« R34のボンネット裏比較 | トップページ | 走行会申し込み・・・ダメよ☆ »

2006年11月 9日 (木)

フルバケ座面のクッション

 先日のしのい走行で、シルビアの直後スカイラインに乗った時に、もの凄くタイヤインフォメーションが希薄である事を強く感じました。

 そう、シルビアのフルバケは座面むき出し。対してスカイラインのフルバケはクッション装着のまま。当初純正シートから交換した時は凄く路面を感じられたのですが、改めて比較すると雲泥の差。まさかここまで違うとは思っていませんでした。もしかもすると外していればスピンするような事も無かったかも?

 勿論それなりの経験を積めば、クッション付きだろうが、純正だろうが感じ取れるのでしょうが、今の自分にはハッキリしたインフォメーションが必要と判断。次回のサーキットからは外して走ってみる事にします。

 幸運にも次回はクラゴン部屋とドリ練の連続日程。チェックには安全で最適な環境です。

|

« R34のボンネット裏比較 | トップページ | 走行会申し込み・・・ダメよ☆ »

コメント

タイヤの荷重を考えて走れといいますが、慣れればタイヤブロックのよれまで感じられるようです。それには、ちゃんとインフォメーションを感じないと覚えないから、大切ですね。
PS 資料を郵送しました。数日でつくと思います

投稿:  らんまん | 2006年11月11日 (土) 09:12

タイヤとの対話ができれば、筑波での漫然とした不安感が消えそうな予感があるので、ちょっとその感覚を磨こうと思います。

資料有り難うございます。当日はよろしくお願い致します。

投稿: まる元@管理人 | 2006年11月11日 (土) 23:50

あれ?丁度あのフルバケのクッションが出てきた所だったんですが、要らなそうなご様子…。

投稿: おたZ | 2006年11月12日 (日) 15:32

あ、いや下さい(笑)

ある程度感覚を掴んだら、敢えて装着した状態で試してみたいので。

どんな装備のクルマでも、タイヤインフォメーションを感じ取れる様になりたいんですヨ・・・。

投稿: まる元@管理人 | 2006年11月12日 (日) 21:17

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: フルバケ座面のクッション:

« R34のボンネット裏比較 | トップページ | 走行会申し込み・・・ダメよ☆ »