« 夏のベタベタ対策 | トップページ | エアコン診断・見積出た »

2011年6月 4日 (土)

エアコン点検とブースト考察

 ER34のエアコンがここ数年真夏の効きが弱く感じてきたので、新車から10年以上点検すらしてなかったエアコンのチェックを、以前HCR32コソ練号のエアコン修理を依頼した熊谷の中村電池さんに依頼する事にしました。

0604march

 真夏に本当に効かなくなったら最悪ですからね。。。点検自体も少し時間が必要との事で、代車を借りました。久し振りのK12マーチです。そう言えば前回は1LのK11でしたね(笑)
 中は結構広く、ベーシックカーとしては十分でしょうね。運転する楽しみは殆どありませんが、それでもマーチカップや12SRなんてグレードがあった位だから、足やタイヤを変えるだけで激変するものなんですかねぇ?

 しかし、前回の修理代金が恐ろしかった事を思い出しました(爆)今回は・・・ガクブル。

 行きがけの高速でブーストのチェックをしてみましたが、0.60や0.65設定だと0.6未満で安定する傾向がありますが、0.7以上にすると一気に0.8とかに上がるんですよね。
 そう言えばブーストをコントロールするのに、強化アクチュエータってなんの為に必要なんでしょう・・・ブーストのコントロールはブーコンだけで可能では?それとも純正ブースト圧以上に上げる場合は実は強化タイプへの変更は必須とか?

 あとはスポーツキャタライザー(車検対応)に変更しているので、排圧の抜けが良すぎる?その可能性もあるのでしたら、来月車検なので作業ついでに純正戻しも検討中です。

|

« 夏のベタベタ対策 | トップページ | エアコン診断・見積出た »

コメント

別にブーコン付いてれば必要ないかと思いますが・・・ブースとの立ち上がりは違うような気がします。

ちなみに、業界人な友達によれば、標準のアクチュエータだと、RB25DETの場合かなり低い値から徐々にスイングバルブが開き始めるのだとか。

で、その友達含めてECR33な友達2人は、アクチュエータ不良でブースト掛からなくなってたり・・・

アクチュエータ単体では部品として取れないので、メンテの一環と考えて交換するのも良いのかも?

投稿: onakot | 2011年6月 5日 (日) 07:02

>>onakotさん
 あ、立ち上がりはブーコンの設定で遅くしているので対処は可能なのですが、高ブースト時にやたら押さえが効かないと言うか、上がり過ぎちゃうんですよね。イマイチ安定しないと言うか。。。しかもノーマルブースト領域だと全然問題ないと。

 アクチュエータ単体って部品無かったんですね(汗)タービンはリビルトで交換になったのですが、アクチュエータは付属していないそうで従来のを移植したそうです。そうなると強化アクチュエータを装着しても良いのかも知れませんね☆

投稿: まる元 【管理人】 | 2011年6月 5日 (日) 22:32

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123183/51856122

この記事へのトラックバック一覧です: エアコン点検とブースト考察:

« 夏のベタベタ対策 | トップページ | エアコン診断・見積出た »