« 本番前日★筑波ファミリー走行 | トップページ | Aライ正式版が届いた »

2007年5月 5日 (土)

生まれて初めてのレース

0505moning  いよいよ本番。ワンメイク・グリッドスタート・バトル、全てが初めてですが何気に大舞台な気もします(笑)えぇ、妙にお客さんが一杯います。こどもの日と言う事もあって親子連れが非常に多いです。

 パーティーレースはどの種目もしっかりと見られているので、せめてみっともない走りだけはしたくないですよね(汗)クルマオーナーのらんまんさんはエンブレムクラス、私はクラブマン1クラスでの出場です。
 
 

 受付は早い方のクラブマン1の時に行うので朝は早い(5:30)です。

0505ranmangou  全体の流れとしては参加受付→公式車検→予選ブリーフィング→予選コースイン&走行→決勝出走前点検→ブリーフィング→コースイン&走行という流れという流れで行きます。勿論ダブルエントリーの場合は受付と公式車検は一度に行えますが、それ以外の項目はそれぞれ受ける事になります。

0505m_yosen  で、気温もあまり上がらない時間に私のクラブマン1予選がスタート。正直フリー走行や走行会と全く同じトライアル形式なのですが、異様に緊張しています。で、コースイン直後に自分の前の集団はガンガン飛ばし始めて、自分の後ろの集団がスローダウンして間を開け始めたので一体何?状態でしたが、偶然にもクリアラップ取り放題になったので徐々に感触を得ながらペースアップしていく事に。条件的には良い環境だったので、11秒台に入るか?と思ったのですが、P-LAPで1'12"275、公式記録で1'12"267となり、12位・・・(涙)やはり11秒台に入らないと一桁は無理な様子です。

0505r_yosen  パドックに戻り次第、エンブレム使用タイヤへの変更作業。そしてらんまんさんのタイムアタックに入ります。結果は10秒台前半で8位。しかしエンブレムクラスはメンバーが凄すぎるんですが・・・プロドライバークラス???9秒台が3人・・・!!

 お昼前にクラブマンの決勝があるのですが、その前にパーティーレース全体の開幕セレモニーがあります。その際にグリッド位置の確認をコッソリと・・・。

 そしてセレモニー終了後、ピットロードからコースイン(パレードラン)し、一旦グリッドに停めてエンジン停止。このとき3分前の表示が出て選手紹介が始まります(良くあるレースクイーンがプラカード持ってコース真ん中に出る時間ってヤツです)。そして1分前にエンジンスタート→緑旗が振られたら先頭車両からフォーメーションラップ。再びグリッドに着き、全車停止したら赤信号点灯5秒前の表示があり点灯→消灯でスタートです。【以上、備忘録(笑)】

 そして、緊張のグリッドスタート。この時スタートは普通に回転数を上げてスッと繋いだのですが、軽いホイールスピンに一瞬ヤバいセンサーが働きアクセルを少し戻してしまったのが運の尽き。後で映像を見返してみると、明らかにそのまま踏んでいれば良かったですね。ER34だとそのまま一本パイロン定常円状態になりますが、NA車でそんな風になる訳無いので完璧なミスでした。で、1コーナーの超・団子状態の怖い事怖い事!また記録映像ではインを我慢できずに開けてしまったのが敗因。どちらかと言うとスタートよりも1コーナーの処理の方がマズかったようです。ココで頑張っていれば順位2番は違っていたでは?と思える様な映像が。。。(「たられば」は無し)

 何よりも違うのはミスったクルマのインに踏み込めるかどうかと言う問題。コレは後ろから見ていて強く感じました。つい危険を感じて間を開けてしまうのですが、ここがレースと走行会の違いだと痛感しました。話には良く聞くプレッシャーの与え方、えぇ全く出来る気がしません(汗)

 でもレースは時間内一杯で前のクルマのミスを捜し食い付いていき、なおかつミスは絶対に許されない緊張感が心地よかったです。これは走行会では絶対に味わえない感触でした。たまたま自分のクルマの後ろには間が空いていたので、追われる怖さが無かったと言うのもあるでしょうが(苦笑)

 結果、スピンしたクルマの追い越し等もあって予選と同じ12位でフィニッシュしました。取りあえず無事帰還&完走したのは良いですが、内容と結果に煮え切らない感じがするのも事実でした。ただ、その為には予選の結果から始まると言う事が実際にやってみて良く解りました。ベストタイムは1'13"267とトップの人とは1.4秒ほど遅いです。決勝のあの中でのこの差は大きい・・・。

0505day  今までサーキット走行をやって来て、今回初めてのレースチャレンジとなりました。タイムトライアルと似て非なるもの。しかもワンメイクレースへの参加と言うチャンスを与えて下さったらんまんさんには感謝の言葉もありません。何よりもレース前に「応援しています」といって下さる方がおられて嬉しかった事。結果を残せなくてお恥ずかしい限りですが、やはり「レース」と言うのは特別なのだな、と感じさせられました。

 流石にパーティーレースへのダブルエントリーは、クルマへの負担と本番時のポテンシャル発揮の事を考えると厳しいモノがありますが(アクセルもブレーキも構わず踏みまくっていたヤツの言う事では無いですが(汗))、ちょっと自分のクルマで参加出来るレースにも興味が出てきた・・かな?という所です。

 ただ、凄いレースは凄いらしい(謎)ので、ちょっと悩み中とも・・・(苦笑)

|

« 本番前日★筑波ファミリー走行 | トップページ | Aライ正式版が届いた »

コメント

お疲れ様でした。
初参加としては、まずまずの結果だと思います。他のレースだとYRSも面白そうですね。

投稿: らんまん | 2007年5月 7日 (月) 07:14

レースデビューおめでとうございます♪
これでまる元さんも立派なレーサーですね☆
ところでパーティーレースは、メディカルチェックはないのでしょうか
ヴィッツレースは緊張でメディカルチェックで引っかかる(特に血圧)場合があるので(爆)

投稿: 241 | 2007年5月 7日 (月) 08:07

お疲れさまぁぁぁでした!
初レース、馴れなていないクルマでの結果はスゴいですよぅ。

読んでるだけで1コーナーのドキドキが伝わってきます。私だったらそこでパニック脳死していることでしょう・・・。

で、さっきリザルトを見たら・・・
知り合いのお姉さまは13位フィニッシュ!!
そう、まる元さんと同じ枠。しかも、予選も決勝もまる元さんのすぐ後ろにいたみたいです。

投稿: しょこ | 2007年5月 7日 (月) 12:53

お疲れ様でした。
そばで見ていてとても楽しそうでした。
自分も楽しさを共有できましたし。

これからも頑張ってくださいね♪

投稿: フィリップ | 2007年5月 7日 (月) 16:28

>>らんまんさん
 今回のお誘い、本当に有り難うございました。本当、レースで「勝つ」を目指すとなると本当に大変ですが。
 YRSは一度出てみます。YRSスクールで「是非出てみて」と毎回必ず言っている意味も知りたいので。

>>241さん
 師匠からの勿体ない程のお言葉を!そう言えばメディカルチェックは無いですね。
 血圧は確実に上がっていました。直後の急激な疲れと眠気は血圧の所為だったのかも・・。取材にも妙にハイテンションで応えていましたし(汗)

投稿: まる元(管理人) | 2007年5月 8日 (火) 00:33

>>しょこさん
有り難うございます。本当はもっと集団の中に食い込んで行かなければ勝てないのですが、そうするともっと恐怖なんでしょうね(汗)

 お知り合いの方は、赤いクルマの方でしたか?私のお尻に火を付け続けてくれた方ですね☆えぇ、凄いプレッシャーでした。。。

>>フィリップさん
 お手伝いどうも有り難うございました!楽しそうでしたか?花粉症が辛そうでは無くて?(苦笑)

 で、例の計画はd(ry

投稿: まる元(管理人) | 2007年5月 8日 (火) 00:39

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123183/14980284

この記事へのトラックバック一覧です: 生まれて初めてのレース:

« 本番前日★筑波ファミリー走行 | トップページ | Aライ正式版が届いた »