« ぐるっと九州の旅(別府地獄めぐり篇) | トップページ | ぐるっと九州の旅(明礬温泉と鉄輪温泉と遊園地篇) »

2010年6月30日 (水)

ぐるっと九州旅行(ゆふいんの森篇)

0630fukuokaair

 元々は鹿児島県の田舎にご挨拶兼お墓参りに行くだけの予定だったのですが、折角九州に行くのだから他も見てみたいねぇ・・・お互い連休を取らないとイケナイ時期が初夏にありますねぇ・・・折角だから温泉でも♪、と言う事で場所の選定・通るルート・乗車する列車(爆)を吟味して、今回は久大本線・・・・・・じゃなくて別府温泉に中心を据える事としました。実は湯布院をメインにするつもりだったのですが、あまりに金額が跳ね上がるので今回はパスしました。でも結構寄らないと惜しい場所みたいですね。

 流石に関東~九州は飛行機です。新幹線は却下されました(笑)でも寝台特急が残っていた時代ならば確実に乗っていましたね(キッパリ)
 
 
 
 

 今回のルートは(も?)全て乗車する列車により行動予定時間が決定づけされます(爆)。メインは久大本線の特急「ゆふいんの森」と「ゆふデラックス」、そして九州新幹線の乗車です。
0630tsubame_2 博多10:17発のゆふいんの森3号に間に合わせる為に、羽田発JAL1番便(7:30発)に搭乗する必要があります。その為に地元駅を5:19発の始発電車で出発(爆)
 なぜJALかと言うと、+1,000円のクラスJに乗ってみたかったから(笑)いや、楽ちんですよコレは。

 若干の遅れが出ましたが、無事博多駅に10時頃に到着。出端で挫かれたら全てがパーになるので結構綱渡りです。
 博多駅では翌々日に乗車するリレーつばめ号が入っていました。
 

0630sonic

 反対側のホームには白いソニック号が。所謂にちりん号の現代版ですが、青いソニックと2種類あり、更には白いかもめ号と車輌を共用している感じです。(ややこしい)

 写真は青色枠の正真正銘ソニックカラーの車輌ですね。(かもめは黄色)

 九州は列車によってイメージカラーが決まっているのかな?
 

0630yufuin

 ゆふいんの森3号が入線してきました。キハ71の初代編成で、今日はこちらのみの運転。2代目を使った1号2号は運転時期が違うのかな?
 
 停車してあらためてディーゼルカーだと思い出しました。
 
 

0630yufuinnoren

 デッキに入るとゆふいんの森マークと仕切りにある暖簾(笑)
 
 
 
 
 

0630yufuinsyanai

 床が木製!

 結構イイ感じの展望です。ハイデッカーが効いているのかな?
 
 アイドリング音も殆ど聞こえません。
 

0630tenbou1

 指定座席に着いたら、なんと先頭でした!

 前面展望は全く期待していなかったので、コレは嬉しい誤算でした。
 
 
 

0630tenbou2

 鹿児島本線から久大本線に入ると、景色はこんなイイ感じに♪
 
 揺れも増大ですけど(苦笑)
 
 
 

0630ekiben1

 走り出せばお弁当♪博多駅で購入しておいたのですが、車内でも購入できたのでそちらでも良かったかな?

 私は阿蘇の赤牛弁当。
 
 

0630ekiben2

 奥様はまつりずし弁当♪
 
 
 
 
 

0630ice

 車内で限定販売のアイス。誘惑に負けて買ってしまいました(苦笑)
 
 柑橘の酸味まで楽しめて、非常にお薦めかもです。
 
 
 

0630jiontaki

 途中、慈恩(じおん)の滝の前では客室乗務員さんの案内と共に徐行運転もしてくれました。この女性の客室乗務員さんは各車両毎にいるらしく、マイク無しの肉声で観光案内をしてくれます。(少々声がデカい?)

 しかし「慈恩」の発音ですが、某「ジオン」になってしまいそうで(苦笑)

 「あの滝は・・・良い物だ!」(違)
 
 ちなみに徐行運転はゆふいんの森限定のサービスらしいです。

 「『ゆふ』とは違うのだよ、『ゆふ』とは!」(もういい)
 

0630yufuinst

 気がつけば湯布院駅に到着。乗客の殆どがこの駅で降ります。

 車内から見た感じでは閑静な駅前って感じですが、結構イイ感じの温泉街らしいですよ?
 次来る時はココと黒川温泉だな。。。
 

0630yufudx

 湯布院駅を出発すると、一時間程で終点大分駅に到着です。
久大本線と豊肥本線は高架ホームに到着しました。どうやら駅全体を高架化しているみたいで、工事真っ最中です。

 前方を見ると翌々日に乗車する「ゆふデラックス」号が待機中!
隣の普通列車は豊肥本線です。
 

0630toucyaku

 大分に無事到着。約3時間のノンビリ旅行を満喫しました♪

 流石はリゾート特急ですね。
 
 
 

0630noritsugi

 ココからまだ地上ホームの日豊本線に乗り換えて、別府駅に向かいます。

 やっぱりこういう古いホームの方が落ち着きますなぁ(笑)
 
 

0630nichirin

 大分と別府は近いのに何故大きな街が並んでいるのかな?と思ったら、途中は山に隔てられている感じでした。その辺りに理由があるのかな?

 別府駅に到着すると、発車待ちの485系にちりん号が待機中でした。

 しかし真っ赤な車体に文字だらけって。。。
 

0630beppu

 別府駅の前には地元大分の亀の井バス初代社長の像が。

 結構歴史があるバス会社らしいです。
 
 
 

0630teyu

 駅前に「手湯」があるのも温泉街らしいです。

 手を入れてみましたが、温度と言い凄く気持ちよかったです☆
 
 
 

この後は観光の始まりです【続く】

|

« ぐるっと九州の旅(別府地獄めぐり篇) | トップページ | ぐるっと九州の旅(明礬温泉と鉄輪温泉と遊園地篇) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123183/48828698

この記事へのトラックバック一覧です: ぐるっと九州旅行(ゆふいんの森篇):

« ぐるっと九州の旅(別府地獄めぐり篇) | トップページ | ぐるっと九州の旅(明礬温泉と鉄輪温泉と遊園地篇) »