« TC1000ファミリー走行とお買い物 | トップページ | SuperGTは痛車盛り!? »

2008年11月 2日 (日)

刻の止まった蕎麦屋とGT観戦準備

1102kanban  相方さんがだいぶ前に行った事があると言う「囲炉裏端で食べられるおソバ屋さん」の話を聞いて、一度は訪れて見たいと思っていました。
 ふと、栃木へのお買い物ついでに立ち寄ろうと言う事になり、行ってみました。お店の名前は「たろっぺ茶屋」。たろっぺとは、タラの芽の事だそうです。ウチの畑にもタラの芽はあったハズだが、味が思い出せない。。。
 
 
 
 

1102tarrope4  それはさておき、当時は老夫婦がゆったりと営業していたとの事でしたが、店の駐車場は満杯で、道路に路駐が出来る程の賑わい。厨房も沢山の(近所のお母さん達風ですが)人たちが気勢を上げながら(笑)注文とかを切り盛りしてました。
 

1102tarrope1  まぁ店構えを見て下さい。昔の茶屋なんですかね?入って右側がテーブル(和室テーブルみたいなヤツ)席で、左側が2つある囲炉裏席となっています(囲炉裏が2つある)。この囲炉裏はちゃんと炭が燃やしてありました。
 

1102tarrope2  店の外側には祠?があります。その道路側には生けすがあって、天ぷら用のイワナ・ます・ウグイなどが泳いでいます。庭木の多さもまた良し。
 
 

1102tarrope3  軒先を見ても時代が止まったような趣・・・この奥には離れのような座敷席と、椅子着席のテーブル席があり、収容人数的には奥の方がメインの様です。つまり、囲炉裏席の方が圧倒的に少ない、と。そんな囲炉裏席に通されたのは非常にラッキーだったと言えましょう。ちなみに最初はお通しのお茶とお漬け物が出ました。味は最高♪
 

1102osoba  こんな感じの席と料理です。山芋つなぎの美味しいおそばでした。店内も昔ながらの時計や旅行鞄など小屋風のアイテムがぎっしり。中に碍子に繋がれた電線ははい回っていましたが、ホンモノらしいので感電注意です。 お茶を戴きながらマッタリと過ごす・・ドアや窓は開けっ放しで、山の空気が流れて穏やかな時間が過ごせます。前の道路を大型バイクが通りさえしなければ(苦笑)

 冬場はストーブが入るそうで、かなり寒そうではありますが再び訪れてみたいです。

1102wild1  その後は宇都宮市街にあるアウトドアショップ「WILD-1」で防寒具やGTに必要な観戦用具の買い出し。やはりこの手のアイテムはスポーツショップよりもアウトドアショップに限りますなぁ。取りあえず必要道具はほぼ揃いました♪先日のD1ですら寒さが堪えたので、万全の準備で行きたい所です。

 しかしFSWの食事やショップのブースは、なんとなく期待できないのが難点(汗)

|

« TC1000ファミリー走行とお買い物 | トップページ | SuperGTは痛車盛り!? »

コメント

たろっぺ茶屋のそばがきしるこ美味しかったね~!
他にもそばがきしるこ出してくれる店どこかにあるかなあ?

WILD-1はお気に入りなので、ウチの近くにも出店して欲しいなり。

投稿: みゅう | 2008年11月 5日 (水) 23:20

>>みゅうさん
 そばがき汁粉・・本当に美味かった。と言うか「そばがき」を単体で食べてみたいっす。
 アンテナ引っかかるかな?(笑)

投稿: まる元(管理人) | 2008年11月 7日 (金) 00:00

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123183/43022693

この記事へのトラックバック一覧です: 刻の止まった蕎麦屋とGT観戦準備:

« TC1000ファミリー走行とお買い物 | トップページ | SuperGTは痛車盛り!? »