« 家族でミニSLに乗りに | トップページ | 猫・奇跡の1枚 »

2014年12月 8日 (月)

西伊豆の土肥(とい)へ家族旅行

 今年度、私は勤続20周年と相成りまして、その記念の休暇と旅行券が職場から頂けましたので、先日(11月24日から)西伊豆の土肥温泉まで家族旅行に行ってきました。

 旅行補助のお陰で少し贅沢なお宿に泊まれることから、今回は「温泉が客室にある」をコンセプトにしました。理由は息子が大浴場に対応出来ないため&温泉を体験させたいため(笑)
 結果、朝夕の食事も客室で食べられたので、そちらも結果オーライになりました。(先日の八ヶ岳旅行では、レストランで食事どころでは無かったので(涙))

 行程は自宅⇒下道で圏央道の開通区間(桶川北本IC)⇒圏央道⇒厚木で降りて奥様の実家(神奈川県内)へ顔出し⇒西湘バイパス⇒箱根新道(ターンパイクでzoom zoomしてみたかったw)⇒エ□P(笑)⇒三島の楽寿園⇒土肥温泉(泊)⇒修善寺虹の郷か三津(みと)シーパラダイスか淡島マリンパーク⇒伊豆縦貫道⇒新東名高速⇒圏央道⇒自宅。

 圏央道を利用したのは、首都高を避けるバイパス線としての機能確認。結果、当日は首都高経由でも渋滞は無かったみたいで、単なる遠回りになったかも(汗)。でも渋滞が起こる雰囲気でも無かったので、東北道と完全に接続すれば利用価値は高そう。でも八王子や高尾方面経由だから結構な遠回りなのは間違いないですね。

1124erop

 箱根新道の完全走破は初めての体験。中間地点にあるチームエロンクスの集合場所(変態三島組だけ?)、エ□P(公式の呼称はハコPw)を見てみたかったので、今回見られて嬉しかったです(笑)。あと、三島側の道がゴキゲンなのは走ってスグに解りました(笑)
【写真はエ□Pw】

 翌日は基本を虹の郷に設定しますが、天候次第で行き先を変更することに。結果、荒天だったので三津シーパラダイスにしました。しかし西伊豆はドコ行くにも山道になるのでビックリ。そして山を抜けるといきなり海になるので二度ビックリ。

 伊豆縦貫道からは東名か新東名の選択が可能なのですが、折角なので新東名を初体験。なんか景色が独特ですね。表現しづらいのですが、標高が高いんですかね?


●楽寿園
 伊豆のお薦めについて、地元のmicさんに教えて貰った場所の1つ。箱根を下って到着した三島の気温の高さにまず驚きました。エ□Pでは寒い位だったのに、三島駅前は暖かかったのです。

1124rakujyuen

 本来は庭園をぐるりと巡る場所なのですが、息子のために動物見学と乗り物だけ遊ぶことに(笑)でも公共施設なので入園料自体が安めだから損した気分にはなりませんでした。

1124kouyou

 入り口付近でもイイ感じの紅葉がありました。ただ、行った時はまだ始まりと言った感じでしたね。

1124mamekisya

 最初は豆汽車に乗ってぐるりと2周。一応何の動物がいるかチェックが出来ます。

1124norimono

 その後息子は乗り物コーナーから離れることは無く(笑)動物コーナーに行っても「のりもの、いく!」と騒ぐので、結局乗り物コーナーに戻ることに(苦笑)
 ただ、到着時間が遅めだったので、閉園時間のタイムアウトに合わせて出発。公共施設だから(偏見?)閉園時間は早めな感じです。

1124panda

 動物コーナーのレッサーパンダが可愛かった。この尻尾はツボです♪

●たたみの宿湯の花亭
 宿泊のお宿は旅館「たたみの宿湯の花亭」。ここはエントランスから階段、エレベータ、客室に至るまで殆ど全て畳敷きと言うのが売り。

1124yunohanatei

 トイレまで畳敷きでした(笑)

1124rouka

 廊下はこんな感じ。エントランスで靴を脱ぐので、そこから先は気持ちの良い畳の感触を感じながら歩きます。

1124furoba

 客室の奥に露天の掛け流し温泉があります。

1124yubune

 お風呂はこんな感じ。外はすぐに砂浜になっていますが、夜だと真っ暗で波の音だけしてます。
 お湯はとっても気持ちよかったですが、身体は内風呂で洗うことになります。(露天で石けんの使用は不可)

1124uchiburo

 因みに内風呂(非温泉)はこんな感じ。息子によると、初めての温泉は熱かったそうです(汗)

1124bangohan1

 夕食①。駿河湾の海の幸。金目鯛やアワビが激うま。

1124bangohan2

 夕食②。やはり刺身でしょう。でもサザエはやっぱり苦手だった(苦笑)のど黒の刺身は初めて食べたかも。

1125asaburo

 翌朝の客室温泉。眼下に海が広がります。が、息子が起きる前に奥様と交代で昨晩入れなかった大浴場へ行きました。(24時間利用可)
 大浴場は普通の風呂と、湯船も畳敷きの露天風呂があります。この日は雨予報でしたが、早朝のお風呂タイムはギリギリ曇り空で露天風呂を満喫できました♪

1125asameshi1

 朝食①。自然薯が激うま。シラスやワサビ漬けは伊豆ならではですね。旨いです。

1125asameshi2

 朝食②。深海海老の手長海老と言ってました。テナガエビって深海エビなの?でも味は甘エビに似ていましたね。

 こちらのお宿、お値段もそれなりでしたが総じて満足度が高かったです。息子君は最近あまり真面目にご飯を食べてくれない(時期?)ので、折角の子供食が勿体なかったですが、食事中に騒いでもさほど周りに迷惑もかからないので、その点は良かったかもです。

●三津シーパラダイス
 施設としては小さめかも知れませんが、イルカショーは充実していますね。息子君はイルカは大好きなのですが、ショーのスピーカー音が嫌いで堪能はできず(苦笑)。

1125mitosea

 天候が悪かったので、屋外のフラミンゴとかは見るのを諦めました。(寒かったので。。。)

 ここではラッコがかつて飼育されていたそうですが、死んでしまってからはいないそうです。

1125rakkomodoki

 剥製がチケット販売コーナーにありましたが、足の短さやタンクの様な腹回りがウチの猫みたいで・・・・(苦笑)
【写真はウチのラッコモドキ】

 今回の旅行は結構タイトなスケジュールにしてしまいましたが、二日目の天候だけが悔やまれました。
 今度は修善寺辺りも行ってみたいですね。

|

« 家族でミニSLに乗りに | トップページ | 猫・奇跡の1枚 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123183/60781770

この記事へのトラックバック一覧です: 西伊豆の土肥(とい)へ家族旅行:

« 家族でミニSLに乗りに | トップページ | 猫・奇跡の1枚 »