« 箱根避暑旅行記(小田原篇) | トップページ | 箱根避暑旅行記(大涌谷篇) »

2008年7月20日 (日)

箱根避暑旅行記(芦ノ湖篇)

0720yumotosen  小田原の朝、駅前はガランとしています。目に付くのは黄色いRX-8が停まっているだけ。そして2人とも黄色のエイトを見慣れた存在として見ている辺り、筑波サーキットに行き過ぎなんだろうなぁと実感するのでした(爆)

 小田原から箱根湯本へ移動するのですが、かつては登山鉄道の列車が直通しており途中の風祭駅などは小田急の列車がホームからはみ出して停車しているイメージがあったのですが・・・現在はご覧の通り小田急の列車のみ運行されています。と言うかこの区間は登山鉄道の路線だったと記憶していたのですが、小田急箱根登山線という名前になっていました。有名な3線軌条の線路が取り払われて、普通の狭軌2線になっています。
 
 

 早めに小田原を出発する理由は、箱根湯本駅では「箱根キャリーサービス」と言う、手荷物を箱根地区の宿泊先まで搬送してくれるサービスを利用するからです。宿泊用の大荷物は預けてしまい、観光に必要な手荷物だけ持って歩き回る。こんな超・便利サービスが荷物一個あたり600~700円で利用でき、箱根フリーパス利用者は割引も可能とあって、利用しない手は無いのでした。

0720yumotoeki  箱根湯本駅ではあじさい電車の看板が多数。この時期なのに箱根ではまだあじさいが咲いているみたいです。夜のライトアップはさぞかし綺麗そうですが♪到着ホームは半分が小田急でもう半分が登山鉄道に分断されていました。直通運転は本当に止めたようですね。

0720tozan  到着すると古いモハ2型が停車中。新型の冷房車が殆どを占める中、この1型を含めて古い列車が多数現役なのは驚きです。が、やっぱり登山鉄道のイメージはこの列車ですよね☆旧ロマンスカーのカラーが個人的には大好きです。

0720hakoneyumoto  湯本駅は改装中で手狭でしたが、無事荷物を預けてバスに乗ります。ここから先の区間は全てフリーパスで自由に乗り降り出来るのです。が、駅前はやはり狭いので道路の縁石みたいな場所でバスを待ちます(笑)
 芦ノ湖に向かう場合、一般的には箱根街道の強羅方面に向かうのですが(実際本数も多い)、ちょっと変わった旧街道経由での経路で向かってみることにしました。

 この旧街道、本当に狭い道でよくもまぁバスが走れるな(汗)という道を進みます。実際途中は凄い峠道で、気温もグングン下がって至極快適♪天然のクーラーは最高ですねぇ。。。
0720kyuukaidou  そして到着したのは箱根旧街道の甘酒茶屋。旧街道を通ったのはココに来てみたかったから(笑)その茶屋の隣には箱根旧街道資料館がありまして、築ウン百年の民家を移設して設立したそうです。入館料はフリーパス割引で50円(爆)入館料取る意味があるのでしょうか・・?しかし、古い建物は静かで涼しくて本当に素晴らしい・・・。
 デジカメの電池が無くなり写真は無いのですが、甘酒茶屋では美味しい甘酒を頂きました。店の裏に露天があるとは思いませんでしたが、旧街道の歩行者用道路が通っていました。歩いて来た方々には本当に茶屋としての機能があるのかも知れませんね。

0720motohakonekou  その後バスに乗り、元箱根港に到着。現地の道路は大渋滞です・・・本当にバスにして良かった(汗)ここは後に乗る海賊船の途中停泊港や遊覧船の発着港になっており、食事処も多いので随分と人が集まる様です。あまりの混雑に、ココで食事は出来ませんでした(涙)

0720motohakoneajisai  港周辺はアジサイが沢山咲いています。湖を背景にすると・・絵になりますが私の写真のウデマエでは(汗) 
 

  
0720narukawa  港近くの「成川美術館」に入ってみました。以前箱根に来た時から気になっていたのです。特に高台の見晴らしが。まぁ、美術館の静かな雰囲気が好きなのもあるんですがね(汗)
 
 
0720narukawamae  そして高台の風景。外に出ることも出来るのですが、そこで絵を描いてらっしゃる方々が多数おられました。この風景ならばさぞかし良い絵が出来上がることでしょう♪
 

0720suginamiki  美術館を後にして、徒歩にて箱根関所に立ち寄りつつ箱根町港に向かうのですが、途中の杉並木は見事なモノでした。隣りに国道1号線(で良いのかな?)が走っているのですが、騒音がかき消されて静かなのです。そしてミストシャワーのような霧が立ちこめて涼しいことこの上なし。

 

 

0720sugiajisai  ここにもアジサイが沢山咲いてました。他にも小さな花が多数。
 
 

 

0720sekisyoedo  恩賜公園を横目に見て、路地を入り込むと箱根関所跡がありました。因みに通行するだけならば無料で、本当に関所を通らないと通過できません(笑)こちらは江戸口御門です。ちなみに資料館に入るのを忘れていました(爆)

0720toomiban  入って左手の高台に遠見番所が見えます。街道はもちろんのこと、湖上の通行も足軽達が見張っていたそうです。怖いですねぇ。この場所には展望の広場になっている様ですが、歩き疲れていたので登りませんでした(笑)

 

0720asigaru  足軽番所です。閉所恐怖症の方にはタマらない牢獄がありました。怖いですねぇ(その2)
 
 
 

0720sekisyonaka  大番所の中です。番所がわざわざ二つに分かれているのは何故でしょうかねぇ?こちらには風呂や台所とかもありました。基本的に排水は芦ノ湖直通でした(笑)
 

 
0720sekisyokyou  関所の京口御門です。イザ通過してみると関所自体は凄く短いのだ、と変な所で感動していました。まぁ宿場では無いから、用途を考えると当然ですが。

 

0720hakonemachi  箱根町の港に到着。クルマだとここで芦ノ湖から離れていきます。ここから海賊船に乗って、先ほどの元箱根港を経由して桃源台に向かいます。芦ノ湖縦断ですね。

 

0720kaizoku  海賊船入港。結構でかくて、ほぼ満員状態です。何となく座れない感じがしたので、席に余裕のあった特別船室の券を買うことに。これも割引で400円なり。
 
 
 

 

0720kippu  今回の旅行で小田急の新宿駅でもそうでしたが、きっぷに「ハサミ」を入れる姿を目にしました。今時はスタンプを押印するモノだと思ってましたが・・・ある意味新鮮☆

 

0720kojyou  湖上の景色。本当に広いのですが、意外と釣り船が多くてビックリ。あとラジコンボートの競技会もやっていました。操作する人が実際のボートに乗り、ラジコンを追い掛ける競技でしたね。
 大型船とぶつからないのが不思議でした(汗)

0720tougendai  桃源台港に到着。ここから乗り換えです。【続く】

|

« 箱根避暑旅行記(小田原篇) | トップページ | 箱根避暑旅行記(大涌谷篇) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123183/42126390

この記事へのトラックバック一覧です: 箱根避暑旅行記(芦ノ湖篇):

« 箱根避暑旅行記(小田原篇) | トップページ | 箱根避暑旅行記(大涌谷篇) »