« 今週は特急はつかり号の旅! | トップページ | 東北特急はつかり号で北海道の旅(その2:黒磯~青森篇) »

2009年3月20日 (金)

東北特急はつかり号で北海道の旅(その1:上野~黒磯篇)

0320headmark  私が現在住んでいる埼玉県に越してきたのは幼稚園から小学校に上がる時。幼少の頃から(筋金入り)の鐵だったワケですが、引っ越しの時に初めて通った上野駅は、発車を待つ東北・上越・信越・常磐方面に向かう特急・急行列車がズラリと並んでいる驚愕の光景でした。今思えば電車・客車列車・気動車と種類もバラエティ豊富でしたね。。。

 そんな中、東北本線を走破する青森行きの「はつかり号」は特別な存在であり、いつかコレに乗って食堂車でカレーを食べて・・なんて想像に胸を躍らせたものでした。

 気がつけば新幹線開業で優等列車はすっかり居なくなり、近距離の急行みたいな特急が走る現在ですが、ふとした切っ掛けでリバイバルはつかり号に乗るチャンスに巡り会えました。

 そんな長年の夢が叶う瞬間。

 いま、万感の想いを込めて、汽笛が鳴る…… 旅立つ中年の夢を乗せて、汽車がゆく(by 城達也)
 
 
 

【上野駅】
 約1時間前に到着。同行する相方さんより相当早いが、男の子は朝の準備に時間がかかるのです(え?)
0320roap  なお、列車の発車時刻は9:12。既にカメラ鐵達が集合しているが、思いの外人数は少なめに感じます。やはり全盛期は13両を誇った列車が、リバイバルとは言え6両と言う寂しい編成では絵的な美しさが・・と言う所でしょうか。
 駅職員が人避けロープを用意して入線に備えます(笑)

 9時3分頃にいよいよ13番線に入線!撮影時間が短いです!(心配はそこか・・・)
入線の様子はこんな感じ。(部分的に画像がボケるのはプライバシー保護です)
 
 
 
 

 583系は仙台編成でした。このイベント列車は5倍の競争率だったというのですから、秋田編成と併結して12両編成にしても良かったのでは?とか思ったり(汗)

 ヘッドマークはちゃんと「内蔵の」幕タイプで一安心。
 しかし人混みが凄くてなかなかシャッターが押せない(苦笑)

0320yukisakimaku  横の方向幕は残念ながら幕では無くてシールでした。流石にそこまではコストかけられなかった様で。
 記憶では「L特急」という文字があったような記憶があったのですが、どうやら列車名ごとに色別にした時期があったようですね。調べたら出てきました。

0320ueno583  やっとこさ人が少なくなってきたので近づいて撮影。年配の駅員さんが列車を眺めながら「いやぁ、素晴らしいねぇ」と呟いているのを聞き逃しませんでしたよ(笑)
 が、こんなコトをしていたら、今度は時間がピンチ!今日ばかりはこのあと(珍しく)乗車なので、慌てて乗車号車に向かいます。

【上野発車・大宮到着】
(9:12 → 9:38)

0320pos1  583系に乗るのは本当に久し振りです。そして上野駅から乗車するのは初めて。やはり胸一杯・感動一杯で、落ち着いて外の景色を見られません。毎日通勤で眺めている風景なのですが、「旅行」で「長距離特急」となると違って見えるのが不思議です。

 所でこの583系は寝台列車でもあるので、座席は向かい合わせのボックスシート。しかも指定された席は進行方向逆側で長い行程を心配しました。特に同行してくれる相方さんが・・・。が、彼女の感想は「座り心地が良い」とのこと。確かに最近の列車の様にカチカチの固さが無くて、むしろフワフワと柔らかい位。バケット形状シートでは無いですが、前後左右方向に非常に広い椅子なので(丁度シングルベッドに2人づつ並んで4人座るイメージ)、思いの外快適なのかも知れません。

 出発後すぐに行程表と運行時刻表(黒磯まで)が配られました。停車駅は大宮・宇都宮・黒磯・郡山・福島・仙台・盛岡・八戸・青森の順。乗車時間は11時間以上!
 車内で誰かが話していましたが、定期列車時代は8時間台の運転で3時間以上遅いダイヤになりますが、特に宇都宮までは超・ノロノロ運転になるとか。確かに凄く速度が遅いですね。どうも各駅停車の速度に合わせているとか。

 程なく大宮到着で約2分の停車時間。流石に乗り降りする人は・・・と思ったら、撮影部隊が下車している様子。「ナンという気合い組だ・・」と思うと同時に、「そうか、撮影できるのか」と良からぬ事を考え始めたり(おい)

【大宮発車・宇都宮到着】
(9:40 → 10:58)

0320pos2  無事撮影部隊も戻った様子で、大宮を発車。しばらくして本当の長年の夢であった「地元利用駅を東北特急に乗って通過する」を達成して1人感激していました♪
 正確には臨時「はくつる」号で八戸に行った時に達成はしているのですが、真っ暗でしかもデッキでしか見れなかったと言うので、今回がやっと念願達成となったのです!
 あ、車内のあちこちに、「当時仕様」のポスターとかが貼られています☆

0320hatsusabo  大宮を発車すると、乗車記念のサボが1枚配布されます。そして当然のように「別絵柄」のサボが「販売」されます(苦笑)
 まぁ、配布はエサでしょうから、話に乗っておく事にしましょう(爆)
 個人的に、サボはプラスチックよりも鉄製の方が・・・(笑)

 

0320cyoro583  この列車には、普通の車内販売も乗り込んでいるので、飲食関係には困りません。また特別グッズの他にも普通のグッズもあるので、荷物用にエコバッグ(新幹線絵柄)も購入しました。ただし、飲み物に関しては今回沢山配布があった為特に購入する必要はありませんでしたが(笑)なお、特別グッズとは写真の品の様なヤツです(汗)

 

0320utsunomiya583  徐行運転の末、ようやく宇都宮到着。踏切では遅くて迷惑だった事でしょう(汗)
宇都宮駅は高架下なので暗い暗い(汗)
 ココでは4分停車だったので、撮影に出ました。やはり各駅にて記録写真は撮っておかないと(笑)
 

【宇都宮発車・黒磯到着】
(11:02 → 11:49)

0320kowameshi  宇都宮を発車して程なく、お昼のお弁当が配布されます。地域独自の駅弁があるのが鉄道の強みですね。やはり歴史ですか(遠い目)
 配布されたのは「日光強めし」。「にっこうこわめし」と読みます。2段重ねの弁当で、白米とおこわが半分づつと言う事もあって食いでがあります(汗)一応弁当にも「はつかりシール」が貼ってあったのですが、食後は普通に捨てていました。。。

0320kuroso583  食事終了後、黒磯に到着。ココでは7分間の停車時間があるので、比較的ゆっくり撮影。ココで気付いたのが階段を駆け上がる人たち。まさか・・・?と思ったらそのまさかで、隣のホームまで行き編成写真を撮っていました。

 そうか!その手があったのか!!(おい)

 次の郡山は・・10分停車。イケる!!(あ・・)

 停車中、ずっと外にいたので直流→交流構内切替えの様子は不明でした(涙)

【次回・その2に続く】

|

« 今週は特急はつかり号の旅! | トップページ | 東北特急はつかり号で北海道の旅(その2:黒磯~青森篇) »

コメント

停車中、ずっと車内にいたので(笑)、直流・交流切り替え経験しましたよw
以前、常磐線藤代駅付近でやっていた切り替え同様いったん電気が豆球のみの状態になりましたー

投稿: みゅう | 2009年4月30日 (木) 08:19

おぉ!停車中にやはり同じ事が行われているのね!

豆球が点くのは、古めの列車の証ですなあ(*´∀`*)

投稿: まる元(管理人) | 2009年5月 1日 (金) 14:49

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123183/44839108

この記事へのトラックバック一覧です: 東北特急はつかり号で北海道の旅(その1:上野~黒磯篇):

» リバイバル583系「はつかり」撮影☆ [来年の目標に向けて・・・]
[続きを読む]

受信: 2009年5月 8日 (金) 09:36

« 今週は特急はつかり号の旅! | トップページ | 東北特急はつかり号で北海道の旅(その2:黒磯~青森篇) »