« 箱根避暑旅行記(大涌谷篇) | トップページ | 豪華昼食と筑波(未走行) »

2008年7月21日 (月)

箱根避暑旅行記(強羅篇)

0721goura_2  強羅編と言っても、殆ど強羅には滞在しなかったのですが(汗)旅もいよいよ最終日です。

 朝の中強羅駅で見ました、ケーブルカーの線路を渡る方法。列車は両側のドアを開くので車内を通り抜けて渡っていました(爆)本当にクルマで道路を渡るには、強羅駅まで降りないとダメみたいです(汗)

 強羅から一駅乗って彫刻の森美術館に行き、強羅に戻って昼食後下山の予定です。
 
 
 

0721ajisai  強羅でもアジサイは咲いています。私が撮るとどれも同じに見えるのですが、一応今回撮影したアジサイはどれも違う感じのを撮ったのですが(汗)
 

 

0721cyoukokunomori  箱根フリーパスの強みを生かして、強羅からは登山鉄道で一駅だけ乗り、彫刻の森駅で下車。小さい頃に来た時の写真では登山鉄道は駅舎とは反対側のホームに停まっていたのですが、現在は使用中止していました。
 それはさておき、物心付いてからは初めての彫刻の森美術館です。

0721cyoukoku  広場では噴水が涼しいですね。美術館の中の様子は、フジテレビ放送終了直前のCMでしか見た記憶がありませんから(笑)、非常に楽しみです。また、入り口に足湯の案内が・・・なんでも敷地内に温泉が出るらしくて、ソレを利用した施設だそうです。

0721cyoukoku1  入ったらいきなりスタンプラリーが行われていました。取りあえずやりませんでしたが(爆)なんか人が飛んでいる像が高々とそびえ立っています。

 

0721cyoukoku2  こんなのもあります。比較的解りやすいもの~難解なモノと色々とありますね(汗)この像の集落の先に足湯がありました。タオルを購入すると代金100円かかりますが、基本的に無料です。足湯は初めて入りましたが、体中が暖かくなって驚きました。ソレこそ顔が汗ばむ感じです。場所は絵画館の隣です。
 

0721cyoukoku3  難解なのは、コレ系(苦笑)私の脳みそは彫刻向きでは無いのでしょうか?写真は残しませんでしたが、ピカソ館は結構楽しめました。青の時代の絵がもっと見たかったですねぇ。

 

0721tozan2000  意外に時間がかかってしまったので、昼食の為に強羅に戻ります。因みに帰りの荷物も「箱根キャリーサービス」にて宿から箱根湯本駅まで送ってもらっていますので、ほぼ手ぶら状態ですから快適です。帰りの利用料支払いは湯本駅での着払いです。因みに強羅駅は到着ホームと発車ホームが別なんですね。到着後一旦写真の場所まで下がって・・・

0721tozan2000b  到着ホームの隣の線に入って、即発車する様です。因みに最新鋭の2000系ですね。しかし、何となくロスの多いやり方に見えますが・・・その間踏切は閉まりっぱなしですし(汗)

 

 昼食は割と話題になっている「田村銀かつ亭」に行こうと思ったのですが、待ち人数が20人位の話にならない状況(汗)仕方がないので近所のそば屋さんにてそば定食を注文。空いているので心配しましたが、結構美味しかったです。ただ、少々値が高いかな?と言う気もしましたが。
0721tozan1000  実は銀かつ亭に向かう前に「銀とうふ」というお店を発見。普通の豆腐屋さんなのですが、豆腐マニアの私の目に「すくい(しゃくり?)豆腐」という文字が目に入ります。どうやら出来たての豆腐をそのまま器に移したものらしいですが・・風味タップリで凄く美味しかったです。因みに持ち帰りは不可で、その場で食べます。この店名からも想像付くように、銀かつ亭の豆腐かつの豆腐はこの豆腐屋さんの品らしいです。駅に戻ると1000系が入線。取りあえず全種類の車輌を目にすることが出来ました(笑)

0721jigyousya  強羅のホームで野良猫を見物していたら、事業用車方面に歩いて行きましたが・・・確かこの列車って、元は普通の旅客用車輌で、改造で生まれたとかナンとか。。。ここから箱根湯本まで乗りましたが、カーブのキツさがハンパでは無いです!脱輪防止ガイドレールとフランジがこすれる音が、ナンかもう「ゴリゴリ」と言う音がしてますよ(汗)勾配も恐ろしく凄くて、抵抗器が屋根の上にあるのも納得です。相当の発熱でしょうねぇ。因みに箱根湯本駅に到着後、駅員が車輪にホースで水をかけていました(汗)

0721exe  向かいのホームにはEXE車輌のはこね号が停車中。やはり通勤列車みたいで寂しいデザインですね。。。
 
 

0721vse  一旦荷物を受け取りに改札外へ。そして戻ると程なく乗車するVSEが到着しました。曲面多用が今風ですが、運転席が狭そう(汗)意外と広いんですかねぇ。
 

0721vsetenbou  帰りも勿論展望席。前から3番目が辛い所です。VSEの展望席は一枚ガラスのキャノピーみたいですね。流石にシートピッチが広くて、荷物を足下に置いても広々快適です。この列車だと、各座席にメニューが置いてあり、注文を受けに来るのでその際に注文すると後で席まで運んできてくれるシステム。勿論食後のゴミや容器は回収に来てくれますが、このシステムは快適ですね。JRとかでもやって欲しい位です。

0721sansen  展望席の恩恵で、箱根湯本~入生田の1区間だけ3線軌条が残っているのを確認しました。どうやら入生田に登山鉄道車輌の基地があるようです。でもここだけ、ってナンか寂しいですねぇ。

 

0721vsebentou1  車内販売の際に、取りあえずVSE弁当を頼みましたが、満腹だったので夕食用としました。プラスチック弁当箱でかなりリアルだと思いませんか?(笑)因みに1個が1人分ですので、2両セットではありません。

 

0721vsebentou2  中身はこんな感じ。何となく中間車が欲しくなってきます(違)弁当箱として利用しても良し、小物入れにしても良しですね♪

 

0721romancebentou  サンドイッチにはこんな箱に入っているモノもありました。NSEが無い・・・これ以外にもMSE(青いロマンスカー)の弁当箱もありました。なかなかマニアックでよろしいではないでしょうか?因みにコレ、私が買ったんじゃ・・無いんで・・・すよ?実は(笑)

 小田原から箱根迄の旅行でしたが、随分と厳選したつもりでも少々詰め込みすぎた感じが無きにしもあらずでした。でもお腹いっぱい見て乗れて触れて回れたのでこの上なく満足な旅行となりました♪【おしまひ】

|

« 箱根避暑旅行記(大涌谷篇) | トップページ | 豪華昼食と筑波(未走行) »

コメント

結構、霧とかで、が~ん...な時もあるんですが、結構いろいろ回られたみたいで☆

今度は、オフシーズンにスカイラインでドライブへ行ってみては?箱根から垣間見える富士山(運次第...なんですが)とか、快晴の日の千石原のススキ野なども、自分的には感動モノですヨ♪

投稿: こんめ | 2008年8月11日 (月) 22:51

>>こんめさん
 以前何度かクルマで行ったのですが、要所要所が渋滞で大変な目に・・・(涙)

 箱根スカイラインは殺風景でしたし・・。

 あ、でも仙石原は親戚の別荘があるから良いかもですね。ススキの見どころがあるとは知りませんでした(驚)

 そっち方面ならば・・うん、良さそうですなぁ☆

投稿: まる元(管理人) | 2008年8月11日 (月) 22:57

家族と本日仙石原に行ったら、すすきまつり(8/25)のポスターを見ましたよ☆
あの辺なら渋滞回避ルートあるからクルマでも行きやすいね♪

投稿: みゅう | 2008年8月12日 (火) 00:28

>>みゅうさん
 祭りになるほど有名とは・・昔は家の近所でも「みみずく」が作れる程群生してましたが(遠い目)

 回避ルート体験がてら、行ってみますかの??

投稿: まる元(管理人) | 2008年8月13日 (水) 00:30

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123183/42139282

この記事へのトラックバック一覧です: 箱根避暑旅行記(強羅篇):

« 箱根避暑旅行記(大涌谷篇) | トップページ | 豪華昼食と筑波(未走行) »