« 鐵な金沢旅行(1日目) | トップページ | 鐵な金沢旅行(その3) »

2010年6月 5日 (土)

鐵な金沢旅行(2日目)

0605moning

 金沢駅の早朝、早速撮影大会(笑)良く見ると連結器のJRマークが緑なので東日本車なんですねぇ。

 以前はほぼ同着で隣りに北陸号がいた訳で。。。
 
 
 

0605narenohate

 反対側のホームには、475系と419系(旧583系)が。かつての急行列車と特急列車のなれの果て(悲)

 ある意味相当な年式でしょうけど、まだ現役なのが凄いです。419系は特急顔を期待したのですが、食パン顔のみで残念。
 

0605_419syanai

 419系の車内。

 座り心地は良さそう♪でも通勤時間帯に弱いのは見た目通りですね(苦笑)
 
 

0605raicho

 ホームでウダウダしていたら、翌日乗車する雷鳥8号がやって来ました(笑)

 てか、明日もこんな早い時間なのか。。。。(自業自得)
 
 

0605raicyouhead

 このマークももうじき見納めなんですねぇ。

 最後は583系の雷鳥も見てみたいのですが(汗)
 
 
 

0605raicyo2

 先頭側はパノラマグリーン車。車内からは前方が相当良く見える感じです。

 運転席の後はガラス張りでした。
 
 できたらこの車輌に乗りたかったですが、流石にグリーン車連発は不可能でした。
 

0605kanazawa

 いい加減外に出てみると(笑)、外は金沢百万石まつりの宣伝で一色。そう、今日は偶然にも百万石まつりの日でして、しかもパレードが行われるという♪

 ただ、お陰で市内バスメインルートが午後から全て運休になってしまうので、午前中に目当てを廻る事に。
 北陸鉄道バスの1日フリー乗車券(500円)を使って出かけます。コレは市内200円(均一?)区間で利用できる素晴らしい切符。
 

0605bus

 観光地にはこの「城下まち金沢周遊バス」が便利。勿論フリー乗車券で利用可能です。

 最初は橋場町(交番前)で下車した「ひがし茶屋街
 
 

0605higashi

 この茶屋街は見事な江戸時代風な風景を残しています。

 営業用自動車が入ると、結構興ざめしたり(苦笑)

 この周辺は結構昔の名残をよく残した建物が多かったです。
 

0605higashi2

 あちらこちらで見える赤い提灯は百万石まつりの提灯。

 休憩所もあったりして、この涼しげな部屋がタマりませんなぁ♪
 
 ただ、時間が早いのか開店前のお店が殆ど。おみやげ屋さんもある事だし、一旦移動して後で出直す事に。

0605ninjyaura

 次に来た場所は妙立寺(みょうりつじ)。通称「忍者寺」ですが、最初日光江戸村みたいに、忍者のアトラクションがある様な場所を想像してましたが、全然違いました(爆)

 ちなみに、ココはバス通りから入る裏側の入り口です。
 
 内部の見学は基本予約制なので、朝一番に電話して予約しました。
 

 

0605ninjya こちらが表門。加賀藩前田家が建立したお寺で、敵襲に備えた数々の仕掛けがまるで忍者屋敷の様なので忍者寺と言われる所以。

 見学は案内人の方がグループ単位で連れて行ってくれます。確かに1人だと道に迷う複雑さです。間違って4畳の切腹部屋に入ったら恐ろし過ぎる(汗)
 いや、一見の価値有りです。

0605shokuji

 ルートの都合上、一旦金沢駅に戻り再度ひがし茶屋街へ。目を付けていた茶房に早速入りました。

 お店の名前は久連波(くれは)。2階が座敷になっています。ココは喫茶と昼食が可能ですが、加賀友禅の着物やお土産の小物が多く取り扱っています。いやぁ、浴衣の反物が売っていたんですが、夫婦で唸る程の綺麗な生地でしたよ。
 

0605jibuni

 お昼は「治部煮(じぶに)」を注文。

 このお店の治部煮は出汁と醤油ベースと言う感じでしたが、味は絶品過ぎ!ちょっとヤバいですね。ハマりましたよ、コレは☆

 他にはカレーとかありましたが、コイツを選んで正解でした♪
 

0605kekkonnshiki

 外から「おめでとー!」と言うかけ声が聞こえたと思ったら、結婚式の列でした。

 いやぁ、風流ですねぇ。
 
 広島の厳島神社でも新郎新婦を見ましたが、古都金沢もまた格別なり。
 

0605asunaro

 お土産を購入後、奥様が相当来たがっていた「あすなろ細工・かみや」と言うお店。

 あすなろの木で作った小物が展示・販売されているのです。
 
 

0605asunarosaiku

 奥様は大分以前に来た事があるそうで、もう一度来たかったとの事。

 気に入った物が見つかったので、購入してきました♪
 
 店主のお話も面白かったですよ。
 

0605kanazawajyo

 お店から金沢城公園及び兼六園は間近なので歩いて向かう事に。パレードは金沢駅を出発して商店街を歩き、最後はこの公園まで来るのです。

 既に交通整理が始まっていましたが、到着まではまだ暫く時間がかかる様子。日陰は場所取りも始まっていました。
 

0605ocya

 あまりに暑いので、しばらく兼六園下の喫茶店で休憩(笑)

 この後お土産を購入しに行きましたが、お店のおばちゃん曰く昔はパレードの行列ももっと長かったらしいです。
 
 

0605pare1

 道ばたに陣取って、パレードの到着を待ちます。

 するとやって来ました。金沢駅を14:20に出発して兼六園下に16:00前後に到着します。 
 
 

0605pare2

 この様に道中は5カ所で演技タイムがあります。丁度この場所はその最後の場所。

 子供達や自衛隊などの演奏が先にやって来ます。
 
 ちなみに遠景は300mmの望遠レンズで撮影してます。
 

0605pare3

 ミス百万石がやって来ました。

 セドリックのオープンカーって、ドア下に補強剤が入っているんですね、やっぱり。
ちなみにホイールはグロリアのキャップが付いていました(爆)
 ココは顔出し(笑)
 

0605pare4

 こういう演技もあったり。
 
 
 
 
 

0605pare5

 獅子舞とかあったり。

 皆さん良い表情なので、目線消しが残念。
 
 
 

0605oshin

 ゲストその1として、女優の小林綾子さんがお松の方に扮してます。

 「おしん」のイメージは既に・・・(爆)
 
 
 

0605shishido

 ゲストその2として、俳優の宍戸開さんが前田利家に。

 やはり俳優はカッコイイんだなぁ、と思った瞬間。なんか表情の作り方が違うんですよね。
 
 

0605kanazawajyo2

 既に時間は夕方。今回は金沢城公園には行かずに、兼六園に行こうかと思います。

 夕暮れの金沢城跡。
 
 

0605kenrokuen

 本日兼六園は入場無料開放♪
 
 
 
 

0605matsu

 有名な松の木。

 デカイですねぇ。
 
 
 

0605shoubu

 菖蒲。コレって「しょうぶ」でも「あやめ」でも同じ漢字ですけど、どっち?(苦笑)
 
 
 
 

0605ike

 池と茶室

 自宅にも欲しい(違)
 
 
 

0605funsui

 この噴水、動力を使わない池の水圧で出る本当に昔からある噴水だそうです。

 かなりビックリ。
 
 

0605yuusyoku

 大分暗くなってしまったので退場。ちなみに本日は通常の閉園時間後にライトアップで再度入場が出来ます。

 ソレまでにおみやげ屋街で夕食を。ココの治部煮は味噌風味でしたが、個人的には昼の治部煮の味が最強ですね。お店によって大分味も違うかも知れません。でも刺身は本当に美味しいです。
 

0605nfunsui

 ライトアップの噴水。
 
 
 
 

0605nmatsu

 ライトアップの松の木。
 
 
 
 
 

 百万石まつりもあり大分動きも制限されてしまいましたが、かなり目一杯歩きました。
 流石に一日では全然廻りきれません。またリベンジに来ようかと思います。

 宿に着いたらバタンキューでした(苦笑)

(その3に続く)

|

« 鐵な金沢旅行(1日目) | トップページ | 鐵な金沢旅行(その3) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123183/48678491

この記事へのトラックバック一覧です: 鐵な金沢旅行(2日目):

« 鐵な金沢旅行(1日目) | トップページ | 鐵な金沢旅行(その3) »