« さかのぼり日記7:6/9 3週連続しのい | トップページ | さかのぼり日記9:7/16 ハンクラ初心者版 »

2005年7月23日 (土)

さかのぼり日記8:7/12小林且雄Time Up Study

R34-170712 今日は夏期休暇系。

でもって以前から気になっていたツインリンクもてぎで開催されている表題のスクールに参加してみた。同じ週にハンクラに参加にも関わらず(笑

以前同じツインリンクもてぎで開催されている「山野哲也ハンドリングクラブ」に参加して、好感触を得たので、そのステップアップバージョンであるタイムアップスタディに参加した訳だ。場所はもてぎの北ショートコースと言うことで、コース自体にも興味がありありで、期待は膨らむばかりである。

・・・が、もてぎに向かう東北道の道中みるみる天気が悪くなり、次第にフツーに雨が降り出した(泣 「やべぇ、ウェットなんて走ったこと無いよ・・・・」とブルーになりつつ、予定よりも相当早くもてぎに到着。時間が早いお陰でETCのナントカ割引が効いて通常1,900円の所を1,000円で済みましたよ。ビバ!ETC!!

 集合時間にもなると続々と参加者が集まりはじめ、結局総参加者数は17名だそう。受付の時に車内に置く無線機を渡されるが、使い方もこちらから聞かないと教えて貰えないのはいかがなもの?とは思ったが、適当にカップホルダー等に入れて置いとく様に言われたのでその通りにする事に。・・・当然だがそのまま置いた私は、あとで無線機大暴れの刑に処されるのだ。でも「通話はこのボタンを押して話して下さい」とか言われたら固定できないじゃんよ!

 ブリーフィングのあと、早速走行開始。今回のテーマは「ブレーキング」との事で、午前1枠目は「コースを2区画に分けて、1区画目は路肩のパイロンに合わせてフル制動→完全停止をする。2区画目はパイロンスラロームで、1つめのパイロン左右両脇に旗持った人間が立つので、旗振った方からブレーキング後パイロンに進入する」という内容。とは言うものの、ウェットは初めてなので慎重に・・・と思ったらマジ滑る!こ、こんなにグリップしないものなのか???ブレーキかければABS即介入。エイトリアンはよくもまぁ好んで雨の日に走るナ、とマジで感心する事しきり。一応ブレーキフル制動の場所に講師の小林先生が立っており、無線で指示を出してくれるのだが「ABSを使わないフルブレーキング」なんて無理ですぜ。結局ロックしない→軟弱ブレーキに終始してしまった。まぁ、躊躇無くブレーキを踏む事は出来るようになったので、まぁ良いか・・・。ちなみにABSの無いNAロードスターはスピンorグラベルの連続。ありゃぁ可哀想。所でこの無線、常に全員分へのアドバイスが入ってくるので、正直鬱陶しいような気もするのですが。

 2枠目は同じコースを、あらかじめ設定したブレーキングポジションに注意しながらフリー走行。一応各コーナーのクリップにはパイロンが立っているので、そこに着けるように走るとの事。で走行中、みんな突っ込む突っ込む。おいおい、コースアウトのオンパレードだぜよ。赤旗出まくり。ていうか、そのぐらい止まらない。段々慣れてくると解ってくるんだけどね、制動ポイントが。でも少しでも注意が飛ぶと結構ヤバい事に。一応、午前はココまで。アレ?無線は使わな・・かったよね・・・?

 昼食後、グループ毎に完全フリー走行形式。計測受信機を貰い、助手席ドアポケットへ固定。同乗走行も受け付けるとのことだが、じゃんけんでの抽選(汗)まぁ運良く権利をゲット出来た+1番目だったので、いきなり乗って頂くことに。スタートしてすぐのコーナーで「このタイヤ、ずいぶん滑るね?銘柄なに?」と言われ、(え、滑る?いや、確かにずいぶん滑っている様だが)「ポテンザのゼロワンです。Rの付かないヤツ。」(先生)「・・・・」せ、先生。何か言ってよ!んが、そんな事よりも、次に迫るヘアピンで驚愕の光景が。ヘアピン手前で大き目に入り、一気にケツを滑らせて一気に180度向きを変える。そのまま大カウンターを当てて横滑りさせながらコーナーの出口に向かい、暴れる後輪をズリズリさせながら立ち上がる・・・。ハァ?チト待て。このライン、3日にしのいでおたZさんのR32で見せてくれた「遅い走り方」そのまんまじゃんかよ!しのいでは「こう、ズズッズズッとリアが流れそうで流れない感覚でインに付くと速い」と説明され、確かにタイム的に1秒以上の差が生まれるのを証明してくれたばかりである。まぁウェットでグリップしないからたまたまだろう、と思っていたら3周全ヘアピンその走り方であり、「FRだとこうなっちゃうよねぇ」とのお言葉。おいおい、いろんな意味で全然参考にならないよぅ!ショックのあまり、色々聞こうと思っていた事が全て頭から消えてしまったとです・・ヒロシです。ちなみに他の参加者曰く、ギャラリー的には迫力あって面白かったそうです。

 そうこうしているうちに、雨もやみ路面もドライ気味になってきたので、走行時はひたすらブレーキの練習練習。乾いてくると制動感がまるで違ってくるので、練習練習。ところでやっぱり無線機は使わないよね?

 フリー走行終了後、本日最後の項目「タイムアタック」である。路面も乾いてきた事もあり、皆様完全走行会モードに。かくいう私は、完全ドライでのブレーキングって殆どやれてないよな?と完全練習モードに。すげぇ、ブレーキってこんなに効くものかよ・・。ドライって素晴らしい。んで、タイムは当然悪かったですよ?ほら、コーナーの走り方とか色々やれそうな事はあったけど、あれもこれもやるのは、ねぇ・・・?

 結局、謳い文句の「無線機による個別指導」は最初だけというオチでした。正直、この内容でしかも平日。それで25,000円は高すぎでは?と思いました。まぁウェット初体験がココで出来たからいいや、というのもありましたがね。定員30名中半分くらいしか集まらないと言うのも、何となく納得してしまったのでした。リピーターが少ない?

 ちとブルーな気分になりつつ、もてぎを後にしたのでした。土曜日はハンクラだ。すぐまたここに来ることになる。その時は気持ちを切り替えて頑張ろう・・・。

|

« さかのぼり日記7:6/9 3週連続しのい | トップページ | さかのぼり日記9:7/16 ハンクラ初心者版 »

コメント

まいど。

あぁ、小林カツオのなんとかレッスン、俺もちょっと興味あったが、手を出さなくてよかった、よかった。w

投稿: ちゃぼ | 2005年7月24日 (日) 17:26

どうも、いらっしゃいませw
 内容の感じ方には個人差あるとは思いますが、自分的にはあれで25,000円は高いと感じました。
 15,000で受けられるハンクラ初心者版の方が、自分的満足度は高かったですが、他のタイムアップ参加者の意見も聞いてみたい所ですね。

投稿: まる元@管理人 | 2005年7月24日 (日) 22:59

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123183/5119138

この記事へのトラックバック一覧です: さかのぼり日記8:7/12小林且雄Time Up Study:

« さかのぼり日記7:6/9 3週連続しのい | トップページ | さかのぼり日記9:7/16 ハンクラ初心者版 »