« 沼津港深海水族館に行ってみました | トップページ | 横浜コスモワールドでぐるり森大冒険 »

2017年9月17日 (日)

初めてのデジイチ購入・7年越しの作業・防湿庫

Dc1

 先日旅行した際に、水族館での撮影時におけるコンデジ性能(特にピント)の限界を感じ、勢いでデジタル一眼レフカメラのボディを買ってしまいました。ただし中古ですけど。

 購入したのはニコンD300の極上品で価格は税込み33,000でした。定価に対するこの価格は勿論訳ありで、当機種は約1年前にメーカーでのオーバーホールが打ち切られているから。
 なお、同機種のマイチェン版であるD300sならば現在もオーバーホールが可能ですが、そちらの中古価格はB級品であっても4万4千円オーバー。オーバーホールすれば合計8~9万円の買い物になってしまうので、デジイチ初心者としてはちょっと痛い出費になりそう。

 ならばもっとロークラスモデルの新品にすれば良いだろう、と普通は考えますが、手持ちのフィルム一眼レフがF100なので、気持ち的に同等クラスが欲しい事が先行してしまい、今回の買い物となりました。ズッシリとしたマグネシウムボディは所有する喜びがあるんですよ・・・。

 購入後に一応メーカーまでメンテ可否の判断も含めて送ってみましたが、やはり清掃のみで返却されてきました(汗)
 まぁ動作的には全然問題ないし、外観も非常に綺麗なので、手持ちのレンズを使って壊れるまで遊んでみようかと思います。でもDXフォーマットのレンズが1本くらい欲しくなりそうですね。。。

Dc2

 デジイチ購入を機にカメラ防湿庫を購入することにしたので、場所作りのために停滞していた週刊鉄道データファイルのバインダー作成を急いで完遂。最終巻発売から7年越しの作業がようやく終わりました。
 取りあえず落丁によるページ不足とか無かったので本当に良かったです。(いまさらバックナンバーは出版社にもありませんから)

Dc3

 そして購入した防湿庫がコレ。色々とサイズを含めて悩みましたが、結局ハクバのKED-60と言うモデルに決定。本体はサイズの割りに意外と重い物なんですね。

Dc4

 手持ちの一眼レフとコンデジ、ビデオカメラ、交換レンズ、ストロボ等を全部入れてみましたが、まだ全然余裕ありますね。湿度は設定「中」で42%付近をキープしているので、ゴム部品の加水分解劣化の心配は相当軽減されそうです。
 良い買い物をしたと思います。

|

« 沼津港深海水族館に行ってみました | トップページ | 横浜コスモワールドでぐるり森大冒険 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123183/65802875

この記事へのトラックバック一覧です: 初めてのデジイチ購入・7年越しの作業・防湿庫:

« 沼津港深海水族館に行ってみました | トップページ | 横浜コスモワールドでぐるり森大冒険 »