« シビックメンテ用品&空気ポンプ | トップページ | ブレーキ強化パーツ »

2005年12月25日 (日)

筑波TC2000ファミラ走行

W_ER34  いきなりですが、本日はラップショットが作動しませんでした(泣)30分の走行中、ずーっと「READY」表示のままでして・・・。

この写真、同じ枠を走っていたER34。まんま私グルマの購入時仕様でして、懐かしくてついパチリしてしまいました。走りでは結局ついていけなかったデス(自爆)

 計測ができなかったので、本日はGT4との比較&レッスン走行に徹する事に。

 本日のY1は台数こそ比較的多かった様ですが、団子ゾーンとクリアゾーンがハッキリと別れていた様で、ストレートさえ押さえて走れば、速い人たちは勝手に抜いてくれるので、非常に練習しやすい環境でした。

 今日はとにかく、ブレーキを残してオーバーステア気味に持って行く事。なるべくステアリングを切らない事。立ち上がり重視でコースをいっぱいに使って走ること。目線を先に持って行く事。荷重移動の為の軽いブレーキを積極的に使う事。最終コーナーでの動きを見極める事。を目標にしました。結果環境も良かったせいか、色々と試せました。

 1ヘアはうまくいく事が4割程度なので今イチでしたが、ついクセで内側べったりで走るとTCSが作動してダメダメなのですが、目一杯外まで広がって脱出すると楽ちんな上に、ダンロップまでのラインが確かに綺麗に決まります。ただ、ちょっとラインを失敗すると、ダンロップ下でゼブラぎりぎりまで飛び出してしまいますね(流石にコースアウトはしませんでしたが)。進入角度も今後試したいモノが見つかりましたが、流石にアクセルオフだけでの進入はまだ無理ですね。できそうな角度はありそうなんですが。
 80Rは良い感じで幅いっぱいに使えましたが、その状態になるとフルバケシートが欲しくなります。正直体を左足とステアリングで支えないとダメなので、辛いです。もう少しアクセル開度を大きくしたいのですが、ここでの荷重移動はもっと練習しないとダメです。まだちょっと左右に振られる感じが残っているので。
 2ヘアは結構思い通りにブレーキを残して走らせられました(右コーナーは心理的に楽?)。荷重がしっかりとかかっていると、非常に楽ですね~。前車がキュルキュルズリズリしながら走っている後ろを付いていった時も、自車のタイヤほぼ無音で「あぁ、もう少し踏めるんだけどなぁ・・」と考えながら運転する余裕も生まれるので、非常に安全であるとも言えます。コレをキチンとマスターできると、スーパーHICAS(4WS)の特性が大変有効になってきて、グイグイ曲がってくれます。
 裏ストレートは、本日は完全に抜かされ場所に徹しまして、140km/h強しか出しません(爆)。速い人、どんどん抜かしてって下さいモードです。最終コーナー進入ですが、ブレーキングでシフトダウンの時に何度もクラッチミート失敗をし、「ドカッ」と一瞬加速状態になる為、折角ブレーキングで前荷重になったのに、荷重が抜けて再度荷重ブレーキングをかける事が多かったです。まぁ少なくともこの前荷重さえ入れば、最終コーナーもあまり怖くは無い事がハッキリしました。面白い様に曲がってくれるので。た・だ・し、荷重が足りないまま入ると・・・・1回だけグラベルに向かいそうになりました。危ない危ない@福田和子。通過速度110km/hならばかなり余裕だったので、しばらく最終コーナーはこの安全速度圏内で行こうと思います。お陰でホームストレートに初めて加速ラインを狙って走れました。(ホームストレートを全開走行したのは、実は今日が初めて)
 1コーナーは・・・GT4で随分スポンジに突っ込んだので、かなり慎重に走ったのですが、実車の方が曲がりやすかった様な気が?周りのクルマに気を取られるとアンダーになりやすいので、もう少しラインを見極めたいです。特に立ち上がり外のゼブラまで行くと、次のシケインのラインが少し微妙になります。1ヘアへの進入角度からの逆算でラインを見直す必要がありそうです。

 そんな感じでしたが、インフィールドでは特に後車を気にする必要も無く走れたので、非常に楽ちんでした。「抜かしてハザード」も1回しか出さなかったし。課題はシフトダウン時のショックですね。下手すると挙動を乱しますし、何よりも荷重が抜けてしまうので危険です。

 あと、今回は4点ベルト筑波初体験であり、今日はしっかりと締め付けたので確かに体が固定されて楽でした。でもそれ故に、フルバケが本当に欲しくなったのも事実(笑)う~~~~~ん、どうしようかな(爆)

JAGUA  因みにコレはドコデモ8さんがジャグゥア(徳大寺有恒風)で爆走する図。外から見ているとノーズダイブが大きいので、ブレーキング方法がよく解りました。1ヘアではあそこまでブレーキを残すのね・・・。

 走行後、らんまんさん、ふじさん夫妻とモナークで昼食。その後帰り際にホームセンターに寄り、ちゃぼさんのアドバイス通り、計測器センサーを取り付けるL字ステー(軽量のアルミ製(笑))を購入。次回投入予定。
 今回のファミラは、計測こそ出来ませんでしたが、得るモノが多くて大変満足でした。

|

« シビックメンテ用品&空気ポンプ | トップページ | ブレーキ強化パーツ »

コメント

まる元さん、

昨日のファミ走はお疲れ様でした。今回はノーマルカーでの走行ですが、基本は同じだと思います。車速がないのでブレーキを遅らせても問題ないんです。筑波の1コーナーは一番重要です。坂を上る手前でブレーキし、ブレーキを少し緩めてステアリングを切ってください。スピードの感覚は遅いですが、完璧にクリッピングポイントにつけます。コーナーは進入より出口の加速スピードです。進入では十分減速し、出口で早めにアクセルを踏めるほうが全然早いですよ。スピード感はありませんが、タイムは飛躍的にUpします。

投稿: ドコデモ8 | 2005年12月26日 (月) 21:46

 ドコデモさんお疲れ様でした。アドバイス有り難うございます。

 1コーナーのブレーキングポイントが、結局上手く見つからなかったのですが、上り坂の手前なんですね。

 ちゃぼさんの所で書かれているとおり、ドン!とブレーキを踏み込んだ後に戻しすぎてしまうので、荷重が抜けて、結果荷重ブレーキ踏み足ししてしまう場合が殆どでした。次回は少し手前からジワ~という踏み方をして、荷重が抜けない動きを試そうかと思います。

投稿: まる元@管理人 | 2005年12月26日 (月) 23:12

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123183/7827427

この記事へのトラックバック一覧です: 筑波TC2000ファミラ走行:

« シビックメンテ用品&空気ポンプ | トップページ | ブレーキ強化パーツ »