2017年12月 3日 (日)

自宅で2台のタイヤ交換

1126t1

 いよいよ冬支度です。先週、奥様のノートニスモSのタイヤをスタッドレスに交換しました。
 自宅周辺は特に毎年雪が降る様な地域では無いのですが、たまーに雪が降った時こそ出動可能な1台が必須なので、毎年奥様カーには冬装備を行っています。

1126t2

 スタッドレスは昨年から使用している横浜のアイスガード5プラス。マーチニスモの16インチホイールですが、結構ノートニスモ純正と間違われます(笑)

1126t3

 ついでなので、続いてスカイラインのタイヤ交換も実施。今まで街乗り用とサーキット用2セットのタイヤで運用していましたが、街乗り用は溝が減らずに時が過ぎてしまい、サーキット用は走行頻度が減ったことからライフが中途半端に長くなってタイムアタック的に微妙になってしまいました。
 そんな状況なので、今回はサーキットタイヤ1本履きっぱなしで運用することにしました。ただし、比較的サーキットでの消費が早いフロントだけは街乗り用(純正サイズな)225幅と、それとは別にサーキット走行用の235幅の2本立てで準備することにしました。

 新タイヤを組み込むために、これまで街乗りSドライブを組んでいたホイールセットに交換しました。このタイヤ、製造が2009年11周で、あまりに固くなって乗り心地が悪くなり暫く履いておりませんでした。

1126t4

 8年以上前に製造したタイヤですが、溝はまだかなり残っています。交換後の乗り心地ですが、さすがは純正リフレッシュのお陰。固いながらも取りあえず苦痛にはならない程度の乗り心地となりました。

1126t5

 久し振りのシルバーホイール。個人的にはこちらの方が断然気に入っているので、ちょっとホクホク。
 まぁ、今後サーキット走るときはフロントがブロンズでリヤがシルバーのセットになるかと思います(苦笑)

1126t6

 最近車検制度が変わって、タイヤのはみ出し判定はタイヤのゴム部分では無くなり、金属のホイール部分が測定対象になったそうですね。
 ウチのは大丈夫かな・・・リフレッシュ塗装時に取りあえずフェンダーモール装着していないのですが、モータースポーツ室的には右フロントがギリギリとのこと。一応車検受けるディーラーで確認をお願いしますと言われていますが大丈夫かな(汗)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月26日 (日)

埼玉の公園シリーズその14:武蔵丘陵森林公園

1125s01

 武蔵丘陵森林公園と言えば、小学校の時に吉見百穴とセットで行った場所という思い出がある公園でした。
 小学校以降の訪問と言えば、確か高校(都内の私立ですが)の時にマラソン大会で行った記憶があります。しかし、それ以降は行った記憶が無いので、高校以来30年弱振りに訪れたことになります。

 当然公園内部の様子も全く記憶にありません。ここは敷地があまりにも広くて入り口も4箇所ありますが、過去来た時は何処から入園したのかも解らないので当然かも知れませんが。

 そんな思い出がある森林公園へ11月25日(日)に行って来ました。今回は西口から入りましたが、理由は子供向け遊び広場が一番近い入り口のため。因みに入園料金(大人410円)とは別に駐車場料金(普通車620円)が必要です。

1125s02

 入園門から入って程なく、むさしキッズドームを中心とした遊具場があります。さすがは国営だけあって(?)遊具の数もデカさもチョット違います!

1125s03

 ドームの中は3階建てで、遊具でこの規模感は初めてかも。遊具場内だけでも相当数のお客さんがいますが、余裕で収容している感じです。

1125s04

 隣は広大な遊び広場となっています。現地は異様に広いですが、案内地図上だと敷地全体比で広場はもの凄く僅かなスペースです。
 バランスボールの貸出がありますが、相当の人気で全て出計らっておりました。

1125s05

 中央口近くにあるレストランに向かう予定でしたが、あまりに広いため園内バスを利用するつもりでした。しかし、バスの本数が非常に少なかったため、急遽レンタサイクルを利用することに。
 実際、園内移動の主流はレンタサイクルだったようで相当数の貸出自転車があり、利用者も相当おりました。

1125s06

 自転車のサイクリング専用道が完全整備されており、上り坂の苦痛(結構来る・笑)意外は景色も最高で、トータル的に自転車移動が一番のお勧めかと思います。

1125s07

 因みにサイクリング専用道は各方面への案内も充実し、迷うことは無かったです。方面別の分岐箇所にはジャンクションも整備されております(笑)

1125s08

 中央口近くの森。国立公園だけあって自然が美しい所ばかりです。

1125s09

 中央口レストランに到着・・・・したら時間が遅くて閉店後でした(涙)

1125s10

 この日は中央口近くで屋台村が開催されており、昼食はここで調達。コレはコレで良かったです。ほんとにイベントデーで助かりました。。。

 あまりに広い森林公園。1日で回るのは不可能ですが、施設として用意されている物は非常に少ないので、遊び道具を持ってまた行ってみたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月24日 (金)

筑波TC2000ファミ走(H29.11.15)

111501_2

 予定どおりの休暇が取れたので、久し振りの平日TC2000ファミ走に先日の15日に行ってきました。走行した枠は午前中のE1・E2枠でした。

 本日のお題は「100万かけてデ・チューン(純正戻し)したクルマでサーキットはどうなのか」です(笑)

 そして副題として「綺麗な塗装を絶対に傷つけずに帰る」(本気と書いてマジと読む)。この日同枠で走行する車両は、見渡す限りZチャレンジ車や外車の本気組が多数来ており、Sタイヤや超・ハイグリップタイヤ車であることが容易に想像付きます。と言うことは、それらの後ろを走行することは、飛び石の嵐で塗装的に非常に危険!!

 距離を取って走らねば・・・と思いつつコースインしましたが、車載映像を見ると普段とあまり変わらない、距離など関係無い~!なお猿さんになっておりました。。。(苦笑)

 ここ最近のファミ走ですが、とんと寒いシーズンに走りに来た記憶がありませんでしたが、予想通り結構な混み具合でした。午前のE枠はソコソコでしたが、午後のY枠は全て「△」になっていましたし。

 路面状況は前日の雨の残りがあって、半分ドライ半分ウェットと行った感じです。乾いている様に見えても、少し濡れていると言う感じで。
 この日の装着タイヤは2年7ヶ月物のディレッツァZ2☆で、2~3部山の終了タイヤ。タイムはハナから期待しておりませんが、遅くて周りへの迷惑にならないかが心配(汗)

 最初のE1枠を走行した感触ですが、とにかくヘアピンがド・アンダー(苦笑)立ち上がり時に中々アクセル踏み出せなくて、何もやりようが無い感じでした。

 肝心の純正ブッシュ類の感触ですが、加重がかかる度にグニャリとした感じが発生します。これは想像以上の感触でした。コーナーやヘアピンで最大荷重がかかった時は特に違和感とかグニャリ感は気にならないのですが、加重がかかり始める初動の際に一瞬のタメが発生して、一歩遅れてクルマが動く感じと言いましょうか。
 その動きはさほど気にする程では無かったですが、加重変動が起こった際にニスモブッシュの方が程よくダイレクトなクルマの動きになるので、安定感や操作感として優秀だったんだなぁ、と思った次第です。
 ピロボール仕様は乗ったこと無いので解りませんが、本気でサーキットを攻めるならばフルニスモ仕様は(乗り心地を許容できるならば)十分にお勧めだと思います。

 純正ブッシュ仕様のサーキットでの使いこなしは、クルマの動きに対する細かい操作でのアジャストが+αで必要と言ったところでしょうか。

111502

 この日のE枠は非常に速い車が多く、速度差を含めて走るのが結構しんどかったため、次の走行枠までのインターバル時間中に車高を下げて、僅かでもキャンバー角度を稼ぐことにしました。
 実はサスペンションリフレッシュ作業前は、乗り心地改善のために少しでもアームの動きを良くする目的で車高をかなり高めに設定しておりました。そのため前後キャンバー角度がほぼ垂直状態になっていました。

111503

 車高は前後とも1.4cm下げたてみました(最低地上高10cm確保)。
 作業前後のタイヤ角度の比較写真で、これが作業前のフロントタイヤ。

111504

 こちらが作業後のフロントタイヤ。僅かに傾いたかな?

111505

 こちらは作業前のリヤタイヤ。

111506

 こちらが作業後のリヤタイヤ。良く解らないけど、こちらはフロントよりも角度が付いた様な気がします。

 いざ2枠目を走ってみると、見た目以上に効果があった感じです。ようやく多少のオーバーステアが出る様になってくれました。
 ただし、アタック3周するとタイヤが音を上げる前にブレーキが熱でダメになってくるので、冷却走行を挟みながらの練習走行です。

 停車している同枠の他のクルマを見て思ったのは、フロントのキャンバー角度が皆さん攻めていますね。やはりタイムを求めたら角度3度程度は付けないと厳しいですねぇ。

 それ以前の問題になりますが、私のドライバーとしての腕の劣化も凄かったです。もうブレーキポイントが定まらなくて、結構手前からずるずるとブレーキをしてしまいました。タダでさえ容量が少なくて厳しいブレーキパッドが、早々に効かなくなった原因が正にソレでした。

 一応この日走行した証拠(?)映像を載せておきます。

111507

 走行終了後、丁度お昼時だったので久し振りに筑波の食堂でモツ煮込み定食を食しました。ここのモツ煮は汁が絶品なんですよねぇ。

111508

 昼食後に筑波サーキットを後にしましたが、途中、久し振りに石下団子の「ゆたかや」さんに寄って自宅へのお土産を購入。

 この日は本当に久し振りの筑波2000の走行でしたが、日頃の仕事ストレスを忘れる丁度良いリフレッシュになりました♪

 乗り心地重視ファミリー仕様となった愛車でのサーキット走行でしたが、正直なところ過去のベストタイムを更新できる要素は残念ながら無さそうです。仮に新品タイヤを使った場合、感触的にはTC2000で7秒終盤は狙える位かな?と言う感じでしたので、タイムの数値的には面白くないかも知れません。

 が、普段乗りの快適性と車体への攻撃性を考えたら十分サーキットを楽しめる訳ですし、総合的には問題ないとも思いました。お金があったら、もう一台別にER34のサーキット用の戦闘機を作りたいですけどね(笑)
 ある意味クルマの仕様上の限界タイムを出す技術的なハードルは上がりましたので、今までとは違う攻略のやりがいと楽しみを見つけられたと思います。

 取りあえず今のタイヤは溝も無くなって完全に終わってしまったので、新品を調達することにします(車検も厳しそうですし)。一応今の予定では街乗りタイヤとサーキットタイヤを分けるのはコスト的・寿命的に合わないので、サーキット向けタイヤ1本で乗り潰しする方向で考えています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月 5日 (日)

日焼け防止カバー

 ヘッドライトが新品になったER34。しかし、ガレージ保管でも無い限り、早期のヘッドライトの黄ばみや曇りが発生するのは、屋根付き駐車場であっても避けられません。

Cover1 

 対策として手っ取り早いのはボディカバーになりますが、装着が面倒に感じたことから色々と情報を探してみると、ボンネット部のみカバーする製品を発見。しかもネット通販だと3千円前後と安価だったので、早速購入してみました。

Cover2

 装着は非常に簡単。左右ゴム輪っか部をドアミラーに引っかけて、本体前下部にあるゴムバンド部分をバンパー下に引っかけておしまい。

 長期的に使用するとドアミラー取り付け部が破損しないか大丈夫かな?と心配になるのと、見た目的にマスクをしている様な中途半端感がイマイチ(苦笑)

 強風の時の具合も見て、暫く様子を見てみることにします。場合によってはボディ全カバーにするかも知れません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月21日 (土)

ER34の大規模リフレッシュ完了!

1008er1

 遅い日記になってしまいましたが、先日10月8日(日)に板金・サスペンションリフレッシュ・他の大規模リフレッシュ作業を終えて、日産プリンス東京モータースポーツ室からER34が戻ってきました。

 非常に高額な費用がかかりましたが、作業を許してくれた奥様には本当に感謝です。クルマの前半分が新車の様に綺麗になったスカイラインは、誇張なしに見違える様になりました。
 残念だったのはフロントの赤いSマークの補修部品が製廃になっていたことでしょうか。磨いて貰い、綺麗にはなりましたが、赤の退色自体は避けられないですからねぇ。

 新品交換したボンネットは当然として、表面補修&再塗装のバンパーやスポイラーについても無数の飛び石傷で出来たボコボコが綺麗に無くなり、新品交換したライトのレンズは見事な透明クリア。近所の板金工場で修理した際に、きちんと色合わせをして貰えなかったサイドスポイラーも見事に色合わせしてくれました。ボコボコは無数にあったので、補修作業は大変だったかと思います(汗)
 フロントスポイラーとバンパーの元々無塗装の部分については、今回つや消し黒で塗装をお願いしたのですが、仕上のクリア塗装をマットなクリア塗料で仕上げて貰えました。特に私から指定したモノでは無いのですが、ここまでザラザラ感があるクリア塗装があるんですね、知りませんでした。
 塗装でカバーしたことで、今後は日焼け劣化対策も万全です。

1008er2

 サスペンションリフレッシュでは、メニュー通りブッシュ圧入のパーツ(アーム類)は全交換。リヤ側は他にハイキャスロッドも交換。無交換のハイキャスモーターがボロく見えますね(苦笑)
 汚れで真っ黒になっていたニスモの前後スタビライザーも綺麗に掃除して貰い、シルバー色が復活しています。コレは予想していなかったので嬉しい誤算でした。

1008er3

 リヤ側はデフマウントブッシュ等が圧入されていることから、メンバーごとゴッソリ交換。ボディ側のマウントブッシュも新品になるので気持ちが良いです。
 オイル漏れを起こしていたデフのサイドフランジ部分も、シール交換でスッキリです。

1008er4

 フロント側はブッシュが仕込まれたアーム類を全交換。キャンバー角の維持及びサーキットでの強い負荷よるブッシュ破け(汁漏れ)対策として、アッパーアームとテンションロッドのみニスモ製を選択。(ブッシュ打ち替えと費用比較をしたら、ほぼ同額だったので新品交換を選択。)
 作業前は基本的にフルニスモ仕様だった足回りを純正仕様に戻したので、一部だけシルバー塗装です。なお、作業前には2度ほど「純正で良かったんですよね?」と念押し確認連絡が来ましたが(笑)、まぁ普通は逆ですもんね。。。
 また、フロント側も真っ黒だったスタビライザーが綺麗なシルバーになって嬉しい限り。

1008er5

 サイドスポイラーを割ってしまった際に折り曲げてしまった、左側サイドシル下部のジャッキアップポイント付近の板状の部分(名称はなんて呼ぶのでしょうかね?)の修正も板金屋さんに依頼したのですが、「取りあえず板を曲げ起こして適当な塗料でさび止めをして下さい」と依頼したのですが、作業後は見事な真っ直ぐ修正&塗装をして頂きました。
 予想より全然綺麗になってビックリでしたが、下回りが綺麗になっていると何か安心ですよね。

 しかしモータースポーツ室提携の板金屋の職人さんは凄い綺麗な仕事をしてくれますね。当然ながら費用も安くは無いですが、今後大きな塗装をする際はこちらでお願いしたいなぁ。

1008er6

 調整ダイヤルとか製廃になった場合に困らない様に、と部品確保用に渡された交換前のヘッドライト。持ち帰って改めて見るとレンズ部分の黄ばみが激しいですね。
 特に右側は新車装着時からの17年モノですから、変色の激しさを感じます。マシだったと思っていた約10年モノな左側も新品と比較すると劣化が凄いですね。

 引き取り後の帰宅時~本日までの乗り心地インプレッションですが、作業前の突き刺さる様なガツガツした衝撃が無くなりました!勿論車高調が入っているので固い事は固いのですが、路面状態が良いところを流して走ると若干フワフワな浮遊感を感じつつ、フラットな乗り心地を維持。この辺りが新品純正ブッシュの効果でしょうか。
 感覚的な表現をすると、ボディ下半分がカチッとしているのに振動とか不要な動きが全然無い、と言う感じですね。
 ブッシュ全交換するとこんなに違うんですね。どのブッシュが乗り心地に効いているのかは不明ですが、まぁ全部やっちまって正解だったと思います。
 ※勿論、元々が足の硬いクルマですから、ゴージャスな乗り心地にはなりません(笑)

 車高調のマウントブッシュもニスモから純正に交換したのも、変化に関係あるかも知れませんね。

 帰路途中の首都高で現行〇ル〇ァードに煽られたので、〇橋J〇Tにて横方向の負荷をソレなりにかけ走行してお引き取り(謎)を願ったのですが、感触としては初期にゆっくりとグニュッとブッシュが潰れ、その後は以前と変わらない安定状態を維持、と言った感じでした。
 ブッシュの柔らかさを計算に入れて走れば、サーキットでも全然問題無さそうですね!
 日常での乗り心地の確保を考えて、狙い通りの作業選択が出来たかも知れません。ちょっと筑波サーキットを一発走っておきたいですね。
 今のところ11月15日(水)の2000ファミ走を計画してはいるのですが、職場の有休消化があるものの、転勤してから休暇日選定が本当に自由にならないんですよねぇ。。。

 これまでクルマの内部には相当の金額を投入してきましたが、外観にここまで手が入るのは初めてかも知れません。見た目にも変化が解るのは本当に嬉しいですね!
 次は傷だらけのリヤスポイラーの塗装直しをしたいなぁ・・・(沼)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月24日 (日)

デジイチ初試写とレンズ比較

01nik

 今回は写真比較ネタなので、カメラ関係に興味ない方は画像の枚数も多いですし、スルーをお勧めします。

 以前フィルム一眼のニコンF100を購入した際、適当にヤフオクで安さだけで買ったニコン純正の中古レンズ。このレンズで撮影するとなんとなく赤っぽい写真になるなぁと感じて、フィルムの現像所をあちこち変更したり、プリントを富士フイルムのプロラボにお願いしたりして、結構な検証を行いました。
 当時、流石は富士フィルムのプロラボだなと思ったのは、印画紙への焼きの段階で色味とか結構な具合で調整してくれちゃったりするので、その当時は非常に驚きました。

 そのうち赤み検証についてはデジタル一眼を買ったら簡単に比較できると考え、ハッキリとした結論は出さないまま検討を止めておりましたが、やっと実施するその時が来ました(笑)

 以下、さいたま水族館に行った時の写真で比較。こちらは問題のニコンAF-S標準レンズ(以下「ニコン」)でスペックは24-85mmのF値が3.5-4.5。

 
 

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月18日 (月)

横浜コスモワールドでぐるり森大冒険

Yk01

 最近息子がどっぷりハマっている「カード迷路ぐるり森大冒険」(親としては金額が張るのでハマって欲しくないんですけど・・・(汗))。息子が横浜のヤツで遊びたいとシツコく、わざわざソレの為に電車に乗って横浜まで来ることになろうとは(苦笑)

 と言う訳で台風が訪れる直前の9月16日(土)に、初めて横浜コスモワールドに家族で来てみました。なお、現地のロケーション自体は8月に行われた横浜みなとみらいピカチュウイベントで訪問調査済みです(笑)

 
 

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«初めてのデジイチ購入・7年越しの作業・防湿庫