« オイル交換とメタボ | トップページ | 走行会前日準備 »

2011年5月 3日 (火)

あしかがフラワーパークの大藤まつり

0503fujimatsuri

 奥様が折込広告で発見した、あしかがフラワーパークの藤まつり。私は当然知らなかったのですが、結構有名なものだったとか。そして色々と調べてみると、例年は激混みの人出で臨時列車まで走るとの事(←ココ重要)。

 早速えきネットでこの「快速足利藤まつり号」の予約を取ってみると、既に満員間近でギリギリ取れた感じ。でも行きの3号と帰りの2号は無事取れました。車輌情報も得ていなかったのですが、写真の通り国鉄色の183系でしたよ♪発車は高いホームの6番線でした。
 
 
 
 

0503f1

 この183系は波動用らしく、ヘッドマークには各種臨時列車の幕が用意されてました。

 例えばこんなの。①
 
 

0503f2

 他には・・・②
 
 
 
 

0503f3

 色々・・・・③
 
 
 
 

0503f4

 定期列車・・④
 
 
 
 

0503f5

 特急?・・・⑤
 
 
 
 

0503f6

 シュプール号みたいなもの?・・⑥
 
 
 
 

0503f7

 出てきました♪

 でも結構撮り逃しの幕もあります・・⑦
 
 

 列車は上野発で東北本線経由・小山から両毛線に入って桐生行きなのですが、この藤まつり最寄りの下車駅は手前の富田と言う駅。下車してから大体徒歩10数分で到着します。

0503fujim1

 駅前では地元商店街の方々がお弁当などを販売していましたが、入場後にその理由が判明(笑)フラワーパークへの入場者数が多くて園内の食事処が満員だからです。
 でも持っていっても、食べる所自体を探すのがちょっと大変かも。そして藤の花の咲き具合で入場料が変化するのですが、今日は満開になっているのでMAX価格の1,700円。

 いきなり自立型の藤の木が立派に♪
 

0503tsutsuji

 藤だけでなく、様々な花が植えてあります。このツツジもまた有名だとかで。

 赤の再現は機械に苦労かけます(笑)
 
 

0503fujis1

 ツツジの向こうに、白い藤の花が。
 花の咲く順番としては、薄紅色 → 紫(藤)色 → 白色 → 黄色(キングサリ)の順なのですが、現在は丁度薄紅色から紫に切り替わる頃。白はまだ咲き始めたばかりですね。
 
 

0503fujim2

 園内は小さい山の様になっているのですが、その斜面にも立派に咲き誇っています。
 
 
 
 

0503fujip1

 終わり間際とは言え、薄紅色もまだまだ綺麗に咲いています。丁度ピークですかな?

 私は薄紅色の藤を知らなかったので、ちょっと美しさに感激。
 
 

0503fujiy1

 変わった所では、紫の八重咲きの藤。
 
 長さは短いので、まるでブドウの実に見えなくもない(笑)
 
 
 

0503fujip2

 中心部には藤棚が多数作られていて、薄紅色の藤棚もまた見事。
 
 
 
 

0503fujioofuji

 有名(らしい)一番の代表作。大藤の藤棚。

 面積がハンパ無いです。また香りが良いんですよねぇ。房の長さもまた素晴らしい。
 
 

0503oodemari

 藤の合間や下には様々な花々が。これはオオデマリ。ポンポンしていて形が気に入りました♪
 
 
 
 

0503kemansou

 これはケマンソウ。奥様の実家にはこれの白色がありました。
 
 
 
 

 なんだかんだで半日タップリ堪能して帰路につきます。

0503_115

 藤まつり2号の直前に普通列車が来ますが、特に追い抜かれる訳でもないので結構な人が乗車しました。てか、富田駅は臨時入出場口がある程なので、利用客も非常に多かったです。普段は駅員さんも常駐しているのかどうか微妙ですが(苦笑)

 普通列車は115系と211系の国鉄型コンビ♪乗車した2号は、午前中の1号の折り返しでした。

 今年はGWが満開でありながら、自粛ムードのお陰で割と空いている方だとか。ある意味ジックリと堪能できましたが、来年はまた沢山のお客さんで埋まると良いですね。
 私も次は白い藤を堪能しに来たい所です。

|

« オイル交換とメタボ | トップページ | 走行会前日準備 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123183/51609583

この記事へのトラックバック一覧です: あしかがフラワーパークの大藤まつり:

« オイル交換とメタボ | トップページ | 走行会前日準備 »