« SL真岡鐵道でいちご三昧 | トップページ | ディーラーでオイル交換 »

2010年3月22日 (月)

今年最初の筑波TC1000ファミ走

0322er34

 年始から結構な頻度で走っていたような気がしますが、そう言えばTC1000を走っていない&今月のTC2000ファミ走は歯医者でキャンセル(苦笑)になった事から、予約無しで走れるTC1000に行ってきました。今日の奥様は走らずに付き添いで添乗です。

 TC1000の久々感触もそうですが、なによりもZ1☆の初体験とフロント235サイズの久々復帰の感触にドキドキ。225/45R17から235/45R17への変更なのでタイヤ外径が大きくなっていますが、取りあえずは車高そのまま。前以上に尻下がりになっているのでアンダーが更に強めになるんでしょうが、まずは走ってみないと。

 でも一番の心配は花粉症ですね、この時期は(涙)

 ※私は重症花粉症患者です。えぇ、もう患者歴23年目ですから・・・・(滝涙鼻水)
 
 
 
 

 この時期のティッシュは保湿タイプが最高です。もし入手が出来ない場合は軟らかプレミアムティッシュが最低限必須です。安物の数倍の値段ですが、安物では一日で鼻腔がブローします。これはもう「治療費」として考えるしかありませんが、難点は花粉症時期が過ぎても、その『あまりの快適さに』高級ティッシュを年間を通じて愛用してしまう事でしょう。ちなみに職場では机の引き出しにマイ・ハイクオリティ・ティッシュボックスが標準アイテムとして仕込まれています。
 なお、私はトイレットペーパーにも拘っておりまして、基本ダブルエンボスの・・・・って、だいぶ話が脱線したのでソレについてはまたの機会に。

0322jza80

 まだ3月と言う事で朝イチの枠で走行すれば、それなりのタイムが期待できそうな気温。ですが、仕事疲れもあって無理せず10時頃筑波に到着。家を出る時は7℃くらいでしたが、現地では既に10℃近い感じ。パドックは早朝タイムアタッカー達が抜けたと思われる空きスペースがチラホラだったので、適当に駐車。
 現地ではタービン交換で怪物に変身したJZA80スープラの3号店さんとご挨拶。そのパワー、やはりFSWとかの方が絶対に旨みがあります・・・よ?

 準備が取りあえず出来たので、午前中の最終枠に間に合ったので取りあえず走行。
気になるZ1☆の感触は、R1Rの様なベタベタに食い付く感じでは無く、なんか至ってフツーの感触。別に食わないと言うのでは無く、本当に特殊な感じがしない感じ。でも、R1Rの様な妙な腰砕け感が無いのが個人的には非常に扱いやすくて嬉しい所。そして思った以上に熱の入りが早く、空気圧が高まる後半から妙にグリップが無くなる感じ。
 ブレーキの縦グリップに関しては、タイヤ幅が広がったのでタイヤによる違いは不明。取りあえず良く効きました。後になって考えると減速しすぎな面が多々ありました。

 この枠では取りあえずアンダー・オーバーを随分と出して癖を掴もうと必死のドライブ。後半は随分とドリフト多発で少しタイヤを無駄に削った気が(汗)

0322er34dc2

 今日もウェストヒルの皆さんも熱心に走りに来ています。しょこ号は見学に来ていました。走りは当分厳しい様子でライバル不在の走行は、やはり寂しい。。。。。
 午後、混んでいると思われた一枠目は僅か数台のガラガラ。敢えて2枠目にしたら10台以上の混み混み(涙)券を購入する時に台数確認は必須ですね(汗)
 午前枠で外から見ていた3号店さんと走りの現状を確認。問題ある2コーナーと最終コーナーを特定してラインの確認を。
 この枠では相変わらず43秒台の走行でしたが、空気圧がどうやら2.3kを越えると途端にグリップしなくなるのを確認。温間圧は取りあえずこの辺りをターゲットとする事にしてみます。

 流石に不完全燃焼なので、もう一本走行追加。丁度走る前に走行券を購入に来たemuさんとご挨拶。今日もパルサーで走行の様子です。
 この枠も奥様にピット上からデジカメムービーで撮影して貰ったのですが、丁度同じ枠で白のER34が良いペース&良い感じで走っていたので比較してくれてました(感謝)。確かにこの白の方は速い・・・そして仕様が同じだった旧・深海号を思い出す・・・(遠い目)

 最終コーナーで向きの変え方がどうもイマイチなので、立ち上がりのラインをなんとか作ろうと必死こいて、コースイン2ラップ目で本日のベスト42"730が出て、一年ぶりのベスト更新になりました。でもまだまだ立ち上がりが不満だらけなんですよねぇ。もしかもすると車高調整で解決出来る話かも知れないので、今回タイヤハウスの擦れも無かった事だし次回調整してみる事にします。

【本日のベストラップ映像】
 
 
 
 

【ベストラップ外から映像】
 
 
 
 

 こういう比較をしてみると新たな発見があって面白いですね。ある意味TC1000限定ですが。

0322shiro

 で、最終コーナーの立ち上がりですが、白ER34さんはこんな感じ。(勝手に撮影したものを掲載させて頂きました。問題あったら削除致しますので連絡先までメールorコメント願います。)
 
 

0322gin

 そして私のがこんな感じ。立ち上がり方面の向きがイマイチに感じてます。

 ココで踏めると大分違いそう。クルマの調整もこの方向性でやってみます。
 
 

0322obu

 走行終了後、例によってこのお店に(笑)

 練習用のグローブがボロボロになっていたのですが、何故か2輪のこのお店に同じモノが売っていたので、色違いを購入♪
 
 
 
 

 そう言えばベスト更新が暑い午後の枠にも関わらず出たと言う事は、Z1☆のパフォーマンスが結構良いという現れ?
 横の剛性感はR1Rよりずっと好みなので、結果が出ればこちらを勝負タイヤにするのもアリかもですね。でももう一度R1Rは履いてみますが。

 本日走行された皆様、お疲れ様でした!

|

« SL真岡鐵道でいちご三昧 | トップページ | ディーラーでオイル交換 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123183/47927458

この記事へのトラックバック一覧です: 今年最初の筑波TC1000ファミ走:

« SL真岡鐵道でいちご三昧 | トップページ | ディーラーでオイル交換 »