« バラクラバ(訂正!)が届いた | トップページ | クラゴン部屋春場所:断念(涙) »

2007年3月21日 (水)

ブレーキと電撃丸の顛末

○ブレーキの鳴き

結果:症状再現せず。作業的には乗車チェックで再現できないので、キャリパーのチェックを行い、パッド残量並びに引きずりが無いことを確認したとのことです。確かに帰りは音がしなかったのですが、グリスでも塗っておいてくれたのでしょうか?(工賃はかかっていませんでした)

○2回目の電撃丸
結果:変化無し。

インジケータの表示は相変わらず「50%以上充電:注意」のまま。取りあえず説明書によると充電推奨・このまま使用は可」との事なので、しばらく様子見。

 クラッチフルードは、今回やっとこさDOT-3に戻せました。エンジンオイル・ミッションオイル・デフオイルの交換終了。今週の走行準備万端です♪

|

« バラクラバ(訂正!)が届いた | トップページ | クラゴン部屋春場所:断念(涙) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ブレーキと電撃丸の顛末:

« バラクラバ(訂正!)が届いた | トップページ | クラゴン部屋春場所:断念(涙) »