« 伊豆下田へ旅行(その3)~下田海中水族館篇~ | トップページ | 埼玉の公園シリーズその6:北本総合公園(でカブトムシ無料配布) »

2016年7月28日 (木)

クラゴン部屋筑波夏の陣に参加(ジムカーナ場&TC1000)

0705krg1

 以前からジムカーナ場とTC1000をセットにした練習に興味があり、今回やっと休暇取得を合わせることができて、7月5日(火)開催のクラゴン部屋筑波夏の陣に参加してきました。

 時期的に夏のエイト祭に向けてコソ練に来ていた方が1名いたり(笑)

 

 
 

 この日のコンディションは基本的にドライで、思いっきり走ることができました。午前はジムカーナ場で定常円を中心に走行する練習。

 今回のテーマは親方記事にもあるとおり、複合コーナー攻略。定常円でのグリップやヨーの感触も取り戻しつつ、複合コーナー攻略は正直難しいです。しかもミスコース連発(汗)

0705krg2

 午後からはTC1000に移動。今回は私の特に苦手な3~4コーナー攻略と最終コーナー攻略がセットになっていて嬉しい限り。

 私の車の場合、親方走見でも自分の走行でも4コーナーの走行ラインを比較すると、小さいラインよりも大きなラインで速度高めがコンマ2秒ほど速い様です。

 今回のテーマを実践してから、4コーナー立ち上がりと最終コーナー立ち上がりの狙い所(走り方)がハッキリしたのが凄く大きな収穫。いままで全部手探りで色々なことやっていたので、今後は無駄なく攻めて行けそうです。

 自分の走行時の車載映像を見て残念だったのは、想像以上にステアリングのソーイングが多くて(特に1コーナー)、加重変動が出て速度が上げられていないと言う事。今後の走行時に意識しておきましょう。

 備忘録的な車載映像。速い方の後ろを走行することにより、(クルマの違いから来る要因も考慮しつつ)ラインの違い等から得られる自分の(車両の)走行ラインや立ち上がり速度の比較が自分的に非常に解りやすかったので記録。
 ついでに3コーナーが2周ともミス(1回目が減速不足、2回目がアクセルオン早すぎ)しているので戒め的に。
 ※もし映像公開が問題ありましたらコメント下さい。

 

 

 しかし、親方走見では、今まで体験してきたTC1000の同乗走行では感じたことの無い定常区間のロール量にビックリ。この日のベストタイムも親方走見時のタイムを超えることができませんでした。

 次がいつ走行できるか不明ですが、今回の稽古をきちんと生かさないとですね。

 あと忘れないように減衰設定の記録。TC1000の場合、フロント5戻しのリヤ9戻しがベスト。フロント3戻しとリヤ5~7戻しだと伸びが悪いのかも。

|

« 伊豆下田へ旅行(その3)~下田海中水族館篇~ | トップページ | 埼玉の公園シリーズその6:北本総合公園(でカブトムシ無料配布) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123183/63978756

この記事へのトラックバック一覧です: クラゴン部屋筑波夏の陣に参加(ジムカーナ場&TC1000):

« 伊豆下田へ旅行(その3)~下田海中水族館篇~ | トップページ | 埼玉の公園シリーズその6:北本総合公園(でカブトムシ無料配布) »