« オイル到着と工具購入その1 | トップページ | 「社外」メーター、結局・・・・ »

2008年5月18日 (日)

日産プリンス茨城走行会(TC2000)に参加

0518soukoukai2  ひょんなコトから参加することになった日産プリンス茨城主催の走行会。ディーラーが企画した走行会と言うのも初めてなので、非常に楽しみにしておりました。
 現地に到着してまず思ったのは、スタッフの数がかなり多いと言うこと。見慣れた日産ディーラーのワイシャツを着ているのが違和感あったりしますが(笑)、誘導その他のスタッフの動きは実に慣れている感じすらします。

 まぁ、意外な落とし穴もあったのですが(汗)
 
 
 

0518soukoukai1  全体を見回すと、やはり日産車が多い(当たり前だ)。しかも普段の筑波ではあり得ない程、丸いテールランプがズラリと並んでいます(笑)
 事前配付資料に従い、コース側に並べて止めますが、妙に丁寧な誘導を受けます。この時点で気付くべきだったのか・・・。

 予定より若干遅れて到着したので急いで準備を開始するのですが、スタッフに「お手伝い大丈夫ですか?」とか「準備早いですね?」とかスタッフに言われる・・・いや、客商売の方々とは言え、妙に丁寧すぎないか?

0518er34  そしてドラミを行うVIPルームに向かいます。司会はハイパフォーマンスセンターにいたお兄さんで、筑波側の説明者はコレまた良く見るHさん(笑)今回のゲストとしてニスモの影山正美選手が来て筑波の攻略その他の説明を行いました。正直この時点でお腹が痛くて、殆ど話に集中できなかったのですが(汗)
 で、ドラミ中に「初・中級の皆さん」というフレーズが聞こえたのですが、「まさか、ね・・・ちゃんと申込の時に中・上級で申し込んだし」と思ってましたから。

0518gtr  走行までの間に便を済ませ(笑)、しばし周りを見回すと・・・結構新型GT-Rが多いですねぇ。Zもバージョンnismoとか高価なグレードがわんさか。購入者に参加を呼びかけているのでしょうか?勿論古めの車種も結構います。と言うか、台数的に満員になったんでしょうねぇ。

 で、第1枠目の走行開始。最初は慣熟走行と言うことで同行者の同乗も可能。お言葉に甘えて相方のみゅうサンを乗せて走行しました。で、この慣熟の際に先頭から全員がピットロードに戻らず、いきなりワタワタな様子で???な状態。そしてイザ走り出すと、皆なかなか加速しない・・・・しびれを切らして先頭に飛び出しアタックモードに入ると・・・一周目にいきなり団子。しかも慣熟走行並の速度で、ラインも何もあったモノではない走り方(汗)

 ま、まさか・・・初心者枠?

 マトモに走れない、なんてもんじゃ無い(汗)抜こうにも空きスペースが無い(涙)速度差ありすぎで、お互い怖い状態(滝汗)コース半分飛ばせたとしても、12秒台が良い所でヘタすりゃ17秒とか21秒とか。
 走行終了後、スタッフを捕まえて直談判。スタッフの方も見ていて変だと気付いたみたいで、どうやら割り振りを間違えた様子。このままでは流石に返金モノなので、走行枠の変更を申し出た所、残り2本を中級クラスと上級クラスに割り込ませて貰いました。取りあえず迅速で柔軟な対応には感謝ですが、折角の走行会ですから割り振り間違いはお互い気持ちよく走れなくなりますので、是非とも注意して頂きたい所です。

0518sagyoucyu  2枠目は上級でしたが、取りあえず間違いが無い様に先頭に並びます。ふと後ろを見ると、五月蠅い排気音でヤバい雰囲気のクルマがわんさか(笑)走り出すと裏ストレートでフルスロットルの自分カーを「ばひゅーん」と抜いていってくれました(汗)でも全体的に非常に走りやすかったです。タイム的には9秒前半で纏まり、8秒台が出ません。。。路面温度的に食い付きが悪いのは確かですが、全体的に突っ込みすぎて立ち上がりが悪くなっている様です。

 3枠目の中級も走りやすく、ヘアピンの通過速度とか色々と試していました。外側観客席から相方のみゅうさんが録画してくれていたのですが、やはりソレなりの速度は出ている様子。が、その「速度」に拘ってみたもののタイム的にはむしろ落ちる傾向がハッキリしました。立ち上がりに如何に早くアクセルを踏めるかが肝要ですね。進入ラインを変えても・・・大きくは変化しないでしょうなぁ(汗)本日ベストは1'09"410止まりでした。

【外から動画】
 
 
 
 

 走行終了後に、ドラミと影山選手の講評及び質問コーナー。私もダンロップ周辺の走り方に迷いがあったので、挙手して質問。結構解りやすく説明して貰えました♪取りあえず進入ラインはもう少し検討の余地有りで、80Rについては2ヘアまで踏める今の走り方で正しいようです。また、余談で最終コーナーの走り方を話して貰えましたが、TC1000の1コーナーにも繋がる面白いアプローチでした。アンダーを絶対に出さない速度まで落として、アクセルの踏み始め位置を変えて立ち上がりラインを決める。チョイと次回試してみます。
 話とは別に、ちょっと試してみたい最終コーナーのライン。備忘録的に動画を載せます。

【最終コーナー動画】
 
 
 
 

0518shot  影山選手とは、空いていれば何時でもサインとか写真とかOKと言うサービス振りの走行会。私たちも何気に写真など撮って貰ったりするミーハー振りを発揮(笑)
 最初にチョットしたトラブルがありましたが、全体を通してみるとプロドライバーの話も含めて満足度の高い走行会でした。次回も土日に開催されるようでしたら、是非とも参加したいと思います。てか、プリンス埼玉でも開催して欲しいですねぇ。。。

【余談】
 
0518risult  走行会のリザルト配布で、実に便利な方法をとっていました。ゼッケン毎にクリアファイルが用意されてボードに貼り付け、リザルト用紙のコピーが終わったら各人のファイルに入れておき、各自取っていって貰う方式。 コレ、非常に便利だと思いました。

0518rizultup  ボードのアップの様子。リザルトにゼッケン番号も入っているので、スタッフも間違わないから良さそうです。

|

« オイル到着と工具購入その1 | トップページ | 「社外」メーター、結局・・・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123183/41357808

この記事へのトラックバック一覧です: 日産プリンス茨城走行会(TC2000)に参加:

« オイル到着と工具購入その1 | トップページ | 「社外」メーター、結局・・・・ »