« 7/16 ハンクラ初心者版(続き) | トップページ | R32のリアスピーカーから音が! »

2005年7月26日 (火)

さかのぼり日記10:7/18筑波ファミラ

LAPSHOT170718blog開始前の話題も今日まで。よって「さかのぼり日記」も今回が最後です。

本日は筑波TC2000のファミラ走行日。驚愕のタイムが計測された!!!(嘘はついていない)

当日は朝8:00に出発。私は筑波の場合高速を使わなくて済むので金銭面では助かるのだが、時間が読みにくいとも言える。とは言え、その殆どが市街地を外した道なので今回も特に渋滞にハマるということは無かった。で、筑波サーキットに来るのはライセンス取得時1回、TC1000で1回、TC2000で2回の合計4回来ていると言うことで、今回はナビ無しに挑戦してみたが、結構覚えているモノですねぇ。コレでナビの無いコソ練号でも来る自信が付いたってモンだ。(その前にコソ練号は、エアコン直さないと来る気そのものが萎えるのだが。)

で、到着。とにかく暑い、いや熱い。しかもピットは大渋滞。フォーミュラカーと2輪と4輪が一度に溜まっている様で、止める場所確保自体が難儀しそうであった。が、そこに怪しいオーラバリバリのMAZDA RX-8 MSVが走行準備をしていた。どうやらオーナー様(後日マツスピカップで3位入賞をしたらしい。何はともあれ、おめでとう。誉めたくないけど努力は認めよう。)の危険なオーラで誰も近づけなかったらしく、その隣が上手い具合に空いていたのでそのまま置かせて頂き、走行準備を急いでさせて頂く事に。

 そんなこんなで走行開始。今回はラップタイムどうこうでは無くて、しのいやスクールで得たもの、体感してきたブレーキング及び均等に加重をかけることを、速度域の高い筑波で試すのが目的。

【第1ヘアピン】 ブレーキング時の速度が高い所為か、簡単にフルABS減速になってしまう。調整しないとロックしやすいらしい。慣れてくると最初にABS振動を感じ、その後少し抜く操作もできるようになってきた。出来ればABS振動も感じたくは無いのだが。この辺出来るようになると、確かにサスを縮めたまま右の前後輪均等に加重をかけてコーナーリングが出来る。と言うより運転していて凄く楽。遅いのかな?と思っても後車に食いつかれることもなく、立ち上がり時にTRCも介入せず楽に後ろの車を引き離せるので、間違ってはいないのかも知れない。

【ダンロップ付近】 進入時はアクセルオフでノーズを入れたり、ブレーキパッドを軽くローターに当てて荷重をかけたりと色々実験。でもその都度ラインが変わってしまうので、今回はあまり考えないことに。80Rは右荷重をかけて走ると、確かにコースを目一杯使う走りに勝手になる。ただ、今回は加速を押さえないと、前車に追いついてブレーキの練習が出来ないので、あまり加速はせず前車との車間距離を取る場所にする事に。

【第2ヘアピン】 練習内容は第1ヘアピンと同じ。ただし、タイムアタックの車にはラインを大きく外に外してココで抜いてもらう事に。結局ほぼ毎回抜かさせていたw たまに内側ラインを走る時、きっちりロール維持させたままクリアすると後ろの車に追いつかれることなく立ち上がれる&TRCは未介入&とっても気持ちがよい。

【裏ストレート】 前車がいれば140km/h位。いなければ160km/hまで加速。目的は120km/h進入→出口は100~110km/hで抜ける事。最終コーナーはよく解らないので、現状しばらくは安全なこの速度で様子見する事に。

【ホームストレート→1コーナー】 壁が迫ってイヤな感じのところなので、ブレーキングポイントを探ることに。減速速度は「ココまで下げると遅いかな?」程度でコーナークリアしても結構そんなこと無かったりするのが驚きの発見。

 全体的に挙動を乱すこと無く、安定して走らせられたのが大いに発見。ストレート系では殆ど加速せず、むしろ敢えて減速するような走りをして、タイム的には過去ベストの1'17"xxより少し速い位であった。気温がある程度下がるまで、今後この方法でしばらく研究してみるのも良いかと思った次第。

 んで、突然やってきたクリアラップ。油温は今のところ112度を維持。何とか1,2週はアタック可能か?とアタック慣行。1週半走行後、そういやタイムは?とラップショット(笑)を見ると

  「1'02"07」

 ・・・・・ダメだ、暑さの所為で計測器にまでバカにされた・・・。当然んなタイムあり得ないワケだ。油温を確認すると125まで一気に上がっているし、昨日オイル交換したばっかりだし、このオイルは来月のハンクラまで持ってもらわないと困るし、その前にゴルフに2回も行かなきゃ行けないし、これ以上上げたら要交換だし、残り時間6分だし。と言う訳で1週完全クーリング後、ピットに帰還したのであった。

 計測器の誤作動は、注意書きにもある「ABS装着車はタイヤ端から50cm以上離して」をあまり守っていなかったからかも知れない。ほぼ全コーナー、少なくとも「ガガッ」くらいのABSは効かせていたので。

 走行終了後、2輪組が帰ったらしく、ピットが空いている。すかさずそこに車を突っ込み冷やし系モードに。もう、日陰と言うだけで涼しく感じるなんて・・・。でその猛暑のピット前で、今日来ていた あかせりかさん、ふじさん、みゅうさん&下僕役のsakiさん、エイトリアンとでマッタリ。流石に一時ミーティングルームタワーに避難したが、ふじさんの旦那さんであるなりっくさんは果敢にも2枠目に突入していた・・・しかもあの攻め具合。タフだ。

 マッタリ後、走行の残っているみゅう殿以外は帰ることに。で、最近完全に温泉マンな私とエイトリアンは逆さクラゲを求めてふじさんが紹介してくれたスパに行くことに。このスパ、温泉ではないので湯的にはプールの様でアレだが、休憩室はしっかりあるのでかなりマッタリモード突入。英気を養って本日の走行会は終了したのであった。

 取りあえず、タイム的によく解らなかったのでその辺次回良く確認することに。ただし筑波は9月以降だ。暑くて人も車も持たない・・・・・・・。

|

« 7/16 ハンクラ初心者版(続き) | トップページ | R32のリアスピーカーから音が! »

コメント

怪しいオーラなんて出ていませんヨ・・。

投稿: エイトリアン | 2005年7月26日 (火) 06:13

フフフ・・・。

それはさておき、2本目のタイヤにもうスリップサイン??? 走り込んでやがるな。サーキットデビューは同じ日なのに、くそうくそう。
やってやるぅ、やってやるぅ、頑張ってやるぅ。

投稿: まる元@管理人 | 2005年7月26日 (火) 22:15

たまたまこのサイト見つけました。シルバーのR34ですよね。最近はお会いしてませんが、またファミ走では宜しくです。筑波はダンロップコーナーがタイムに大きく影響しそうです。

最近はコース1000のファミ走には行ってませんが、相変わらず土日はこんでますか?

投稿: ドコデモ8 | 2005年7月29日 (金) 23:35

>ドコデモ8さん
 いらっしゃいませ。はい、シルバーの方のER34の者です。検索系でいらしたのですか?嬉しー(喜
 18日は同じファミ走でしかも同じ枠で走っていたのに何故か気付きませんでした・・・。余程頭がモウロウとしてたのでしょうか?ていうか、次から次へとエイトに抜かされていたので、その所為かもw
 ダンロップ、HPでも書かれていましたね。今回色々な進入角度やブレーキを使う使わないを試してみましたが、その都度面白いくらいラインが変わるのにビックリ!この辺奥の深い研究が出来ますね。

 TC1000は全然行けてません。日程合わなさすぎ。サクッと練習に行きたいのですが・・・桶川も・・・。
 こちらこそ、今後ともよろしくお願いいたします。

投稿: まる元@管理人 | 2005年7月30日 (土) 19:41

18日のファミ走ではシルバーのR34を見たかもしれません。ファミ走はいつもの団子だったのでダンロップの走りを集中して研究してました。8/6(土)の1000のファミ走、又は8/7(日)の2000のファミ走に行く予定なので、またお会いしたら宜しくです。

投稿: ドコデモ8 | 2005年7月31日 (日) 07:20

 8月は筑波予定が合わなくて行けないんです(涙 一応、今のところ筑波ファミラは、9/3(土)のTC2000と9/24(土)のTC1000を予定しております。ご一緒でしたら、よろしくお願いいたします。
 残りはしのいフリー日とか、桶川の4輪スクールも久々に行ってみたいんですが。コソ練号でwあぁ、全部行ってたらお金が・・・。

投稿: まる元@管理人 | 2005年7月31日 (日) 21:39

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123183/5152774

この記事へのトラックバック一覧です: さかのぼり日記10:7/18筑波ファミラ:

« 7/16 ハンクラ初心者版(続き) | トップページ | R32のリアスピーカーから音が! »