貰い、綺麗にはなりましたが、赤の退色自体は避けられないですからねぇ。

 新品交換したボンネットは当然として、表面補修&再塗装のバンパーやスポイラーについても無数の飛び石傷で出来たボコボコが綺麗に無くなり、新品交換したライトのレンズは見事な透明クリア。近所の板金工場で修理した際に、きちんと色合わせをして貰えなかったサイドスポイラーも見事に色合わせしてくれました。ボコボコは無数にあったので、補修作業は大変だったかと思います(汗)
 フロントスポイラーとバンパーの元々無塗装の部分については、今回つや消し黒で塗装をお願いしたのですが、仕上のクリア塗装をマットなクリア塗料で仕上げて貰えました。特に私から指定したモノでは無いのですが、ここまでザラザラ感があるクリア塗装があるんですね、知りませんでした。
 塗装でカバーしたことで、今後は日焼け劣化対策も万全です。

1008er2

 サスペンションリフレッシュでは、メニュー通りブッシュ圧入のパーツ(アーム類)は全交換。リヤ側は他にハイキャスロッドも交換。無交換のハイキャスモーターがボロく見えますね(苦笑)
 汚れで真っ黒になっていたニスモの前後スタビライザーも綺麗に掃除して貰い、シルバー色が復活しています。コレは予想していなかったので嬉しい誤算でした。

1008er3

 リヤ側はデフマウントブッシュ等が圧入されていることから、メンバーごとゴッソリ交換。ボディ側のマウントブッシュも新品になるので気持ちが良いです。
 オイル漏れを起こしていたデフのサイドフランジ部分も、シール交換でスッキリです。

1008er4

 フロント側はブッシュが仕込まれたアーム類を全交換。キャンバー角の維持及びサーキットでの強い負荷よるブッシュ破け(汁漏れ)対策として、アッパーアームとテンションロッドのみニスモ製を選択。(ブッシュ打ち替えと費用比較をしたら、ほぼ同額だったので新品交換を選択。)
 作業前は基本的にフルニスモ仕様だった足回りを純正仕様に戻したので、一部だけシルバー塗装です。なお、作業前には2度ほど「純正で良かったんですよね?」と念押し確認連絡が来ましたが(笑)、まぁ普通は逆ですもんね。。。
 また、フロント側も真っ黒だったスタビライザーが綺麗なシルバーになって嬉しい限り。

1008er5

 サイドスポイラーを割ってしまった際に折り曲げてしまった、左側サイドシル下部のジャッキアップポイント付近の板状の部分(名称はなんて呼ぶのでしょうかね?)の修正も板金屋さんに依頼したのですが、「取りあえず板を曲げ起こして適当な塗料でさび止めをして下さい」と依頼したのですが、作業後は見事な真っ直ぐ修正&塗装をして頂きました。
 予想より全然綺麗になってビックリでしたが、下回りが綺麗になっていると何か安心ですよね。

 しかしモータースポーツ室提携の板金屋の職人さんは凄い綺麗な仕事をしてくれますね。当然ながら費用も安くは無いですが、今後大きな塗装をする際はこちらでお願いしたいなぁ。

1008er6

 調整ダイヤルとか製廃になった場合に困らない様に、と部品確保用に渡された交換前のヘッドライト。持ち帰って改めて見るとレンズ部分の黄ばみが激しいですね。
 特に右側は新車装着時からの17年モノですから、変色の激しさを感じます。マシだったと思っていた約10年モノな左側も新品と比較すると劣化が凄いですね。

 引き取り後の帰宅時~本日までの乗り心地インプレッションですが、作業前の突き刺さる様なガツガツした衝撃が無くなりました!勿論車高調が入っているので固い事は固いのですが、路面状態が良いところを流して走ると若干フワフワな浮遊感を感じつつ、フラットな乗り心地を維持。この辺りが新品純正ブッシュの効果でしょうか。
 感覚的な表現をすると、ボディ下半分がカチッとしているのに振動とか不要な動きが全然無い、と言う感じですね。
 ブッシュ全交換するとこんなに違うんですね。どのブッシュが乗り心地に効いているのかは不明ですが、まぁ全部やっちまって正解だったと思います。
 ※勿論、元々が足の硬いクルマですから、ゴージャスな乗り心地にはなりません(笑)

 車高調のマウントブッシュもニスモから純正に交換したのも、変化に関係あるかも知れませんね。

 帰路途中の首都高で現行〇ル〇ァードに煽られたので、〇橋J〇Tにて横方向の負荷をソレなりにかけ走行してお引き取り(謎)を願ったのですが、感触としては初期にゆっくりとグニュッとブッシュが潰れ、その後は以前と変わらない安定状態を維持、と言った感じでした。
 ブッシュの柔らかさを計算に入れて走れば、サーキットでも全然問題無さそうですね!
 日常での乗り心地の確保を考えて、狙い通りの作業選択が出来たかも知れません。ちょっと筑波サーキットを一発走っておきたいですね。
 今のところ11月15日(水)の2000ファミ走を計画してはいるのですが、職場の有休消化があるものの、転勤してから休暇日選定が本当に自由にならないんですよねぇ。。。

 これまでクルマの内部には相当の金額を投入してきましたが、外観にここまで手が入るのは初めてかも知れません。見た目にも変化が解るのは本当に嬉しいですね!
 次は傷だらけのリヤスポイラーの塗装直しをしたいなぁ・・・(沼)

|

« デジイチ初試写とレンズ比較 | トップページ | 日焼け防止カバー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123183/65945248

この記事へのトラックバック一覧です: ER34の大規模リフレッシュ完了!:

« デジイチ初試写とレンズ比較 | トップページ | 日焼け防止カバー »