« 埼玉の公園シリーズその4:キャンベルタウン野鳥の森 | トップページ | スカイラインの車高と次期街乗りタイヤ検討 »

2016年5月15日 (日)

スカイラインのオイル交換とリーフに自宅で充電

0507lf00

 今年1月のサーキット走行後にオイル類を行っておらず、そのまま法要等があったことで結構な距離を走ってしまったスカイライン。流石にやばいと思いつつもオイル交換の時間が取れなかったので放置状態だったのですが、シフトチェンジの際の渋さが厳しくなってきた&デフのチャタリングがかなり酷くなってきたので、先日(5月7日)ディーラーにてオイル交換入庫をしてきました。

 オイルは毎度スミマセンの持ち込み作業(汗)。エンジンオイルはまとめ買い日産エンデュランス、ミッションとデフオイルは2月のエイトリアンカップ(TC2000)の際に出店ブースでまとめ買いしたプレミアムジャパン製デルタオイル。

 プレミアムジャパンのミッションオイルは今回が初使用です。粘度が75W-140と高いのと、交換前に使用していたオイル銘柄によっては初回交換時に渋さが出るとのメーカーさんの説明で少々使用感に心配があったのですが、オイル交換後は全くもって快適!
 140番と言う固いオイルにも関わらず、スコスコ・ニュルニュルとギヤが入って行きます。交換前オイルは日産純正オイルだったのですが、これは全然問題ないようです。

 いやしかし良いですね、このオイル。あとは今月の27日(金)に筑波TC2000のファミ走を予定しているので、その時のフィーリングも楽しみになりました。

0507lf01

 オイル交換作業中は代車をお借りして一旦帰宅したのですが、今回の代車がリーフだったので自宅充電設備の動作確認を兼ねて充電をしてみることに。
 普段は軽自動車のデイズが多かったのですが、例の事件で使わない事になったのかな?(汗)

 初めて使う自宅の電気自動車用ソケット。車両の取説を見ながら接続しつつ充電開始。

 充電開始直前の充電量は恐らく80%急速充電後状態と思われ、航続可能距離は通常走行モードで160キロ表示でした。

0507lf02

 充電中の自宅電力消費状態。商用電源側が3.0kwで、エネファーム発電が0.3kw。その後エネファームがMAXの0.7kwまで上がりましたが、商用電源側は変化なしの3.0kw。

 商用電源が一定値をキープしていますね。そういう仕様なのかな?とは言え3.0kwと言えば30Aですから、充電中は結構な消費量です。
 その日の天候は涼しくてエアコン不使用で、時間的にも食洗機等の高電流機器を使わない時間帯だったので良かったですが、自動車の充電と高電流使用機器との併用は厳しいかも知れませんね。(ブレーカーが落ちそう)
 もし電気自動車を自宅充電するならば、料金的にもタイマーを使って夜間電力での充電が良さそうです。

0507lf03

 そして充電は約3.5時間でフルまで完了。自宅でほぼゼロからフル充電すると何時間かかるのだろうか(汗)。満充電状態での航続可能距離は、通常走行モードで210キロ表示。エコモードで227キロになりますが、このモードはガソリン車のエコモードと同様、実走行では到底使い物にならないモードなので、実態として約200キロ走行が可能と言ったところでしょう。

 ウチの実家のお爺さまが今のクルマを電気自動車(の軽)に乗り換えたがっているので、貴重な充電データを得ることが出来ました(笑)あと自宅のEVコンセントも問題なく使用できました。
 電気自動車はお年寄りみたいに近所しか乗らない人にとって、使い方さえ慣れればコストも含めて最適なのかも知れませんね。

|

« 埼玉の公園シリーズその4:キャンベルタウン野鳥の森 | トップページ | スカイラインの車高と次期街乗りタイヤ検討 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: スカイラインのオイル交換とリーフに自宅で充電:

« 埼玉の公園シリーズその4:キャンベルタウン野鳥の森 | トップページ | スカイラインの車高と次期街乗りタイヤ検討 »