« マガジン2冊 | トップページ | 軽井沢旅行(その2) 小諸懐古園訪問 »

2009年1月10日 (土)

軽井沢旅行(その1) EF55碓氷号乗車

 冬!冬と言えば寒い!寒いと言えば長野!長野と言えば軽井沢?軽井沢と言えば碓氷峠!碓氷峠と言えば峠の釜飯!!峠の釜飯と言えば信越本線!!♪

0110takasaki  と言う訳で冬の季節に敢えて極寒の長野県まで、寒さに弱い相方さんと旅行に行ってきました(すまんのう・・)。行きの行程、と言うかメインの目的は、2009年1月の運転で引退となる高崎車両センターのEF55-1号機が運転する臨時快速列車「EF55碓氷号」への乗車です。
 今回の列車は、イベントでお馴染みのEF64-1000を補機に従えた上野発の水上行きでは無く、高崎発の横川行きと言う短区間運転でした。貴重なEF55単機牽引を堪能できます。
 
 
 

 上野からは上越新幹線で高崎まで向かいます。既に指定席は完売で、見回すとスキー客が大勢います。スキーのイメージとしては夜中に出発して朝から滑ると言う先入観があるのですが、今は遅めに行って昼間に滑るのが普通なのでしょうか?
 高崎に到着すると、既にお仲間の鐵達がいます。獲物(=列車)を待つ姿は、日本全国昔から変わらない風物詩です(笑)

0110ef55nyuusen  数本の列車をやり過ごしますが、その列車で練習撮影をするのも変わらない風景(笑)
そして案内放送の後、汽笛と共にゆっくりとムーミンことEF55が入線してきます。てか、入線速度が異様に遅い気がしますが(汗)人を轢かない配慮でしょうか?それとも既に老体によりパワーが出ないのでしょうか?(涙)

0110ef55sidep  車体は引退運転に備えて、塗装も含めて綺麗に整備されていました。登場から現在まで一貫しての「茶ガマ」は美しい光沢を放っています。日立製の製造プレートには「昭和11年製」の表記が。70年前ですか。。。

 

0110dai2end  特徴的な第2エンド。まず先頭に立つ事は無い側ですが、一応運転台はちゃんとあるそうです。この蒸気機関車みたいな構造が使い勝手の悪さだったりするんですね。
 3両しか製造されなかった所以もこんな所にあるのかも知れません。
 

0110_12kei  客車はイベント用の12系客車6両です。ちゃんとトイレにも行ってきましたが、昔のままですねぇ。洗面台も捻っている間だけ水が出る、不便な装備のままで安心しました(?)
 久し振りに急行型の椅子に座りましたが、ボックスシートとは言え広さに感動。普通列車のボックスとは一線を画す訳ですね。

0110toucyaku  定刻になり、列車が発車します。速度は非常に抑えめ。沿線にはカメラマンが多数います。駅周辺だと鐵風味の無い人々がコンパクトカメラを抱えて撮影中?
 停車駅はかつての急行列車とほぼ同じでした。勿論途中下車する人も、乗車する人もいないのでしょうが。車内は若干の空席が。きっぷは完売しているのですから、収集だけでなく折角だから乗ればよいのに・・と思ってしまいます。そしてあっと言う間に終点横川に到着。

0110ef55yokokawa  横川駅も実質1番と3番の2ホームだけになってしまいました。以前は4番ホームに189系とEF63が展示してありましたが、あまりの荒れ具合に撤去した模様。一部は鉄道文化むらで保存されている様ですね。
 かつては普段からこの位活気のあった横川駅ですが、新幹線開業ですっかり寂しくなってしまいました。

0110mark  ヘッドマークのアップ。当時の技術でこの流線型を作るのは大変だったことでしょう。まさに職人の手作り?
 そう言えば新幹線の先頭部の流線型は、職人の叩きだしによる手作りだそうですが、最新鋭のN700でもそうなんでしょうか?
 

0110sabo  サボも専用のモノが用意されました。
 
 
 

0110dd51  最後尾には、回送用のDD51ディーゼル機関車が連結されています。滅多にこの機関車は見られませんが、やっぱりデカイですねぇ。それにしてもこちらも綺麗に整備されています。
 あと、今回初めて富士フイルムのREALA ACE 100を使ってみましたが、微粒子振りにビックリです。

0110dd51yokokawa  高崎方面を臨みます。かつては補機のEF63が沢山待機していて、ここを通る全ての列車の峠越えを手助けしていたんですよねぇ。広い構内が寂しさを助長します(涙)
 幼い頃は田舎に行く時に必ず通っていた場所なので、寂しさもひとしおです。
 

0110ef55yane  跨線橋から屋根上。車内放送で言ってましたが、太平洋戦争中に受けた空襲で弾が貫通した跡が今でも残されているそうです。
 戦争の生き証人ですね。マサに。
 
 

0110ef55side  サイドビュー。運転席の扉には窓が無いのは流線型のイメージに寄るモノ?
 この1番線ホームにいた駅売りの釜飯を購入。当初は駅前のテント下で食べるつもりでしたが、思いの外時間を浪費(汗)したので軽井沢行きのバスに取りあえず持ち込み。流石に食べませんが・・・。
 しかし、碓氷バイパス経由のバスは、結構味気ない気が。。。
 

0110karuizawast  軽井沢駅到着。気温がグッと冷え込みます。各施設に必ず扉が付いているのは保温のためですね。待合室が綺麗で広かったので、ここで釜飯の食事をしました。
 JRとしなの鉄道のマークが並びます。
 
 

0110prinsski  ここからは軽井沢のアウトレットで買い物。プリンスホテルの系列なんですね。裏山には直営のスキー場があります。
 
 しかし、寒さが尋常じゃ無い。。。。。(氷涙)
 

0110karuizawaoutlet  なにしろこんな感じ(汗)しかも風が強く、この場所に立っているのも苦痛でした。ズボンのお直しの店に往復するのも命がけ(実話)
 結局一部分の店しか見る事が出来ませんでした。寒すぎて。テナントに入っている間は良いのですが、出た瞬間に凍ります(氷汗)終了時間も早いので、夕食後早々に宿泊先に向かいました。日が落ちると寒すぎて危険な位です(氷)

0110kinenhin  今日の乗車記念と購入したレプリカサボ(の裏側に記念証明)。なかなかこういうイベント列車に乗れない(てか、初めて?)のですが、非常に良い経験をしました。

 旅自体は、続く♪

|

« マガジン2冊 | トップページ | 軽井沢旅行(その2) 小諸懐古園訪問 »

コメント

ハァハァ...ヴッ...謎

EF55最後の花道ですね。

横川駅4番線のEF63と189も撤去されちゃいましたか。

鉄なクルマ仲間と文化むらに行き、記念撮影したのは遠い昔...

その時来たドリカーナにFUGAで参加する元BNR34乗り、通い詰めてEF63を運転したそうです。笑

投稿: onakot | 2009年1月16日 (金) 08:28

>>onakotさん
 今週末に、本当のさよならイベントが鉄道文化むらで行われるそうです。
 高崎でSLのお見送りもあるとか・・・泣かせますねぇ。

 あの4番線は放置状態で結構悲惨でしたから、結果的に一部正式展示になって良かったのかもです。しかし、EF63の運転。アレは高いんですよねぇ。流石です☆

投稿: まる元(管理人) | 2009年1月16日 (金) 23:05

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123183/43753309

この記事へのトラックバック一覧です: 軽井沢旅行(その1) EF55碓氷号乗車:

« マガジン2冊 | トップページ | 軽井沢旅行(その2) 小諸懐古園訪問 »