« 軽井沢旅行(その1) EF55碓氷号乗車 | トップページ | 軽井沢旅行(その3) 帰り、そして再び »

2009年1月11日 (日)

軽井沢旅行(その2) 小諸懐古園訪問

0111shinano  私の母方の田舎が長野県の佐久地方(だいぶ山の方ですが)で、小さい頃は休みになると遊びに行っていました。そして信越線から小諸駅で小海線に乗り換えていた訳ですが、この小諸駅の駅前にあると言われていた小諸城址懐古園には行った事がありませんでした。

 最近懐古園近くの蕎麦屋さんの情報を得ていた事もあり、寒かったですが行ってみる事にしました。
 行程は、しなの鉄道の普通列車でのんびり旅行です。
 
 
 

0111_115kei  かつての信越本線から私鉄化されたしなの鉄道。使用する列車はJR時代そのままの115系と169系。形式変更すら受けていませんので、塗装以外はそのままでした。ただしトイレは全て撤去されています。(物置化?)
 

0111karuizawa  一部展示用ホーム(なぜか立ち入り禁止?)になっており、実質2番線しか残っていません。EF63が待機した広い構内も、新幹線用地になったのでしょうか?
 しかし雪の所為で寒い寒い。
 
 

0111_115syanai  懐かしい115系の車内。椅子は交換され、窓枠はピカピカに磨かれていました。大事に使われている様で好感が持てます。
 かつてはコレで毎日通勤・通学していたんですよねぇ。
 コイルバネの悪い乗り心地も久々です♪

0111asamayama1  新幹線では絶対に味わえない風景がコレ。浅間山です。今日は天気も良く、雪化粧した上に噴火もあったので見事な景色となりました。
 
 
 

0111asamayama2  新幹線だと山の中を走行するので、絶対に味わえないんですよね。丁度山を避けてぐるりと迂回する感じで走るので、正面と横が走りながら見られます。
 
 

0111komoro115  あっと言う間に小諸に到着。列車の多くはこの小諸で終点で、ここから先は乗り換えで長野行きに乗る事になります。
 長野行きはJR車両でした。乗り入れているんですねぇ。
 

0111sobaya  かつては凄く賑わっていた駅蕎麦屋さん。今でも営業が行われているのが嬉しかったり。
 それにしても、この駅の人気の無さにはショックすら受けました。かつては人がごった返していたんですが、すっかり新幹線の佐久平駅に人の流れが移ってしまったのでしょうか?
 

0111komoroekisoto  小諸駅は小海線だけがJRになっているのですが、駅舎自体にはしなの鉄道のマークしかありません。経営は私鉄?
 駅前は昔ながらの光景でした。タクシーが沢山止まっていましたが、利用客が結構いる証拠?
 懐古園はこの駅前ではなく、自由通路(高架橋)を渡った場所にありますので、駅の裏手が正しいです。

0111sannomon  三の門が入り口となります。入って直ぐに資料館がありますが、基本的に全て有料です。共通入場券を購入すれば入り放題です。
 資料館で係の方に色々とお話しを聞く事が出来ました。
 

0111ninomon  基本的には一部の門と城壁だけが残っていて、完全に城跡となっています。この石壁は当時からのものだそうです。
 
 

0111keyaki  大きなケヤキの木がありました。城があった頃からの木でしょうか?
 宿り木が沢山付いているのが印象的でした。相方さん曰く、こんなに沢山宿り木があるのは初めて見たとか。
 
 
 

 

 

0111jinjya  園内は資料館や沢山の桜の木がある感じ。本丸の跡に神社が建設されています。名前も懐古神社。
 
 
 

0111kairakuen  珍しく小諸城の設計図が城壁関係も含めてほぼ完璧に残っているそうで、復元も可能だそうですが現在のところその計画は無いそうです。そもそも城の一部を鉄道が分断してしまっているとか。
 静かで良い場所でした。桜の季節にまた来たいです。
 

0111kusabue  もう一つの目的、蕎麦屋の草笛です。創業は本当に古いようです。噂どおり非常に美味しい蕎麦でしたが、定食に付いていたおはぎの味が絶品でした。
 是非おためしアレ。
 

0111nuko  忘れてはいけない、店長の猫「チビ」ちゃん(店員さんが呼んでいました)です(笑)今日はストーブの前で熟睡してました。
 
 

 

0111hirahara  小諸のとなり駅「平原」の近くによさげな喫茶店があったので興味を持ったのですが、何故か最寄り駅は遠い新幹線の駅となっていました。理由は行ってみて納得。田んぼの中の無人駅でした(汗)
 クルマで入ってくるのすら厳しそうですが、乗降客はちゃんといました。皆さんどちらからいらして・・・?

0111karuoutlet1  割と早めに軽井沢に戻ってきたので、昨日のアウトレットリベンジ(笑)

 今日は風が無かったのでだいぶ行動が楽でした。
 

 

0111karuoutlet2  しかし日が落ちると寒さが凄くて・・一般的なアウトレットは割と遅くまで営業していますが、ここは19時まで。まぁ納得です(汗)
 夕暮れの景色は綺麗でした。
 

 昨日の教訓を生かして、今日は早めに宿に戻ります。(続く)

|

« 軽井沢旅行(その1) EF55碓氷号乗車 | トップページ | 軽井沢旅行(その3) 帰り、そして再び »

コメント

佐久、上田は学生時代の友達がいるので、結構親しみありますね。

なんか信越に限らず、新幹線重視になってから、かつての旅を楽しむ雰囲気が消えつつありますよね。

駅そばも「お客が少なくて続けていけない」状態になってしまうのでしょうか?

長岡駅や、青函連絡船の待合室の駅そば好きだったな。

投稿: onakot | 2009年1月19日 (月) 00:19

小海線で思い出しました・・・

キハE200に一回乗りに行かないとw

http://ja.wikipedia.org/wiki/JR%E6%9D%B1%E6%97%A5%E6%9C%AC%E3%82%AD%E3%83%8FE200%E5%BD%A2%E6%B0%97%E5%8B%95%E8%BB%8A

投稿: 某黒RS | 2009年1月19日 (月) 11:35

>>onakotさん
 飛行機や新幹線は早く着くのは便利ですが、「旅」という醍醐味が味わえないのが最大の難点ですね。

 のんびり旅は、そんな大事な「何か」を提供してくれる気がします。駅そば程旅情をかき立てるモノは無いですね。
 長岡・青森・・・雪国の待合室は独特の雰囲気が感じられて最高です!

>>某黒RSさん
 行きますか?鉄道文化むら訪問も兼ねて♪

 でも、もう少し暖かくなってからでお願いします。。。

投稿: まる元(管理人) | 2009年1月21日 (水) 00:26

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123183/43784457

この記事へのトラックバック一覧です: 軽井沢旅行(その2) 小諸懐古園訪問:

« 軽井沢旅行(その1) EF55碓氷号乗車 | トップページ | 軽井沢旅行(その3) 帰り、そして再び »