« 第40回エイトリアンカップ | トップページ | 自宅庭に階段作成DIY »

2016年2月 5日 (金)

コムドライブに作業依頼

0130com1

 もう何年も前にER34に取り付けていたブーストコントローラですが、この度コムドライブにて取り外しをお願いしてきました。(1月23日預け~1月30日引き取り)

 実際のところ、ブーコンとしての機能は既に茨城在住中に最寄りのディーラーにて外して貰っており(ブーコン付属ソレノイドバルブ撤去・純正ソレノイドに復帰)、現在はデジタル表示のブースト圧計としてのみ機能させておりました。

 その理由は、ブーストアップに手を出してからタービン破損に始まり、芋づる式に故障が発生したため。
 ブースト圧の設定値を0.6程度にしておくとブーコンの設定値通りに動くのですが、設定値を0.65以上にすると設定値を遙かに超えるブースト圧まで上がってしまう事が常でした。原因は不明なままでしたので、それ以後ブーストアップは行わないと決めたのでした。
 結果、車内のインテリアにしておくものアレなので、ようやく取り外すことにしました。

 因みに先日のファミ走で記録した最大ブーストは0.71でした。有り難うございました!
 過去の冬期ナチュラルブーストアップ現象(オーバーシュート?)では、最大ブースト0.86の記録が過去最高でした。

0130com2

 ブーコン除去後の様子。オーディオ周辺やシフトレバー部と灰皿のパネルはGT-R後期用に変更したのですが、ブーコンコントローラ設置のため未使用(未開封)のまま保管してあった灰皿を設置してみました。

 なんか・・・日焼けによる多少の色違いが出ていますね(汗)
 ※購入時は間違いなく同じ色だった。

0130com3

 同時に作業をお願いしたのは運転席シートベルトアンカーの装着状態修正と、両面テープが剥がれてきた水温計の再装着。

 水温計を単に再装着するならば両面テープを貼り直せば良いだけですが、丁度水温計のメーカー(pivot)から汎用のメーターフードが販売されており、旧製品ながらサイズ的に装着できそうだったので、3D加工が非常に上手な大山メカニックに塗装を含めてお願いすることにしました。

0130com4

 仕上がりはバッチリ!自分がやると残念な結果になるので、お願いして本当に良かったです。

 作業後の車両受け取りの日は、丁度コムドライブ&山野哲也ファンクラブ合同新年会が行われることから、ウチの家族3人で参加してきました。(奥様はファンクラブ会員)

 現地では・・・他の参加者のお子様に妙になつかれたお陰で、自分家の息子との2人の保育士状態(汗)いや、散々抱っこだの連れ回されるだので、翌日腕がパンパンになりました(汗)

 本当は折角の機会なので、山野さんにRE-71Rの2年間使用した場合の性能劣化についてとか、メカニックの大山さんにキャリパーの2回目O/Hの事とか聞きたいことがあったのに聞きそびれてしまいました(汗)
 ただし、大山さんにハンス導入についてだけは何とか相談できました。いや、最近年のせいか(笑)首に横方向の負担がかかると肩こりを併発して首が痛くなるんですよ。古傷は完全には治らないと言うのも原因としてありそうなので、真剣に導入を考えています。

 ハンスの選び方とか製品ごとの使い勝手とか色々と相談できたので、今度具体的にお話を伺いに行こうかなと考えております。

0130com5

 新年会の最後にはビンゴ大会があるのですが、奥様がビンゴ大会恒例の「山野哲也匂いつきお宝グッズ」の一つ、使用済みアンダーウェアをゲット(笑)
 要は、山野選手が以前実際にレース等で使用していたヘルメットとかグローブとかをファンのために放出するモノなんですけど。

 勿論このアンダーウェアはFIA公認の買えば高い品なので、自分が走る時に着ようかな?と思って匂いを嗅いだら凄い香水系の匂いが(笑)

 匂い付きグッズって本当に匂い付きだったんだ!!と感激した後に洗濯機で洗って(ヒドイ)みたものの、匂いは全然落ちない。。。何という存在感だ!!(汗)

 匂いはともかく、何となく着て走ってみたら0.5秒くらいタイムアップする様な気がしませんか?今度試しに着て走ってみようかと思います(笑)
 ※腹部はちゃんと伸びるので無問題(爆)

 今回のお店までの往復は代車で快適だったのですが、久しぶりにつくばエクスプレスや関東鉄道に乗れなかった事だけは、ちょっと残念でした(笑)

|

« 第40回エイトリアンカップ | トップページ | 自宅庭に階段作成DIY »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: コムドライブに作業依頼:

« 第40回エイトリアンカップ | トップページ | 自宅庭に階段作成DIY »