« デカいは正義? | トップページ | 箱根避暑旅行記(芦ノ湖篇) »

2008年7月19日 (土)

箱根避暑旅行記(小田原篇)

0719uiroukanban 事の始まりは相方さんと電話で話していた、私の「ういろう」好きの話題でした。「ういろう」と言えば名古屋。名古屋と言えば「ういろう」と私の中では決まっていたのですが、相方さん曰く「ういろう」の発祥は名古屋ではなく小田原であると言うこと。しかも元々は「外郎(ういろう)」と言う薬の名前であり、そこの薬屋さんで調剤の待ち時間に出したお菓子を「お菓子のういろう」と言うモノだと言うこと。そして、その店は今でも存在する・・・。

 そう、名古屋の青柳ういろうを一本丸ごと食べる私としては、食さずにはいられずに現地に向かうこととなりました(一部誇張表現アリ)。因みにメインは箱根旅行です(笑)
 
 
 

0719vse 箱根に行くのならば小田急。小田急と言えばロマンスカー。ロマンスカーと言えば展望車。ロマンスカーの展望車を予約と言う訳で、意気揚々と乗車一ヶ月前に予約方法を調べてみると、なるほど窓口以外にも電話で受け付けたり登録すればインターネットでも受け付けると言う便利なサービスがある様です。ただしインターネットは枠が決まっているので、直接予約が一番確実である様子。と言う訳でネットで予約空き状況を見てみると・・・美味しい所が軒並み埋まっている!?

 馬ば馬・馬鹿な?発売一ヶ月以上前だぞ?

0719hisesagami  よく調べてみると、発売は1ヶ月前だが予約自体は2ヶ月前から受け付けるとの事。。。しまった・・・。そして展望席が空いているのは・・はこね号は×で、一部のさがみ号だけが空いている状況。さがみ号、それはビジネス向きの車内販売が無い寂しいロマンスカー・・・。しかし背に腹は替えられないので、そのまま電話にて予約。帰りの列車は?と慌てて検索すると午後の遅い列車ならば若干空き気味。そしてスーパーはこね号を予約できました。勿論行き帰り共に展望車ですが、一番前はゲット出来ませんでした。

 この電話予約サービスは良いですね。発売日になったら小田急の窓口のほか、JTB等の旅行代理店においてもチケットの購入が可能なのです。購入は会社近くにJTBがあるのでサクッと済ませました。

0719rse  そしてもう一つのハメは、展望車の無いロマンスカーが増えたと言うこと。自分の中でロマンスカーはNSELSEHiSEという全車展望付きと言うイメージだったので、最新のVSE車を除くとRSEEXEでは意味が全くないのです。やはり確実にゲットするには2ヶ月前の予約が必須?

0719hise  勿論今回のさがみ号はご覧の通りHiSEな展望車♪時刻表にはLSE/HiSEと記載されています。
 
 

0719tenbou  展望車での旅行は実質初めてですが、やはり最前列が欲しいですね。2列目以降はやはり見晴らしが悪い・・・それでも隙間から前を覗いてみると、良い感じです。そして気付いた小田急線複々線化の恩恵。一部を残して開通しているのですが、複線区間と比べて随分と飛ばします。しかも各駅停車を併走しながら抜いていける・・・これなら相模大野辺りまで全部複々線にしてしまえば、とか思うのは勝手な要望です(笑)

 今回は「箱根フリーパス」を利用したのですが、新宿からの小田急線と箱根地区の鉄道(登山鉄道・ケーブルカー・ロープウェイ)やバス(西武系を除く)、芦ノ湖の船が乗り降り自由と言う上に、各施設の入場券も割引になるので便利この上ないチケット。特に箱根地区はクルマで行くと混雑して駐車場は高いと言う2重苦を味わうので、相方さんの薦めもあって利用しました。勿論このチケットに特急券を組み合わせればロマンスカーもオッケーです☆

0719cyouchin  初日は小田原に滞在するので、下車。JR側の改札には大きな提灯が下がっています。小田原は提灯が特産だとか。因みに知りませんでした(汗)そして最初の目的地、小田原城へ。

 

0719odawarajyou  復元ものとは言え、見事なモノです。この城下では、来場者への甲冑や打ち掛けの試着体験が出来、30分ばかり自由に来たまま歩き回れるサービス(200円)があります。勿論やりましたよ?因みに私が甲冑で相方さんは打ち掛けを着用しましたが、写真は非公開です(爆)

 感想は・・・暑くて重いです(汗)お陰で小屋の中に入っていた像のウメ子@還暦の写真を撮るのを忘れていました(涙)

0719odawarajyouka  その後入館料を払って、城内へ。レプリカとは言え妙にリアルですね。古さも感じます。上へ登ると絶景かな?写真では上手に撮れなかったので公開出来ませんが、海が見えるんですね。一通り見た後に公園内の喫茶店でゆっくり・・の予定が喫茶店も目的地のういろうも店じまいが早くて、早々に退散。あぁ、ミニ列車に乗りたかったのに(涙)

0719uirou  急いで「ういろう本店」に向かいます。到着して建物にまずビックリ。店に入って薬臭さにもう一度ビックリ(笑)
 確かに薬屋さんが本業なのでしょうが・・・薬自体は更年期障害とかに効くようですが、詳しくは店頭へ(笑)その他一般の薬も扱っていますが、一応薬局という事なんですよね?目の前に病院がありましたが、果たして処方箋調剤はしてくれるのでしょうか?(汗)

 お菓子コーナーですが、外郎の他に羊羹や焼き菓子などの和菓子が沢山あります。基本的に価格は高めですが、買ってみた羊羹が非常に美味かったのが印象的でした。そして肝心のういろうですが、名古屋のういろうと比べて非常に「米」感が高く、風味が強いです。どちらが美味しいか?と言われると「どちらも」と言えますが、正直名古屋モノとはお菓子の種類が違うと言っても過言では無いでしょう。
 ここは来て良かったと思えるお店でした。気軽に買えるのは駅前店ですが、是非とも本店に足を運びたい所です♪

0719saten  ういろうを後にしてからは、観光地周辺の店じまいが早いので発見した喫茶店で休憩。駅近くを外して静かな環境は良いモノです。夜は魚料理のダイニングバー(?)RYOで過ごし、翌日の出発に備えます。【続く】

|

« デカいは正義? | トップページ | 箱根避暑旅行記(芦ノ湖篇) »

コメント

やはり箱根といえばロマンスカー、ロマンスカーといえば多摩川の鉄橋渡る時のチャイム・・・笑

子供の頃、NSEのサイドビューはウルトラセブンのイメージがありました。

ういろう・・・あの店が発祥だとは知りませんでしたよ。

投稿: onakot | 2008年8月10日 (日) 01:42

こんにちは!?
ういろう・・自分もこのまえ、箱根あたりを徘徊していて入手したガイドMAPに載っていたので驚きました。名古屋じゃなかったんですね。

投稿: sugizo | 2008年8月10日 (日) 12:05

こんにちは。

大昔、箱根へ研修で行った時、新宿駅からロマンスカーの最前列へ座りました。午後だったので、西日で暑いこと暑いこと予想外でした。

投稿: 後期GT-t | 2008年8月10日 (日) 12:35

夏の箱根っていいですよね♪

小田原の「ういろう」は、昔からウチで重宝してます。他の薬に比べて飲むとき、臭いが強くないのがいいっす。効能を読むと、ホント?と思いますけど(笑)、一応自分には効くみたいです(気持ちの問題???)
お菓子のういろうも結構おいしいですよね。

【続く】を楽しみにしてます(笑)。

投稿: こんめ | 2008年8月10日 (日) 13:03

>>onakotさん
 私のロマンスカーイメージはやはり世代的にNSEですねぇ。そしてオルゴールはロマンスカーのシンボル。騒音問題で廃止になったそうですが、現在VSEで発車の際に鳴らしていましたが、走行中は普通の警笛だったような・・・記憶です(汗)

 ウルトラセブン、納得です(爆笑)そしてあの店をご存じでしたか。有名・・なんです・・ね?

>>sugizoさん
 おぉ、お久しぶりです☆

 ここにも小田原ういろうを知る方が・・やはり規模的にも名古屋だと思いますよねぇ?普通。
 でもある意味秘伝的な味わいがあって良いですよね♪

>>後期GT-tさん
 鐵の話題に乗って頂けて嬉しいです(笑)

 最前列が暑い・・・そう言えばLSEはカーテンが上部にあった気が。流石にあの大窓で西日は辛いですね(汗)

>>こんめさん
 えぇぇっ!?まさか薬のういろう愛好家(違)がこんな身近に???

 何となく効能がハッキリしないのですが(原材料も)、現地まで行ってお求めになっているんですよね・・・しかも凄く高価ですし。

 こんめさんはブルジョアと認定しました(笑)

投稿: まる元(管理人) | 2008年8月10日 (日) 17:50

>ブルジョ●
いや、そんな年に何回も使うわけでもないですし(汗

まる元さんも、きっと一度使えばヤミツキに!(違

投稿: こんめ | 2008年8月11日 (月) 22:17

>>こんめさん
 そう言うクスリなんで・・・すか?

 江戸時代恐るべし(違

投稿: まる元(管理人) | 2008年8月11日 (月) 22:54

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123183/42120890

この記事へのトラックバック一覧です: 箱根避暑旅行記(小田原篇):

« デカいは正義? | トップページ | 箱根避暑旅行記(芦ノ湖篇) »