« オーリンズ再装着 | トップページ | 久しぶり過ぎる筑波2000ファミ走 »

2015年5月17日 (日)

バスクリンのボディソープ「なごみ」

Nagomi

 私は元々ボディーソープは嫌いでした。出先で泊まったホテルに備え付けのボディソープで洗った後はヌルヌル感が消えなくて、「折角石けんで洗ったのになんで油っぽくなるんだ!?」と思っていました。

 後に奥様に聞いたところ、それは泡立ちを良くする「界面活性剤」の作用だと。また、そのヌルヌル感が潤い感として好意的に捉えられる顧客が多いとの事。

 でもヌルヌル感がどうしても好きになれず、それまでボディソープは敬遠していたのですが、ある日このバスクリン(旧:ツムラ)製の「なごみ」と言うヌルヌルしない、石けんの様な使い心地のボディソープに出会いました。

 この商品に出会った時は製品ラインナップが数種類あったのですが、現在は2商品のみでレギュラー製品も新規製品がずっと出ていない様子。
 石けん成分で作られたこの製品はヌルヌルしない代わりに泡立ちも石けん並みで、いわゆる「アワアワ」にはならない所が敬遠されている?何となく人気が微妙な雰囲気です(一番の原因は全然広告していないからかも)。

 取り扱い店舗も1つ、また1つと減ってゆき、現在はドラッグストア系の通販を利用する状況になっていました。

 ある日、ふとバスクリンの通販サイトを覗いてみたら、なんと!通販限定商品ではありますが、なごみの新製品が3つもありました!

 早速購入して現在愛用中です。メーカーの生い立ちの所為か、真面目に生薬配合やっていますね♪

 今後の(できればレギュラー)ラインナップ拡充に期待!ヌルヌルしないボディソープを探している方は試してみるとよろしいかも知れません。

|

« オーリンズ再装着 | トップページ | 久しぶり過ぎる筑波2000ファミ走 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123183/61601048

この記事へのトラックバック一覧です: バスクリンのボディソープ「なごみ」:

« オーリンズ再装着 | トップページ | 久しぶり過ぎる筑波2000ファミ走 »