« フルード漏れた | トップページ | 梨ジュースと栗づくし »

2009年10月 4日 (日)

栗拾いと蕎麦の秋

1004karatachien  冬も間近なので、秋を堪能し損ねてタマルカ!と言う事で、奥様絶賛ご所望中の栗拾いに行ってきました。

 なお、栗は日本一(らしい)の筑波栗と、指定有り(笑)。そして、「からたち園」と言う梨・栗・芋・大根(笑)の農園まで行ってきました。
 
 
 
 

1004sirasagi_2  現地へは高速で移動し、千代田・石岡ICで一般道へ。途中蕎麦畑の花が満開なのが見えたので、手短に見える場所(畑)に移動。

 シラサギがお出迎えしてくれました。しかし綺麗な白ですよねぇ♪
 
 

1004sobahatake  シラサギに負けない一面真っ白な蕎麦の花。
 
 
 
 
 

1004sobahana1  とても、あのソバ殻ができる花には見えません。
 
 
 
 
 

1004sobahana2  良く見ると、おしべはピンク色♪花の香りが蕎麦屋の香り・・・のワケない。
 
 
 
 
1004tsuyukusa  あぜ道にはツユクサが咲いてました。昔は普通にみられましたが、最近めっきり見なくなった気がします。
 
 
 
 

1004karatachi  立ち寄り後、程なくからたち園に到着。

 農園の由来である「からたち」の木が植えてありました。実が成っていますが食用は聞かないですよね?
 
 

1004hyoutan  農園にはひょうたんもありました。
 
 なお、入園料は大人1人500円で、入園後各種収穫関係や販売でお金を支払います。この入園料には各種作物の試食が含まれています。
 
 
 

1004kuribayashi  受付後、1㎏700円である旨指示されて、バケツ・軍手・ゴミ拾いみたいなハサミ(名称不明)を手渡されて林へ。
 途中梨畑と芋畑があります。

 それぞれ結構な人数が来ています。
 

1004igaguri  昨日大雨だったそうで、地面には沢山落ちています。

 イガの中に入っている栗は非常に少なくて、飛び出して落ちている栗が殆ど。また、状態の良いのも飛び出した栗が殆どでした。まるで木から直接中身だけが落ちてきている様??
 

1004sishoku1  2人で2.3㎏程収穫して支払い。奥様(のお母さん)直伝の丸栗を中心にチョイスしました。

 その後試食用として、茹で栗と梨(豊水)が出されて食させていただきます。
確かにどちらも美味いですねぇ!
 
 

1004sishoku2  茹で栗の中身はこんな感じ。

 その後実家に発送用の栗と梨を購入。発送用の梨(新高)の試食が付いてきました♪
 
 二種類の梨を戴けて、大満足。
 

1004nashi  農園の入り口には梨園が見えてました。しかし新高はデカイ!1個1㎏以上あるものもあるようです。

 農園を後にして、帰宅。途中ホームセンターに寄るので寄り道をしたら、徐々に空腹に(爆)
 
 

1004mizuhoichi  行く途中にある道の駅的な直売所に蕎麦屋があるのを思い出して、行ってみる事にしました。場所の名前は「みずほの村市場

 結構な人手です。
 
 
 

1004sobaya  これが蕎麦処の建物。なんでも築160年の民家を移設・改造して店舗にしたとか。

 難点は待ち時間が約1時間と言う事。実際にはそれ程かかりませんでしたが、その間に買い物でもして待つ事に。
 
 

1004suisya  写真は蕎麦処の脇にある水車。蕎麦を挽いているそうです。

 道の駅的(農協的?)な売り場に行くと、ふと目に留まった100%梨ジュースを購入。
100%梨ジュースって見た事無いので期待大です!
 
 
1004kaidan  

 蕎麦処に戻って、ココは2階があるそうです。正確には屋根裏?

 とは言え、当時の階段は恐ろしい程踏面が狭く、段も急です。降りる時は登る時と同じ姿勢で後ろ向きに降りるようにと、言われました(納得)
 
 

1004nikai  2階の様子はこんな感じ。

 宴会用に使っているのかもです。一応エレベーターがありました。納得(笑)
 
 
 

1004tenji  展示用の古い家具とかが置いてあります。
 
 
 
 
 

1004ikkai  今回食事したのは1階。

 趣きあって良いですねぇ。
 
 
 

1004shokuji  天ぷら蕎麦はこんな感じ。結構美味しいですが、量が欲しい方には不向きかも?

 そば湯が絶品でした。
 
 
 

 今日は天気も良く、絶好の秋晴れ。秋の味覚を堪能した一日でした。

 食のレポートは後日!

|

« フルード漏れた | トップページ | 梨ジュースと栗づくし »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123183/46393278

この記事へのトラックバック一覧です: 栗拾いと蕎麦の秋:

« フルード漏れた | トップページ | 梨ジュースと栗づくし »