« タイヤにクギとサスペンション拝見 | トップページ | 筑波で2速ドリフト »

2006年11月25日 (土)

初・クラゴン部屋参加

1125moning_1  本日はクラゴン部屋の序の口稽古である「もてぎASTP稽古」に参加してきました。

 

テーマは、カウンターステア。超・低μ路にてのスピン体験施設を使用しての練習です。

 それとは別に、フルバケシートのクッション抜きで、どの程度感じ取り方に変化があるかの検証を行う日でもあるのです。

 

 場所はツインリンクもてぎのアクティブセーフティトレーニングパーク。ここのスキッドリカバリー施設での強制スピン体験及びカウンターステアコントロールと、スリパリーコーナーリング施設での様々な低μ路上マシンコントロールが課題となります。

1125astp スキッドリカバリー施設とは、水をなみなみと張った低μの特殊タイル路面を左右に振る事により、強制的な横挙動を起こさせてクルマをスピンさせます。実際振られた時の衝撃は結構ありまして(笑)しかし・・・重量級のER34は時速30km/h程度ではビクともせず(※カプチーノやビートは軽く吹っ飛んでいく速度です・・・。)そう思って40km/hでチャレンジすると、吹っ飛んでいきます(爆)そもそも、直進時ですらホイルスピンするこの路面。挙動を乱したその瞬間にカウンターを当てなければ間に合いません。それ以上に難しいのがカウンターの戻し。微細な路面の感触を感じ取りながら戻そうとはするのですが、あまりにも低μ過ぎて路面情報が伝わって来ないので、これ以上なく難しいです。ちなみに雪道の圧雪路クラスのμだそうで。

1125skid  クラゴン先生による親方走見(同乗走行)では、40km/hで見事にいなしながらクリア。自分の場合は不用意なアクセル操作も余計に挙動を乱す原因だった様です。あとカウンターの遅さと、戻しで不必要な待ち時間があるから間に合わない、と。

 取りあえず、最終的には35km/h強で進入して一発目のカウンター~カウンターの戻しまでは何とか狙って出来る位に。その後はスピンこそしませんでしたが、速度が止まりそうな程落ちているので、ちょっと出来ていない範疇かな?と。

 スリパリーコーナーリングでは、刻々と変わる低路面μをクリアしながら、コースを周回するもの。最初低μである事を忘れて突っ込んだら、即スピン(笑)一旦止まってしまうと、ホイルスピンで加速が全く出来ません。取りあえず滑らないようにムンズリムンズリ走行して、慣れてきた所で少しずつグリップを少し失い気味なところでズリズリと4輪ドリフトっぽく走る練習。それでも速度は恐ろしく遅いのですが、ほんのコンマ何ミリのアクセル操作ミスでラインを外してしまいます。一旦外してしまうと、ほぼフルカウンターで対処(爆)途中にある濡れたアスファルト部分が有り難い位にグリップしてくれて(笑)

 正直相当神経使います。イヤ、本当に疲れました。でも、実際のコース走行時にも、この位微細な路面状況を読み取れないとダメだという事ですね。特にSタイヤのピークグリップを積極的に使おうと思ったりすれば、尚更。

 今回の路面インフォメーションの感じ取り方。フルバケのクッション抜きは確かに効果あったかもです。2時間連続で座っていたらお尻が痛かったですが、今後サーキットでは必須な作業ですね(クッション外し)。練習時間としては、もう少しやっていたかった気分。

 この感触を忘れないうちに、明日のドリフト練習会で再確認です。クラゴン部屋も、次回の春場所(みちのく巡業)には是非とも行きたいですね。リンクサーキットにも興味がありますし。

1125rx8  今回誘って頂いたたっちんさんのRX-8。いつもお世話になっております。クラゴン部屋春場所には、参加の意思満々の様にお見受けしましたが(笑)えぇ、私は完全に参加するつもりですよ(爆)

 

1125naroad1125s2000  たっちんさんの同僚のU山さんのS2000とT野さんNAロードスター。実は以前にもしのいとか本庄でお会いしていたそうで、気付きませんでして申し訳ありませんでした(汗)
 また是非しのいフリーでお会いしましょう。

 

 終わってみれば座学もしっかり行われ、疑問点も質問にて解消。重量のある状態の方がコーナーは速いと言う事は・・・重量級のER34はコーナーで有利な・・はず?ま、まぁ、納得の一日にする事が出来ました。

|

« タイヤにクギとサスペンション拝見 | トップページ | 筑波で2速ドリフト »

コメント

おつかれさまでした
今日はクラゴン部屋の成果を試せましたでしょうか?

タイヤの接地感を感じるためにはかなり集中力を高めないといけないということがはっきりわかりました
おかげでヘトヘトでしたが(汗

私は30日のハンクラプラスで効果を試してきます♪

投稿: たっちん | 2006年11月26日 (日) 20:37

>>たっちんさん
お疲れ様でした☆

タイヤの接地感という意味では効果は確かにありました。結構感じ取れましたので。

その後の操作が問題ですね。カウンター当ての遅さは相変わらずでした。

次は春場所・・・です・・よね?コース指南部屋に興味津々です。

投稿: まる元@管理人 | 2006年11月26日 (日) 22:34

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123183/12822115

この記事へのトラックバック一覧です: 初・クラゴン部屋参加:

« タイヤにクギとサスペンション拝見 | トップページ | 筑波で2速ドリフト »