« 東北特急はつかり号で北海道の旅(その2:黒磯~青森篇) | トップページ | 東北特急はつかり号で北海道の旅(その4:函館~帰宅・完結篇) »

2009年3月21日 (土)

東北特急はつかり号で北海道の旅(その3:青森~函館篇)

 日付も変わり、いよいよ函館に向けて出発です。到着は明け方6時前。

0321asasyanai  ココで、ん?函館までそんなにかかるの?と気付く方もおられるかと思いますが、途中数駅で運転停車を行う訳です。特に蟹田駅では3時間20分の停車を行い、時間調整をします。

 目覚めの景色はこんな感じです。余計に景色を見る為に朝発車の方が・・・(マダ言うか)
 
 
 
 

【青森発車・函館到着】
(0:08 → 5:57)
 一応リクライニングシートは目一杯(全員)倒しているのですが、シートピッチの狭さはいかんともし難く、通路側だった私は廊下に半分足を投げ出す体勢。相方さんはちょっと狭そうで、コレが後に響く事に。。。
 途中海峡線の奥内と蟹田、江差線の木古内、泉沢、茂辺地、七重浜で運転停車を行うようです。(寝ていたので。。。)

 疲れている所為か、そんな環境でも即・寝落ちました(汗)そして途中駅で停車中に、子供が「カシオペアに抜かされた!」と叫んだのを相方さんが聞いたそうです(笑)

 そしてトイレに一旦立った際に(既に照明は減光されていた)、体の不調を訴える相方さん(涙)と足の伸ばせる通路側に窓側から交代。どうやら縮こまっていたのが原因ぽいが・・・しばらく辛いのが残ったそうです。(スミマセン。。。。)
 しかし、トイレの尿の臭いが強烈で、老廃物が大量に出ている様子(汗)

 次に目が覚めたのは、高速で坂を下っている時。どうも青函トンネルを走行中だったっぽいのですが(確か140km/h位出すとか?)、またしても一瞬で気絶。

 次に目が覚めたのは、夜明けの江差線の中でした。あぁ、懐かしいこの車内の気だるさ(汗)ふと周りを見回すといたはずの人が結構消えていました。
 皆さん他の車両に移ったのでしょうが、空き席があったんですかね?恐らく空車があれば向かい合わせで足延ばしていたハズ。しくじったか。。。

0321jyousyakinen  照明が復活すると同時に放送が入り、若干の遅れで到着するとの事。そして寝起きの状態で「乗車証明書」を配るとの事。

 全く頭が働きませんが、取りあえず受け取りました(笑)この証明書は函館まで乗車の人のみで、網走に行く人は次の列車で別絵柄のを貰えるそうです。

0321hakodate485  時間的には6時を過ぎましたでしょうか。快晴の函館駅に到着。空気が綺麗です。寝不足で快調とは言えませんが(苦笑)

 無事函館まで運転しました、はつかり号の485系。お疲れ様でした。そして「はつかり号」で行く上野~函館乗車の旅が終了しました。本当、忘れられない旅とはこのことですね!
 シートがもう少し柔らかければ、と思わざるを得ないのが残念でした。

0321ootori183  そして、強者達はここからキハ183系の「おおとり号」に乗って網走まで行きます。
このカラーリングは初めて実物を見ました。と言うか、北海道専用車両を見るのは初めてです。豪雪対策万全の雪国仕様のパイオニアですね!

 

0321abashiri  広い北海道を横断する強行軍。札幌でも遠いのに更に遙か東へ向かい、流刑地で有名な網走へ・・・到着は夜の8時過ぎ(汗)
 私は・・・・当初から遠慮させていただきました!!乗車される皆さん、頑張って下さい!

 

0321syuppatsu  そして朝日の中、函館駅を出発!

 一度俊足と言われる北海道気動車に乗ってみたいモノです。
 
 
 

0321hakodatetokkyuu  函館駅で並ぶ特急群。左からはつかり号・スーパー白鳥号・スーパーはくと号。
 はくとはディーゼル特急です。
 
 あまりデザイン的に好みでないのが難点(汗)古い人間なんですねぇ。
 

0321orz  綺麗な函館駅。駅前のモニュメントを見て、「orzみたい」と相方さんがボソり(汗)
 
 気温寒すぎですが、北海道に来たら新鮮な海鮮でしょう!どんぶり横町へ向かいます。
 
 

0321hakodateyama  駅前は開けているのに、横を見ると函館山が(笑)

 裏山みたいで違和感を感じました(苦笑)
 
 

0321shiden  外に出る前に一応市内観光(&宿泊場所への)移動手段として、市電一日券を購入。駅の売店で購入できます。
 価格は大人600円なり。
 
 

0321umineko  駅前の通りに、デカいウミネコが(汗)
あまりの堂々とした態度に、クルマの方が避けて行きます。と言うか、避けざるを得ないデカさです(笑)

 なんかノシノシと歩いていますが。。。
 
 

0321hokketeisyoku  取りあえず疲れているので、カラダに優しい?焼き魚をば。北海道と言えばホッケでしょう!
 元々好きなのですが、やはりデカくて肉厚なホッケは見事でした♪
 焼くのにも少々時間がかかります。魚にうるさい相方さんも満足だったかな?
 

0321ichiba  裏手が市場になります。試食の蟹は非常に美味かった!と言うか、カニ味噌を美味いと思ったのは生まれて初めてです(笑)脱走するカニも必見?

 とは言え、観光客向けの勧誘には振り払う勇気が必要ですので、ご注意を(笑)
 

0321akarenga  このまま駅前から市電に乗って赤煉瓦倉庫へ。丁度開店時間でした。外側は古い赤煉瓦の建物ですが、中は今風のショッピングモール。数棟に渡ってショップに改造されていましたが、一部の建物は改築?中でした。

 場所的に海の真横(まぁ、元・倉庫ですしね)と言う事もあって寒い気温が更に冷やされて氷のような気温(汗)外の写真を2人で撮って、そそくさと店内に入りました。

0321snafflles  この中に入っていた洋菓子屋さんの「ペイストリー・スナッフルス」というお店が美味しいとの情報を得ていたので、購入。
 口の中で溶けるチーズオムレットと蒸し焼きショコラと言う焼き菓子。。上手く言葉に表現できないのですが、マジお勧めです!!!

 

0321hakodatemachi  この後に元町公園方面へ散策。高台で函館市が一望できます。今回は行きませんでしたが、次回は体調を整えて(笑)函館山に行きたいですね。ロープウェイが見えました。
 
 
 

 お昼に駅前のどんぶり横町にてラーメンを食した後に(美味かったです)、宿泊先の五稜郭方面に市電で向かいます。
 丁度ホテルの近くに丸井今井デパートを発見。学生時代伊勢丹でバイトをしていたのですが、産地直送で名前だけを聞いていた丸井今井デパートを、ココで見る事になるとは思いませんでした(笑)

0321goryoukaku  折角来たので、一応五稜郭にも行ってみようと言う事になり、五稜郭タワーに行ってみました。
 取りあえず五稜郭を一望♪

 しかし高いタワーですね。一際目立っていますが、なにより函館が山に囲まれているのが驚きました。

 花の季節になったら、今度は五稜郭自体に降りたってみたい所です。

 折角来たと言う事で函館観光を堪能しました。えぇ、体力の限界に挑戦でしたが(苦笑)ちょっと無理をし過ぎましたかね。。。本日はこのまま爆睡必死で、明日早めの出発に備えます。

【次回・その4に続く】

|

« 東北特急はつかり号で北海道の旅(その2:黒磯~青森篇) | トップページ | 東北特急はつかり号で北海道の旅(その4:函館~帰宅・完結篇) »

コメント

桜満開の五稜郭に行ってみたいねぇ(´∀`)
でも…485系はもう勘弁してくだせぇ(/_\;)マイリマシタ

投稿: みゅう | 2009年5月 8日 (金) 14:04

>>みゅうさん
 冬以外の時期に行ってみたいね。花満開の北海道は魅力的なイメージがあるから☆

 古めの485系の椅子は結構クッション効いていて快適なんだが、アレはちょっと辛かったねぇ。

 今度古い椅子車両な、ホームライナーに乗ってみるかい?(笑)

投稿: まる元(管理人) | 2009年5月 9日 (土) 00:29

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123183/44937076

この記事へのトラックバック一覧です: 東北特急はつかり号で北海道の旅(その3:青森~函館篇):

« 東北特急はつかり号で北海道の旅(その2:黒磯~青森篇) | トップページ | 東北特急はつかり号で北海道の旅(その4:函館~帰宅・完結篇) »