« 後期シフトレバーに交換 | トップページ | こ、こんなコトができるんだ! »

2007年8月26日 (日)

ブレーキクーリングエアガイド装着

 昨日のシフトレバーに続き、今日はクーリングエアガイドを装着しました。

0826er34  先日購入したアストロのスロープ、バッチリですね♪ちょうど良い感じにジャッキが入るクリアランスが確保できました。しかもスロープの頂上で止まる為の突起があるので、クルマを動かしながらでも頂点位置が楽に解りました。良い買い物をした・・・。
 ウマもジャッキポイントにてバッチリ使用。良かった(汗)
 
 

0826undercover  ジャッキアップ後、タイヤを外してタイヤハウス内をチェックすると・・・右側の上部に穴が空いている(涙)タイヤ外径が大きくなったのと、フロントが下がってきている相乗効果でしょうか?穴は10cm以上にわたって数カ所空いておりました。。。な、何という事だ。

0826haisen  しかもちょうど空いている場所の内側に電気配線が通っており、皮膜まで削ってしまっており、銅線が数本露出しておりました。仕方がないのでカバーを外し、配線の束を引っ張り出して切開手術。1本1本にばらけさせて皮膜がやられた細い線それぞれにビニールテープで巻き巻きします。え?束全体をビニールテープで巻けばよい?そんな手抜きを愛するER34に出来るはずがありませんね(断言) 作業終了後は穴の空いたカバーにアルミテープを3重に貼り応急処置。車高調が付けられればクリアランスも確保できるので一応大丈夫でしょう。

0826airguid  で、本題のエアガイドのパーツ全体がコレ。エアガイド自体はゴム製でちょっと驚き。てっきりABS樹脂かとばかり思っていました。

 

0826guida  作業自体はボルトナットで規定の場所(テンションロッド&サスペンションリンク)に止めるだけ。角度調整が言われてはいましたが、確かに調整しづらい感じです。特にテンションロッドのカーブが付いた場所がやりづらい・・・。

0826guidb  サスペンションリンク側は、まさにコレの為に空いているであろう未使用の穴に装着。ついに失われた機能を取り戻せました(違)流れてきたエアの先は、ちょうどローターが露出した所に向いていますので機能としては有効でしょう。キャリパーにもすこしエアが当たる感じです。

0826guidall  装着後の全体図。フロントリップスポイラーが風送りに有効なのか、邪魔しているのか微妙ですが(汗)アンダーカバーに沿って風が流れれば超・完璧な冷却風が届きそうです。

 

 コレでヘアークラックの低減に繋がると良いのですが。それと、コレでようやっとFISCOを走る気になりました♪上手く機能してくれることを祈ります。純正パーツの性能、信じてますヨ☆

|

« 後期シフトレバーに交換 | トップページ | こ、こんなコトができるんだ! »

コメント

ふむふむ…(メモメモ)。
しょこもお揃いブレーキパッドなので、ローターさんがかわいそうな感じになります。

ソレ、今度見せてくださーいーo(^-^)o

投稿: しょこ | 2007年8月27日 (月) 20:26

>>しょこさん
 R-Tuneパッドは効き良し、耐フェード良し、ダスト許容範囲(笑)でついつい容赦なく踏みまくってしまうから、ローターの方に負担がかかりますね。

 クーリングエアガイド、是非ご覧ください♪

投稿: まる元(管理人) | 2007年8月28日 (火) 01:37

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ブレーキクーリングエアガイド装着:

« 後期シフトレバーに交換 | トップページ | こ、こんなコトができるんだ! »